UCIワールドツアー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

UCIワールドツアー(UCI WorldTour)は、2011年シーズンより開始された、自転車競技ロードレースにおける年間シリーズ戦。

歴史[編集]

2005年より開始されたUCIプロツアーは、国際自転車競技連合(UCI)主導による規範的な制度という側面が強く、アモリ・スポル・オルガニザシオン(ASO)ら、グランツール主催者と齟齬をきたし、2008年の同シリーズ戦では、ツール・ド・フランスジロ・デ・イタリアブエルタ・ア・エスパーニャをはじめとする前年までの、11の対象レースが離脱する騒動になった。

これに対抗すべく同年、UCIは仮称として、同年開催の北京オリンピック・個人ロードレース世界選手権・個人ロードレースツール・ド・フランスの3レースを、UCIワールドツアーとする案を出したが、ASOらは、ジロ・デ・イタリアとブエルタ・ア・エスパーニャなどのレースが、大陸別シリーズ戦であるUCIヨーロッパツアーに組み入れられることに対して猛反発し、結局、ツール・ド・フランスら11レースは、ロードレースの年間シリーズ戦に全く加わらず、単発的なロードレース大会として開催された。

こうした事態を打開するべく、同年8月に行われたUCIとASOの親会社であるエディシオン・フィリップ・アモリ(EPA)との間で、歴史的和解が行われ、2009年シーズンからは、2007年までのUCIプロツアーにおけるシリーズ戦と類似した年間シリーズ戦である、UCIワールドカレンダーとして再出発することになったが、UCIプロチームが優先的に参加することが可能なUCIプロツアー(UPT)は引き続き維持される(当初14レース、2010年シーズンに2レース追加される)一方、UCIプロチームに限らず、主催者の裁量によって参加チームを決めることが可能な、グランツール主催者が行う10レースについては「ヒストリカルレース」(HIS)に分類され、UCIプロツアーとはいまだ袂を分かつ形となったことから、2種類のシリーズ戦が混在するいびつさが残っていた。

2011年シーズンよりUCIは、UCIプロツアーの発展的解消に伴い、「ヒストリカルレース」という分類もなくしたUCIワールドツアーを実施することになった。なお、ポイント配分等についてはUCIワールドカレンダーとほぼ一緒である。

一方で、UCIプロチームでなければ、当該シリーズ戦における出場は著しく制約されることになるため、UCIによるチームの選定は注目を集めた。当初UCIプロチーム参加が予定されていたジェオックス - TMCとコフィディスは除外[1]され、財政的な問題が懸念されていたペガサススポーツはプロフェッショナルコンチネンタルチームから除外[2]された。

また、ワールドツアーという観点に基づき、ジャパンカップサイクルロードレースが1996年のみUCI・ロードワールドカップに取り入れられて以来となるアジア地域での世界ツアー戦、ツアー・オブ・北京を2011年より開催したが、2014年で終了となった。2012年からは新設レース、ツアー・オブ・杭州の開催が予定されていた[3]が、同年8月28日、開催準備の不整備等の理由により、UCIは2012年の開催は見送ることを決定[4]、その後も開催の見送りが続き、結局一度も開催されることのないままに終わった。

対象レースとポイント配分[編集]

前述の通り、ポイント配分自体は2010年まで実施されていたUCIワールドカレンダーとほぼ同一だが、UCIプロフェッショナルコンチネンタルチームに所属する選手はポイント対象から除外される点が異なっている(この点は2008年まで実施されていたUCIプロツアーと類似している。)。

1位 2位 3位 4位 5位 6位 7位 8位 9位 10位 11位 12位 13位 14位 15位 16位 17位 18位 19位 20位
総合成績(A) 200 150 120 110 100 90 80 70 60 50 40 30 24 20 16 12 10 8 6 4
区間成績(A) 20 10 6 4 2
総合成績(B) 170 130 100 90 80 70 60 52 44 38 32 26 22 18 14 10 8 6 4 2
区間成績(B) 16 8 4 2 1
総合成績(C) 100 80 70 60 50 40 30 20 10 4
区間成績(C) 6 4 2 1 1
総合成績(D) 80 60 50 40 30 22 14 10 6 2

※太字はステージレース

チームのカテゴリー[編集]

UCIワールドチーム
ワールドツアー全レースに出場義務がある。人数制限はあるが、コンチネンタルサーキットのクラスHC、クラス1のレースにも出場可。ただし出場してもポイントはつかない。2014年までの名称はUCIプロチーム
プロフェッショナルコンチネンタルチーム
コンチネンタルサーキットを主戦場とする。UCIに1年ごとに認定される必要がある。
コンチネンタルサーキット→クラスHC、クラス1、クラス2(ワールドツアーへは招待で出場可能。ただしポイントはつかない。ヨーロッパのクラス2レースには主催国チームでないと出場できない。)
コンチネンタルチーム
プロとノンプロの混成となる。チームを主に構成する選手の出身国の連盟から認可を受ける。
コンチネンタルサーキット→クラスHC、クラス1、クラス2(ただし、ヨーロッパのHCレースには主催国チームでないと出場できない。)
ナショナルチーム
コンチネンタルサーキット→クラス1、2
地域チーム/クラブチーム
コンチネンタルサーキット→クラス2のみ
UCIワールドツアー コンチネンタルサーキットHC(超級)クラス コンチネンタルサーキット1クラス コンチネンタルサーキット2クラス
UCIワールドチーム ×
プロフェッショナルコンチネンタルチーム
コンチネンタルチーム ×
ナショナルチーム × ×
地域チーム/クラブチーム × × ×

◎・・・出場の義務がある ○・・・出場可能 ▲・・・ヨーロッパコンチネンタルツアーの場合は開催国のチームのみ出場可能 △・・・ワイルドカードの招待により出場可能 ×・・・出場できない

参加チーム[編集]

2015年シーズンのUCIワールドチーム[編集]

2015年 17ワールドチーム:

UCIコード 公式チーム名 ライセンス所持者 登録国 コンポーネント 車体
ALM AG2R・ラ・モンディアル EUSRL France Cyclisme フランスの旗 フランス SRAM フォーカス
AST アスタナ・プロチーム Olympus Sarl カザフスタンの旗 カザフスタン カンパニョーロ スペシャライズド
BMC BMC・レーシングチーム Continuum Sports LLC アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 シマノ BMC
EQS エティックス・クイックステップ Esperanza bvba ベルギーの旗 ベルギー シマノ スペシャライズド
FDJ FDJ(エフデジ) Societe de Gestion de L'Echappee フランスの旗 フランス シマノ ラピエール
IAM IAMサイクリング IAM Independent Asset Management SA スイスの旗 スイス シマノ スコット
LAM ランプレ・メリダ Total Cycling Limited イタリアの旗 イタリア シマノ メリダ・インダストリー
LTS ロット・ソウダル Belgian Cycling Company sa ベルギーの旗 ベルギー カンパニョーロ リドレー
MOV モビスター・チーム Abarca Sports S.L. スペインの旗 スペイン カンパニョーロ キャニオン
OGE オリカ・グリーンエッジ GreenEdge Cycling オーストラリアの旗 オーストラリア シマノ スコット
TCG チーム・キャノンデール・ガーミン Slipstream Sports, LLC アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 シマノ キャノンデール
TGA チーム・ジャイアント=アルペシン SMS Cycling B.V. ドイツの旗 ドイツ シマノ ジャイアント
KAT チーム・カチューシャ Katusha Management SA ロシアの旗 ロシア シマノ キャニオン
TLJ チーム・ロットNL・ユンボ Rabo Wielerploegen オランダの旗 オランダ シマノ ビアンキ
SKY チームスカイ Tour Racing Limited イギリスの旗 イギリス シマノ ピナレロ
TCS ティンコフ=サクソ Tinkoff Sport ロシアの旗 ロシア シマノ スペシャライズド
TFR トレック・ファクトリー・レーシング Trek Bicycle Corporation アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 シマノ トレック

2014年シーズンのUCIプロチーム[編集]

2014年 18プロチーム:[6]

2013年シーズンのUCIプロチーム[編集]

2013年 19プロチーム:[7]

2012年シーズンのUCIプロチーム[編集]

2012年 18チーム:[8]

2011年シーズンのUCIプロチーム[編集]

2011年 18チーム:

日程[編集]

結果[編集]

年次個人総合成績[編集]

1位 2位 3位 4位 5位
2011 フィリップ・ジルベール カデル・エヴァンス アルベルト・コンタドール ホアキン・ロドリゲス ミケーレ・スカルポーニ
2012 ホアキン・ロドリゲス ブラッドリー・ウィギンス トム・ボーネン ヴィンチェンツォ・ニバリ アレハンドロ・バルベルデ
2013 ホアキン・ロドリゲス クリス・フルーム アレハンドロ・バルベルデ ペーター・サガン ヴィンチェンツォ・ニバリ
2014 アレハンドロ・バルベルデ アルベルト・コンタドール サイモン・ジェラン ルイ・コスタ ヴィンチェンツォ・ニバリ
2015

歴代優勝選手・チーム・国[編集]

優勝選手 優勝チーム 優勝国
2011 ベルギーの旗 フィリップ・ジルベール ベルギーの旗 オメガファーマ・ロット イタリアの旗 イタリア
2012 スペインの旗 ホアキン・ロドリゲス デンマークの旗 チーム・スカイ イギリスの旗 イギリス
2013 スペインの旗 ホアキン・ロドリゲス スペインの旗 モビスター・チーム スペインの旗 スペイン
2014 スペインの旗 アレハンドロ・バルベルデ スペインの旗 モビスター・チーム スペインの旗 スペイン
2015

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]