コンテンツにスキップ

ジュリアン・アラフィリップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Julian Alaphilippe
ジュリアン・アラフィリップ
基本情報
本名 Julian Alaphilippe
愛称 juju(ジュジュ)[1]
loulou(ルル)
生年月日 (1992-06-11) 1992年6月11日(32歳)
国籍 フランスの旗 フランス
身長 173cm
体重 62kg
選手情報
所属 スーダル・クイックステップ
分野 ロードレース&シクロクロス
役割 選手
特徴 パンチャー[2]
アマチュア経歴
2013 Etixx-iHNed
プロ経歴
2014- クイックステップ
主要レース勝利

世界選手権

個人ロードレース(2020, 2021)
フレッシュ・ワロンヌ (2018,2019,2021)
クラシカ・サンセバスティアン(2018)
ストラーデ・ビアンケ(2019)
ミラノ~サンレモ(2019)
ジロ・デ・イタリア 区間通算1勝
ツール・ド・フランス
 山岳賞(2018)
 区間通算6勝
ツアー・オブ・カリフォルニア (2016)
 ヤングライダー賞(2015)
 区間通算2勝
クリテリウム・デュ・ドーフィネ
 新人賞(2016)
 山岳賞(2019)
 区間通算3勝
パリ~ニース
 ポイント賞(2017)
 ヤングライダー賞(2017)
 区間優勝
ブエルタ・ア・エスパーニャ 区間優勝
イツリア・バスク・カントリー 区間通算4勝
ティレーノ〜アドリアティコ 区間通算3勝
獲得メダル
フランスの旗 フランス
男子 自転車競技 ロードレース
世界選手権自転車競技大会
2020 イーモラ 個人ロード
2021 フランドル 個人ロード
最終更新日
2024年5月27日

ジュリアン・アラフィリップ(Julian Alaphilippe、1992年6月11日 - )は、フランス出身の自転車競技ロードレース)選手。

経歴[編集]

2013年équipe de France U23にて

アラフィリップはマッサーでありスカウトマンのジョアン・モリーに発見された。彼は若いフランスライダーのマネージャーを務めておりサン=タマン=モンロンに住んでいた。その町は2013年ツール・ド・フランス第13ステージの舞台にもなった街である。13歳の頃から自転車に乗りはじめたアラフィリップは、今でもたまに叩くドラムよりも自転車を好み、「僕の父はオーケストラの指揮者だった。だから僕は音楽とリズムが好きなんだろう。音楽は僕のライディングにエネルギーを与えてくれてるんだろうね。」と話す。様々な自転車競技に通じ、シクロクロスのフランス選手権U23カテゴリーでは2回優勝した。その後、エティックス・クイックステップのコンチネンタルチームEtixx-Ihnedに迎えられた。

2年目のプロシーズンである2015年のアルデンヌ・クラシックにおいて、フレッシュ・ワロンヌで2位、リエージュ〜バストーニュ〜リエージュでも2位と驚きの成果をあげ、続くツアー・オブ・カリフォルニアでは山岳ステージの山場、マウントバルディを制してステージ優勝と総合ジャージに袖を通し、彼の底無しの潜在能力をカリフォルニアで証明した。「自分に自信を持ってもっと強くなる。2015年は好調のスタートだ。今年は一歩一歩この成長を続けていきたい」[3]

2017年、パリ〜ニース第4ステージの山岳TTでは並み居る強豪を抑えて優勝し、総合ジャージに袖を通した[4]ブエルタ・ア・エスパーニャの第8ステージでは、ラファウ・マイカヤン・ポランツとのスプリントで圧勝し、自身初のグランツール区間優勝を果たした。

2018年、フレッシュ・ワロンヌにて、念願のクラシック初勝利[5]ツール・ド・フランスではピレネー山脈三連戦の初日、第10ステージにて逃げ集団より抜け出し独走でツールステージ初優勝を飾る。また、アルプス初戦の第16ステージでも独走勝利を果たし、最終的には合計4の超級山岳を制し山岳賞を獲得した。

2019年、ミラノ〜サンレモにて、モニュメント初制覇[6]ツール・ド・フランス第3ステージでは残り16km付近から抜け出して独走勝利。総合でも首位に立ち、フランス人選手としては2014年のトニー・ガロパン以来、5年ぶりにマイヨ・ジョーヌを手に入れた[7]。第6ステージで一旦マイヨジョーヌを手放すも、第8ステージで奪還[8]。第13ステージの個人タイムトライアルでは、本命と目されていたゲラント・トーマスに14秒差を付けてのステージ勝利。フランス人によるツール・ド・フランスでの個人タイムトライアル優勝はプロローグを含めれば18年ぶり、含めなければ32年ぶり。マイヨジョーヌを着たフランス人としてはローラン・フィニョン以来、35年ぶりの勝利となった[9][10]。ピレネーの山頂フィニッシュが設定された第14、15ステージを終えてもマイヨジョーヌをキープ[11]。アルプス3連戦初日となる第18ステージでも総合首位を守ったが、第19ステージでタイムを失いエガン・ベルナルに総合首位の座を明け渡す結果となった[12][13]。続く第20ステージでも3分以上遅れ最終的に総合5位という結果となったが、ステージ2勝と14日間マイヨジョーヌを着用したことが評価されスーパー敢闘賞が贈られた[14]

2020年、ツール・ド・フランス第2ステージではアダム・イェーツマルク・ヒルシとのゴール前スプリントを制し、ステージ優勝[15]。同時にマイヨ・ジョーヌも獲得し、第4ステージまで総合首位をキープした。 世界選手権では、残り12kmの最後の登りでアタックをかけ、そのまま独走勝利。自身初、フランス人としては1997年のローラン・ブロシャール以来23年ぶりの世界王者の座を獲得した[16]

特徴[編集]

2015年のアルデンヌ・クラシックの成果から、若きクラシックレーサーとしての成長が期待されたが、ツアー・オブ・カリフォルニアではのちに世界王者となるペーター・サガンを限界まで追い詰めた(最終ステージの前日、アラフィリップは2秒差で総合首位に立ち、ペーター・サガンの優勝は最終ステージで3位以内のボーナスタイム獲得が必須となった)[17][18]。その成果から、クライマーであり総合上位を狙える選手としての才能も見出され、翌年のツアー・オブ・カリフォルニアではクイーン・ステージを制し総合優勝に輝いた[19][20]

パトリック・ルフェーブルGMは「彼は本物で、いつも幸せそうだ。そして、いくつもの潜在能力を秘めている」と話す。

主な戦歴[編集]

2014年[編集]

2015年[編集]

2016年[編集]

2017年[編集]

2018年[編集]

2018年ツール・ド・フランスにてマイヨ・ブラン・ア・ポワ・ルージュ着用のアラフィリップ

2019年[編集]

2019年ツール・ド・フランスにてマイヨ・ジョーヌ着用のアラフィリップ

2020年[編集]

2021年[編集]

2022年[編集]

2023年[編集]

2024年[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ツール・ド・フランス2018 第10ステージ レースレポート - J SPORTS
  2. ^ 『ciclissimo選手名鑑2018』八重洲出版、2018年。
  3. ^ http://www.etixx-quickstep.com/en/team/55/julian-alaphilippe
  4. ^ パリ〜ニース2017第4ステージ 山岳TTでコンタドールらを圧倒したアラフィリップが総合首位に浮上
  5. ^ 「ユイの壁」の激坂バトル アラフィリップがバルベルデの5連覇を阻止
  6. ^ ポッジオとローマ通りを先頭で駆け抜けたアラフィリップがモニュメント初制覇”. 2019年7月10日閲覧。
  7. ^ シャンパーニュの丘で飛び出したアラフィリップが独走勝利&マイヨジョーヌ獲得”. 2019年7月10日閲覧。
  8. ^ デヘントが中央山塊で鮮やかな独走勝利 攻撃に出たアラフィリップがマイヨジョーヌ奪回
  9. ^ マイヨジョーヌのアラフィリップが27.2km個人TTでトーマスを14秒差で下す
  10. ^ ツール・ド・フランス2019第13ステージ個人TTはマイヨ・ジョーヌのアラフィリップがサプライズ優勝!
  11. ^ アラフィリップ総合首位でピレネー越え、トーマスも追随
  12. ^ キンタナが超級ガリビエを独走 ベルナルが挽回し、アラフィリップが首位を守る
  13. ^ 積雹と土砂崩れにより急遽ステージ短縮 ベルナルがマイヨジョーヌを獲得
  14. ^ 運命が決めたツールの若き王ベルナル 個人を超えたチームワークの勝利
  15. ^ ツール・ド・フランス2020 第2ステージ 大会2日目の本格山岳ステージでアラフィリップが亡き父に捧げる勝利&マイヨジョーヌ獲得”. cyclowired (2020年8月31日). 2020年9月21日閲覧。
  16. ^ ロード世界選手権2020男子エリートロードレース 独走したアラフィリップが世界王者に 逃げた新城幸也は自分の展開に持ち込めず”. cyclowired (2020年9月28日). 2020年9月28日閲覧。
  17. ^ アラフィリップが頂上ゴール制覇で総合首位に サガンに2秒差で最終ステージへ
  18. ^ 4勝目を飾ったカヴェンディッシュ ボーナスタイムを得たサガンが総合優勝
  19. ^ ステティーナを下したアラフィリップがクイーンステージ制覇 19秒差で総合首位に
  20. ^ カヴェンディッシュが最終スプリント制覇 23歳アラフィリップが総合優勝に輝く

外部リンク[編集]