アンドレ・ダリガード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アンドレ・ダリガード
André Darrigade
Cycling (road) pictogram.svg
Anefo 911-3766 Tour de France.jpg
個人情報
本名 アンドレ・ダリガード
André Darrigade
生年月日 (1929-04-24) 1929年4月24日(90歳)
国籍 フランスの旗 フランス
チーム情報
所属 引退
分野 ロードレース
役割 選手
特徴 スプリンター
プロ所属チーム
1952-1955
1956-1960
1961
1962
1963-1965
1966
ラ・ペルル
アリエット
アルシオン
ルルー=ジタン
マルニェナ
カモム
グランツール最高成績
主要レース勝利
Jersey rainbow.svg世界選手権・プロロード 1959
Jersey green.svgツール・ド・フランス ポイント賞 1959、1961
フランスの旗 フランス国内選手権 1955
ジロ・ディ・ロンバルディア 1956
 
獲得メダル
Arc en ciel.svg
1959 ザントフォールト プロ・個人ロード
1960 K-M-S プロ・個人ロード
1957 ワレヘム プロ・個人ロード
1958 ランス プロ・個人ロード
最終更新日
2008年2月15日

アンドレ・ダリガード(André Darrigade、1929年4月24日- )は、フランスランド県ナロス出身の元自転車競技選手。

経歴[編集]

1951年から1966年までプロ生活を送り、ツール・ド・フランスでは毎回のように最初のステージでマイヨ・ジョーヌを獲得した他、1959年1961年にはポイント賞も獲得。また、1959年には世界自転車選手権・プロ個人ロードを制覇した。世界選手権ではこの他、1960年は2位、1957年1958年は3位に入っている。

この他、ツールでは通算17回の区間優勝、18回のマイヨ・ジョーヌ獲得を果たした他、ジロ・デ・イタリアでも区間1勝を挙げているが、総合順位という観点に立つと、山岳コースにおいて決まって大きく遅れを取っていたことから、ツールにおいては、1956年、1959年の16位が最高順位だった。

この他の実績として、1955年にフランス国内選手権、1956年ジロ・ディ・ロンバルディアを制している。

主な実績[編集]

1953年
ツール・ド・フランス 総合37位(第12ST優勝)
1954年
ツール・ド・ピカルディ 総合優勝
1955年
フランスの旗 フランス 国内選手権 優勝
1956年
ジロ・ディ・ロンバルディア 優勝
ツール・ド・フランス 総合16位(第1ST優勝)
マイヨ・ジョーヌ6日間保持 (第1-第2、第4(b)-第6、第11)
1958年
ツール・ド・フランス 総合21位(第1、9、15、17、22ST優勝)
マイヨ・ジョーヌ5日間保持(第1、第9-第12)
ポイント賞 3位
1959年
Jersey rainbow.svg 世界自転車選手権 プロ・個人ロードレース 優勝
クリテリウム・アンテルナシオナル 総合優勝
ツール・ド・フランス 総合16位(第1、第11ST優勝)
マイヨ・ジョーヌ2日間保持(第1、第2)
Jersey green.svg ポイント賞受賞
1960年
ジロ・デ・イタリア 総合64位(第15ST優勝)
パリ~ニース 区間1勝
ツール・ド・ロマンディ 総合10位(区間2勝)
1961年
ツール・ド・フランス 総合32位(第1(a)、2、13,19ST優勝)
マイヨ・ジョーヌ1日保持(第1(a))
Jersey green.svg ポイント賞受賞
ドーフィネ・リベレ 総合40位(区間1勝)
1962年
ツール・ド・フランス 総合21位(第2ST優勝)
マイヨ・ジョーヌ4日間保持
1963年
ツール・ド・フランス 第16ステージ途中棄権(第12ST優勝)
1964年
ツール・ド・フランス 総合67位(第2、18ST優勝)
ドーフィネ・リベレ 総合45位(区間2勝)

外部リンク[編集]