ルイジ・マルキジオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルイジ・マルキジオ

ルイジ・マルキジオ(Luigi Marchisio、1909年4月26日 - 1992年7月3日)は、イタリアカステルヌオーヴォ・ドン・ボスコ出身の元自転車競技ロードレース)選手。

ジロ・デ・イタリア3連覇中のアルフレッド・ビンダが、主催者の意向により参加を拒まれた1930年ジロ・デ・イタリアにおいて、当時同レース最年少の21歳で総合優勝(区間2勝)を果たした。その後同レースの最年少総合優勝記録は、1940年ジロ・デ・イタリアで総合優勝を果たしたファウスト・コッピが塗り替えた。

1931年ジロ・デ・イタリアでは総合3位に入った。

外部リンク[編集]