ダミアーノ・クネゴ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ダミアーノ・クネゴ
Damiano Cunego
Cycling (road) pictogram.svg
Damiano Cunego GiroItalia2006.jpg
個人情報
本名 ダミアーノ・クネゴ
Damiano Cunego
愛称 il Piccolo Principe(小さな王子様)
生年月日 (1981-09-19) 1981年9月19日(35歳)
国籍 イタリアの旗 イタリア
身長 169cm
体重 58kg
チーム情報
所属 NIPPO・ヴィーニファンティーニ
分野 ロードレース
役割 選手
特徴 クライマー
クラシックスペシャリスト
プロ所属チーム
2002-2004
2005-2014
2015-
サエコ
ランプレ
NIPPO・ヴィーニファンティーニ
主要レース勝利
Jersey pink.svgジロ・デ・イタリア 総合優勝 (2004)
ジロ・デ・イタリア 通算4勝
Jersey white.svgツール・ド・フランス 新人賞 (2006)
ブエルタ・ア・エスパーニャ 通算2勝
ジロ・ディ・ロンバルディア (2004, 2007, 2008)
アムステルゴールドレース (2008)
ジャパンカップサイクルロードレース (2005, 2008)
最終更新日
2015年4月19日

ダミアーノ・クネゴ(Damiano Cunego、1981年9月19日 - )はイタリアヴェネト州ヴェローナ県チェッロ・ヴェロネーゼ出身の自転車プロロードレース選手。2002年プロデビュー。22歳でジロ・デ・イタリア総合優勝を果たした。クライマーと目されてきたが、後にはジロ・ディ・ロンバルディアアムステルゴールドレースでの優勝、2008年世界選手権2位などワンデーレースでの活躍も目立った。

秋のジャパンカップサイクルロードレースでは2回優勝しており、日本でも馴染み深い選手の一人。169cmの小柄な体格と端正な容姿から「il Piccolo Principe(小さな王子様)」と呼ばれる。

経歴[編集]

ジロ・デ・イタリア総合優勝[編集]

2002年にサエコでプロデビューしたが、もっぱらアシストとして働き、2003年まで特別に目立った成績は残していなかった。

しかし2004年にグランツールの一つであるジロ・デ・イタリアでステージ4勝をあげる大活躍を見せ、チームのエースであったジルベルト・シモーニを押しのけて総合優勝を成し遂げる。さらにシーズン終盤の ジロ・ディ・ロンバルディアでも優勝。ジャパンカップでも2位に入り、2004年 UCI・ロードワールドランキングスで1位に輝いた。

2005年からは サエコとランプレの合併に伴い出来た新チーム、ランプレ・カッフィータに移る。ジロ・デ・イタリアへの調整も兼ねて出場した直前のツール・ド・ロマンディでは山岳ステージで優勝し総合2位に入るなど好調かと思われたが、肝心のジロでは序盤から調子が上がらず、結局シモーニのアシストに回ることになる。さらに追い打ちをかけるように伝染性単核球症に罹患。シーズン中盤を棒に振ることになってしまった。しかしシーズン終盤にかけて調子を取り戻し、ジャパンカップでも優勝を果たした。

2006年は不仲を噂されたジルベルト・シモーニがサウニエルデュバルへ移籍したことに伴いチームのエースを務めることになり、ジロ・デ・イタリアではシモーニに続く総合4位、初出場のツール・ド・フランスではラルプ・デュエズの山頂ゴールが設定された第15ステージでフランク・シュレクと激しいステージ優勝争いを繰り広げて2位に食い込むなどの活躍を見せ、新人賞のマイヨ・ブラン を獲得した。

ワンデーレースでの活躍とグランツールでの不振[編集]

続く2007年、優勝を目指したジロ・デ・イタリアでは総合5位に終わったものの、ドイツ・ツアーで1勝したほか、ジロ・ディ・ロンバルディアで2回目の優勝を飾ってシーズンを締めくくった。

2008年はバスク一周ポイント賞を獲得、ステージ1勝を上げた他、アムステルゴールドレースではフランク・シュレクアレハンドロ・バルベルデら強豪を抑えて見事優勝した。その後、ジロ・デ・イタリアには出場せず、ツール・ド・フランスに目標を絞ったが山岳ステージで連日後退。総合争いから脱落したうえ、第18ステージでの不運な落車による怪我で途中リタイアを余儀なくされた。

続いて出場したブエルタでも、ツール同様山岳ステージで精彩を欠いて総合成績で伸び悩み、第16ステージで世界選手権に備えてリタイアしたが、その世界選手権ロードレースでは見事2位で表彰台に立ち、ジロ・ディ・ロンバルディアでは自身3回目となる優勝を連覇で飾る。さらにジャパンカップでも2005年以来の優勝を遂げた。

2009年はバスク一周で総合6位、連覇を狙ったアムステルゴールドレースは5位、フレッシュ・ワロンヌが3位、リエージュ〜バストーニュ〜リエージュが7位と全体的にあと一歩の成績が続いた。2年ぶりに出場したジロ・デ・イタリアでも第5ステージで大きく遅れてマリア・ローザ争いから早々と脱落。その後も第16ステージで逃げ集団に乗った以外はほとんど見せ場無く、総合19位に終わっている。

グランツールで復活の兆し[編集]

その後ツール・ド・フランスは回避して、世界選手権に向けた調整目的でブエルタ・ア・エスパーニャに出場。最初の山岳ステージかつ頂上ゴールとなった第8ステージで、残り2km地点でイヴァン・バッソが牽くメイン集団から鮮烈なアタックを決めると、先行していたダヴィ・モンクティエを残り800m地点で抜き去って、実に2004年のジロ・デ・イタリア第18ステージ以来、約5年半ぶりのグランツールでのステージ優勝を挙げた。さらに第14ステージでは逃げ集団に乗ると、残り15km過ぎでアタックしてそのまま独走。2位に2分半近い大差をつけて2勝目を飾った。その後、当初の目的通り世界選手権に備えるため第16ステージ終了後リタイアとなったが、久々の復活を印象付けることとなった。

2010年

2011年

2012年

2013年

2014年

2015年NIPPO・ヴィーニファンティーニに移籍、キャプテンとしてプロコンチネンタルに昇格したチームを引っ張っている。

エピソード[編集]

  • 近代自転車ロードレースにおいては、ステージレースの総合優勝争いに加わることができるようになるのは20歳代後半からというのが一般的である。22歳でジロ・デ・イタリアを制するというのは、誰も予想だにしない結果であり、23歳でツール・ド・フランスを制したヤン・ウルリッヒ以来の大きな驚きをもって迎えられた。
  • ジャパンカップとは相性が良いのか、2003年が6位、2004年はパトリック・シンケヴィッツに続く2位、2005年は前年に敗れたシンケヴィッツとフランシスコ・マンセボを破って優勝、2008年はこのレースが復帰初戦となったイヴァン・バッソを破って優勝という好成績を収めている。

所属チーム[編集]

  • 2002~2004年 サエコ
  • 2005~2014年 ランプレ
  • 2015年~ ニッポ

主な成績[編集]

獲得メダル
Arc en ciel.png
2008 ヴァレーゼ 個人ロード

グランツール[編集]

  • 2004年 Jersey pink.svgジロ・デ・イタリア 総合優勝(4勝)
  • 2006年 ジロ・デ・イタリア 総合4位、Jersey white.svgツール・ド・フランス 新人賞
  • 2007年 ジロ・デイタリア 総合5位
  • 2009年 ブエルタ・ア・エスパーニャ 2勝

※( )内はステージ勝利数

ステージレース[編集]

  • 2005年 ツール・ド・ロマンディ 総合2位、ステージ1勝
  • 2007年 ドイツツアー 1勝
  • 2008年 バスク一周 総合4位、ポイント賞、ステージ1勝

ワンデイレース[編集]

そのほか[編集]

  • 2004年 UCIロードワールドランキングス 1位

外部リンク[編集]