ナセル・ブアニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ナセル・ブアニ
Nacer Bouhanni
Cycling (road) pictogram.svg
Fourmies - Grand Prix de Fourmies, 6 septembre 2015 (B102).JPG
個人情報
本名 Nacer Bouhanni
ナセル・ブアニ
生年月日 (1990-07-25) 1990年7月25日(28歳)
国籍 フランスの旗 フランス
身長 176cm
体重 66kg
チーム情報
所属 コフィディス
分野 ロードレース
役割 選手
特徴 スプリンター
アマ所属チーム
2010
フランセーズ・デ・ジュー(トレーニー)
プロ所属チーム
2011–2014
2015
FDJ
コフィディス
グランツール最高成績
主要レース勝利
ジロ・デ・イタリア
 ポイント賞(2014)
 区間通算3勝
ブエルタ・ア・エスパーニャ 区間通算3勝
パリ~ニース 区間通算3勝
エネコ・ツアー 区間優勝
クリテリウム・デュ・ドフィネ
 ポイント賞(2015)
 区間通算3勝
ボルタ・シクリスタ・ア・カタルーニャ 区間優勝
フランスの旗 フランス選手権・個人ロード (2012)
最終更新日
2018年8月31日

ナセル・ブアニ(Nacer Bouhanni、1990年7月25日 - )は、フランスエピナル出身の自転車競技ロードレース)選手。

来歴[編集]

2010年、フランセーズ・デ・ジュー(後のFDJ・ビッグマット)とトレーニー契約。

2011年、FDJ(後のFDJ・ビッグマット)とプロ契約。

2013年、ツアー・オブ・オマーンの第6ステージで勝利すると[1]、続く、パリ~ニース第1ステージでも勝利、初のUCIワールドツアーでの勝利となった[2]

2014年、ジロ・デ・イタリア第4ステージにてグランツール初勝利[3]、第7、第10ステージでもリスクを恐れないスプリントで勝利し[4][5]、ハットトリックを達成。その後、最終ステージまでポイント賞を守りきった[6]。しかし、チーム内アルノー・デマルとのライベル関係の末、渇望していたツール・ド・フランスへの出場権が得られず、移籍を決断する[7]。移籍決定後もブエルタ・ア・エスパーニャで2勝する活躍をした[8][9]

2015年コフィディスに移籍。クリテリウム・デュ・ドフィネで区間2勝。

特徴[編集]

シーズンオフのトレーニングにボクシングを取り入れており、32歳からはプロボクサーの道を目指すと公言しており[10]モハメド・アリが亡くなった際の勝利ではボクシングのポーズでモハメド・アリに勝利をささげた[11]

非常に攻撃的なスプリントを行う選手で、危険行為による降格処分を受けることも少なくない[12]

2016年のツール・ド・フランスは喧嘩が原因の怪我で欠場している。

主な戦績[編集]

2010年[編集]

2011年[編集]

2012年[編集]

2013年[編集]

2014年[編集]

2015年[編集]

2016年[編集]

2017年[編集]

2018年[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ツアー・オブ・オマーン2013第6ステージ 仏チャンピオンのブアニが最終スプリント制覇 フルームが総合優勝
  2. ^ パリ~ニース2013第1ステージ ペタッキを破った22歳ブアニ 仏チャンピオンジャージにマイヨ・ジョーヌを重ねる
  3. ^ ジロ・デ・イタリア2014第4ステージ 雨のバーリで総合は争われず 落車多発のスプリントでブアニが初勝利
  4. ^ ジロ・デ・イタリア2014第7ステージ ニッツォロとの一騎打ちを制したFDJのブアニがスプリント2勝目を飾る
  5. ^ ジロ・デ・イタリア2014第10ステージ またもやスプリント直前に大落車発生 ブアニがハットトリック達成
  6. ^ ジロ・デ・イタリア2014第21ステージ コメント キンタナ「このジロでは全てが上手くいった。僕はこれからもっと強くなっていきたい」
  7. ^ 新たに2チームがツール・ド・フランス出場メンバーを発表 オメガファーマとFDJ.frがツールの正式メンバーを発表 不出場のブアニは移籍が濃厚に
  8. ^ ブエルタ・ア・エスパーニャ2014第2ステージ ジロのポイント賞ブアニがFDJ.frにスプリント1勝目をもたらす
  9. ^ ブエルタ・ア・エスパーニャ2014第8ステージ 超高速の横風バトルが勃発 荒れた平坦ステージでブアニが2勝目
  10. ^ ノケレ・コールス2017 パリ〜ニース惨敗のブアニがミラノ〜サンレモに向けて好調をアピール
  11. ^ クリテリウム・ドゥ・ドーフィネ2016第1ステージ ヘッドバットが連続する激しいバトル ブアニが故モハメド・アリ氏に捧げる勝利
  12. ^ パリ~ニース2016第2ステージ 荒れ模様となったスプリント 降格処分を受けたブアニに代わりマシューズがステージ2勝目

外部リンク[編集]