世界選手権自転車競技大会ロードレース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マイヨ・アルカンシエル

世界選手権自転車競技大会ロードレース(せかいせんしゅけんじてんしゃきょうぎたいかい ろーどれーす)は、例年9月下旬ないし10月初旬に行われる世界選手権自転車競技大会ロードレース部門の大会である。

概要[編集]

一般のロードレース大会の参加チームはUCIに登録された各チームによって行われているが、当大会では国別のナショナルチームで争われる。また、いずれの種目も1日で勝負を決するワンデイレースとなっている。優勝者には金メダルとともに、マイヨ・アルカンシエルと称するジャージが贈呈される。

また、開催地は各年各国持ち回りとなっている。

1921年に、男子アマチュア(アマ)の個人ロードレース1種目だけの開催で開始され、1927年より男子プロ・個人ロードレースが新たに加わった。さらに1958年から女子個人ロードレースが、1962年から男子アマ・チームタイムトライアル(略称:TTT)が、1987年から女子TTTがそれぞれ追加されることになった。

しかし、1992年バルセロナオリンピックを最後にTTTが廃止されたため、当大会においても、1994年限りで男女それぞれのTTTが廃止されることになった。さらに1996年アトランタオリンピックより、プロとアマの垣根を撤廃し、オープン化することになったことを受け、1995年限りで男子アマ・個人ロードレースを廃止。一方、アトランタオリンピックより、男女の個人タイムトライアル(略称:ITT)が採用されることになったため、1994年より、アトランタオリンピックに先んじて実施されることになった。そして1996年からは、前年に廃止された男子アマ・個人ロードレースに代わり、男子23歳以下(略称U23)・個人ロードレースが、U23・ITTとともに行われるようになった。

また、ジュニア世界選手権自転車競技大会(ジュニア世界選)が1975年に開始され、当初はロードレースとトラックレースを同一開催期間中に行なっていたが、1997年より分離され、当大会でジュニア部門を実施することになった。しかし2005年以降、再びジュニア世界選に包括された後、2011年より再び分離し、当大会でジュニア部門を実施することになった。さらに2012年からは、男女のTTTが復活する予定になっている。

現在は開催時期が異なるが、1995年まで、一部の年を除き、同一国で世界選手権自転車競技大会トラックレースと同一時期に包括開催が行われていた。

種目の特徴と記録[編集]

個人ロードレース[編集]

レースは周回コースを基本としていることが多く、女子や男子のU23(23歳以下)のレースも周回数が違うだけで同じコースを使用する。また国別対抗戦であるということもこの大会の特徴であり、普段はライバルとして走っている選手がチームメイトになるため、通常は見られないようなメンバーで走行するシーンでレースは進行される。

選手たちはナショナルジャージに身を包み、己のプライドと国の威信をかけて世界最高峰のワンデーレースを走る為、普段ワンデーレースに出走しない選手が出場したり、クラシックレースで見られないレース内容で展開されるケースもある。

ショーン・ケリーロジェ・デフラミンクといった「クラシックスペシャリスト」と呼ばれた名選手でも個人ロードレースを制覇することができなかった例もあり(デフラミンクはシクロクロスでの優勝歴がある)、ツール・ド・フランス史上初の5回の総合優勝を果たしたジャック・アンクティルは、個人ロードレースに加え、トラックレースの個人追抜でも最高の成績は2位どまりであり、一度もアルカンシエルを袖に通すことができなかった。

歴代の優勝者にはロードレース史に名を残す選手が並んでいる。

タイムトライアルレース[編集]

タイムトライアルは1994年に新設された。コースレイアウトは概ねツール・ド・フランスなどにおけるタイムトライアルステージと似た設定であり、この種目を得意とする選手が実績を上げている。

顕著な実績を上げている選手[編集]

個人ロードレースで3回の優勝(歴代最多)

名前 優勝年度
アルフレッド・ビンダ イタリアの旗 イタリア 1927年、1930年、1932年
リック・バンステーンベルヘン  ベルギー 1949年、1956年、1957年
エディ・メルクス  ベルギー 1967年、1971年、1974年
オスカル・フレイレ スペインの旗 スペイン 1999年、2001年、2004年
ペーター・サガン スロバキアの旗 スロバキア 2015年、2016年、2017年

※メルクスはアマチュア種目でも1964年に優勝している。

個人ロードレースで2連覇以上

名前 連覇数 優勝年度
ペーター・サガン スロバキアの旗 スロバキア 3 2015年~2017年
ジョルジュ・ロンセ  ベルギー 2 1928年~1929年
リック・バンステーンベルヘン  ベルギー 2 1956年~1957年
リック・ファン・ローイ  ベルギー 2 1960年~1961年
ジャンニ・ブーニョ イタリアの旗 イタリア 2 1991年~1992年
パオロ・ベッティーニ イタリアの旗 イタリア 2 2006年~2007年

個人ロードレースで“トリプルクラウン(三冠王)”を達成[1]

名前 優勝年度
エディ・メルクス  ベルギー 1974年
ステファン・ロッシュ アイルランドの旗 アイルランド 1987年

個人ロードレースと個人タイムトライアルの両方で優勝

名前 優勝年度
アブラハム・オラーノ スペインの旗 スペイン 個人ロード……1995年 個人タイムトライアル……1998年

個人タイムトライアルで2回以上の優勝

名前 優勝回数 優勝年度
ファビアン・カンチェラーラ スイスの旗 スイス 4 2006年~2007年、2009年~2010年
トニー・マルティン ドイツの旗 ドイツ 4 2011年~2013年、2016年
マイケル・ロジャース オーストラリアの旗 オーストラリア 3 2003年~2005年
ヤン・ウルリッヒ ドイツの旗 ドイツ 2 1999年、2001年

歴代優勝・上位入賞者[編集]

種別 参照項目
男子個人ロード
男子タイムトライアル
男子チームタイムトライアル
女子個人ロード
女子タイムトライアル
男子U-23個人ロード
男子U-23タイムトライアル

日本人選手の主な記録[編集]

当大会における、日本人選手の最高順位は、男子は当大会初参加となった1936年出宮順一がアマ・ロードレースで記録した7位である。プロ・ロードレース(現・エリート・ロードレース)部門に初出場したのは1973年加藤善行(競輪選手)であるが、途中棄権に終わった。1987年に日本人初のプロロード選手である市川雅敏[2]が43位に入って初完走を記録したものの、以後も完走が精一杯という状況が続いていた[3][4]が、2010年の男子エリートでは、新城幸也が9位に入り、プロロードレース時代を含め、同種目史上初の一桁着順を記録した。女子は2014年大会における與那嶺恵理の22位が最高である。

歴代開催国[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 同一年度にジロ・デ・イタリア総合優勝、ツール・ド・フランス総合優勝、世界選手権自転車競技大会個人ロードレース優勝を達成すること
  2. ^ プロ登録選手としては川室競が事実上、日本人初のプロロード選手であるが、トレードチームとプロ契約を結んだ選手は市川が最初である。
  3. ^ 参考までに、2009年の大会では、新城幸也が1周目に集団から飛び出して逃げ集団を形成し、残り4周まで逃げ続けるという見せ場を作った他、別府史之が出走202人中、完走は108人しかいなかった中、57位での完走を果たした。
  4. ^ 23歳以下部門(U-23)では、新城幸也が2006年に記録した14位が最高の成績

参考文献[編集]