クラウディオ・キアプッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
クラウディオ・キアプッチ
Claudio Chiappucci
Cycling (road) pictogram.svg
Claudio CHIAPUCCI.jpg
個人情報
本名 クラウディオ・キアプッチ
Claudio Chiappucci
生年月日 (1963-02-28) 1963年2月28日(53歳)
国籍 イタリアの旗 イタリア
身長 172cm
体重 60kg
チーム情報
所属 引退
分野 ロードレース
役割 選手
特徴 クライマー
プロ所属チーム
1985–1996
1997
1998-1999
カレラ
アシックス
アミカ・チップ
主要レース勝利
Jersey polkadot.svgツール・ド・フランス 山岳賞 1991-1992
Jersey green.svgジロ・デ・イタリア 山岳賞 1990-1992-1993
Jersey violet.svgジロ・デ・イタリア ポイント賞1991
ミラノ〜サンレモ 1991
クラシカ・サンセバスティアン 1993
ジャパンカップ 1993-1995
最終更新日
2008年2月19日

クラウディオ・キアプッチ(Claudio Chiappucci、1963年2月28日- )は、イタリアウボルド出身の元自転車競技選手。

戦歴[編集]

1982年にイタリアのアマチュアチャンピオンに輝く。1985年にカレラチームと契約してプロ転向。当初は、ステファン・ロッシュロベルト・ヴィセンティーニのアシスト役だったが、彼らが移籍するとエースの座に君臨するようになった。

1990年ツール・ド・フランスでは、連覇を狙うグレッグ・レモンを終始苦しめ、第20ステージの個人タイムトライアル前まではマイヨ・ジョーヌを守り抜き、最終総合順位も2位に食い込んだ。また、1992年ジロ・デ・イタリアツール・ド・フランスでは、こちらも連覇を期すミゲル・インドゥラインと終盤まで互角に渡り合い、いずれも総合2位。とりわけジロでは、1分15秒差まで詰め寄った。特に山岳コースでは自ら果敢にアタックを仕掛ける走りを見せ、レモンやインドゥラインがツールで総合優勝を果たしたときにも、敗れたキアプッチのことを「ベストルーザー」だと讃えるファンも多かった。

しかしながら、山岳賞はツール2回、ジロ3回、ポイント賞はジロで1回の受賞経験があるものの、グランツールの総合優勝はついに果たせなかった。その理由は、決まって個人タイムトライアルにおいて、レモンやインドゥラインに遅れを取ったことにある。一方、1991年6月16日6月29日まで、UCI・ロードワールドランキングスでランキング1位を経験した。また、ジャパンカップサイクルロードレースでは1993年から1995年まで3連覇を達成し、日本のロードレースファンにも人気がある選手だった。

一方、アシックスチームに移籍した1997年には何度もドーピング検査に引っかかったことから、禁止薬物常用の疑いがもたれるようになった。それを受け、後にキアプッチは、1993年以降、禁止薬物であるエリスロポエチンを常用していた事実も認めた。1998年にアミカ・チップチームへと移籍したものの、ドーピングの渦中に常にあったことも災いしてか、ほとんどレースに出場する機会もなくなり、1999年に引退した。

その他[編集]

  • 曽田正人作の自転車漫画シャカリキ!』に登場する主人公・野々村輝のモデルになった。
  • 非常に新し物好きで、シーズン初頭には開発されたばかりの新製品を投入・使用することが多かった。サドルだけは同じものを使い続ける選手が多い中、毎年のように新製品を試していた。

外部リンク[編集]