ジャン・ドット

From Wikipedia
Jump to navigation Jump to search

ジャン・ドット(Jean Dotto、1928年3月27日 - 2000年2月20日)は、フランスサン=ナゼール出身の元自転車競技ロードレース)選手。

来歴[edit]

本名は、ジャン=バプティスト・ドット(Jean-Baptiste Dotto)。フランス生まれのイタリア国籍者だったが、1937年にフランスに国籍を移した。

プロ年代は1948年から1963年まで。5年ぶりに再開された1955年ブエルタ・ア・エスパーニャ総合優勝者。ドーフィネ・リベレでも2回総合優勝を果たしたクライマー

1998年に、アンフェタミンの使用歴があることを告白した[1]

主な戦績[edit]

1952
ドーフィネ・リベレ 総合優勝
ツール・ド・フランス 総合8位
1954
ツール・ド・フランス 総合4位、区間1勝=第19
1955
Jersey gold.svg ブエルタ・ア・エスパーニャ 総合優勝
ジロ・デ・イタリア 区間1勝=第19
1957
ツール・ド・フランス 総合10位
1960
ドーフィネ・リベレ 総合優勝
1961
ツール・ド・フランス 総合8位

脚注[edit]

  1. ^ cyclisme-dopage.com (フランス語)

外部リンク[edit]