ダニエーレ・ベンナーティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ダニエーレ・ベンナーティ
Daniele Bennati
Cycling (road) pictogram.svg
Daniele Bennati 02.jpg
個人情報
本名 ダニエーレ・ベンナーティ
Daniele Bennati
愛称 イケメン・ベンナーティ
生年月日 (1980-09-24) 1980年9月24日(36歳)
国籍 イタリアの旗 イタリア
身長 183cm
体重 71kg
チーム情報
所属 サクソ・ティンコフ
分野 ロードレース
役割 選手
特徴 スプリンター
ルーラー
TTスペシャリスト
プロ所属チーム
2002
2003
2004
2005–2007
2008–2010
2011
2012
2013
アクア&サポーネ
ドミナ・ヴァカンツェ
フォナック
ランプレ
リクイガス
レオパード・トレック
レディオシャック・ニッサン
サクソ・ティンコフ
主要レース勝利

ツール・ド・フランス

区間通算2勝

ジロ・デ・イタリア

Jersey violet.svg ポイント賞 (2008)
区間通算3勝

ブエルタ・ア・エスパーニャ

Jersey pink.svg ポイント賞 (2007)
区間通算5勝

ツール・ド・スイス

ポイント賞 (2006-2007)

ドイツ・ツアー

ポイント賞 (2005)
最終更新日
2012年9月7日

ダニエーレ・ベンナーティ(Daniele Bennati、1980年9月24日- )は、イタリアアレッツォ出身の自転車競技(ロードレース)選手。2002年にプロデビュー。現在のロードレース界におけるトップスプリンターの一人。

ステージレースのポイント賞部門では常に上位に食い込む活躍を見せ、ステージ優勝も多数収めている。

経歴[編集]

2002年

  • アクアサポーネ・カンティーナトッロでプロデビュー。

2003年

  • ツール・ド・ポローニュ の第3ステージで勝利するなどしてスプリンターとしてのキャリアを積んでいく。
  • ドミーナ・ヴァカンツェで1シーズンだけマリオ・チポリーニといっしょに走った(後年のインタビューでチポリーニはアシストたちがベンナーティをアシストするようになったのを見て、自身の引退の時期を考えるようになったと語っている)。

2005年

2006年

2007年

スプリント中のベンナーティ

2008年

2009年

2010年

2011年

TTをしているベンナーティ

2012年

タイプ[編集]

全身のバネを生かしたスプリントでステージ優勝を量産するスプリンター。しかし、ある程度の独走力も有しており[1]、しばしば逃げ集団に乗ってステージ優勝を狙う(前述の通り、グランツール初勝利も逃げ集団に乗ってのスプリント勝利である。)。上りもある程度こなし、山岳ステージでは集団の牽引役を担当することもある。

主な戦績[編集]

グランツール[編集]

ステージレース[編集]

ワンデーレース[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 2008年のジロ・デ・イタリア最終ステージの個人TTでは優勝のマルコ・ピノッティから24秒遅れの7位、2009年のブエルタ・ア・エスパーニャ第1ステージで首位カンチェラーラから16秒差で5位、第7ステージの個人TTでは途中パンクのアクシデントがありながらも、カンチェラーラから1分12秒遅れの16位に食い込んでいる。

外部リンク[編集]