フェルナンド・ガビリア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はガビリア第二姓(母方の)はレンドンです。
フェルナンド・ガビリア
Fernando Gaviria
Cycling (road) pictogram.svg
Fernando Gaviria.jpg
個人情報
本名 Fernando Gaviria Rendon
フェルナンド・ガビリア・レンドン
生年月日 (1994-08-19) 1994年8月19日(23歳)
国籍  コロンビア
身長 180cm
体重 70kg
チーム情報
所属 クイックステップ・フロアーズ
分野 トラックレースロードレース
役割 選手
特徴 スプリンター
アマ所属チーム
2013-2015
コルデポルテス・クラロ
プロ所属チーム
2015-
エティックス・クイックステップ
クイックステップ・フロアーズ
主要レース勝利
ジロ・デ・イタリア
 ポイント賞(2017)
 区間通算4勝
ツール・ド・フランス 区間通算2優勝
ティレーノ~アドリアティコ 区間通算2勝
ツール・ド・ポローニュ 区間通算2勝
ツアー・オブ・カリフォルニア 区間通算3勝
世界選手権 オムニアム(2015,2016)
最終更新日
2018年7月11日

フェルナンド・ガビリア・レンドン(Fernando Gaviria Rendon、1994年8月19日 - )は、コロンビアアンティオキア県出身の自転車競技選手。

経歴[編集]

若いころから、トラックレースと主に中南米のロードレースで結果を残す。

2015年前半のツール・ド・サンルイスで、コロンビア・ナショナルチームとして出場し、マーク・カヴェンディッシュを破って第1ステージを勝利したことで一躍注目を集める[1]。更に第3ステージでも再度カヴェンディッシュを破り勝利することで、その実力が本物であることを証明した[2]。その後、カヴェンディッシュが所属するエティックス・クイックステップに同年8月からトレーニーとして加入。また、トラック競技のオムニアムでは世界王者となる。

2016年にはティレーノ~アドリアティコでワールドツアー初勝利を飾り[3]ツール・ド・ポローニュでは二度のステージ優勝を獲得し、山岳ステージまで総合ジャージを守りきった[4]。オムニアムでは世界王者の座を守った。

2017年、ティレーノ~アドリアティコ第6ステージにて、世界王者ペーター・サガンとの一騎打ちを制して2年連続区間優勝を手にした[5]ジロ・デ・イタリアでは第3、第5、第12、第13ステージで優勝。

2018年、ツール・ド・フランス第1ステージにて優勝、コロンビア人として15年ぶり、史上2人目のマイヨジョーヌ獲得となった[6]。その後、第4ステージにて勝利を挙げ[7]、第12ステージのラルプ・デュエズを前にレースを去った[8]

主な戦績[編集]

2012年[編集]

2015年[編集]

2016年[編集]

2017年[編集]

2018年[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]