シャトル桂台

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
山麓側の駅に入る車両
全景(写真はいずれも2005年8月)

シャトル桂台(シャトルかつらだい)は、かつて山梨県大月市桂台3丁目の新興住宅地「パストラルびゅう桂台」とJR中央本線猿橋駅南口とを結んでいたモノレールである。

概要[編集]

「パストラルびゅう桂台」は1997年10月より宅地分譲が開始された。JR東日本がそれまで分譲した「フィオーレ喜連川」や「びゅうヴェルジュ安中榛名」と比べて東京都心に最も近い住宅分譲地(団地)である。開発面積は73ヘクタールで当初は最大994区画の開発を予定していたが、分譲が低迷しているため未分譲の区画が多く存在する。

近隣のコモアしおつと同じく、駅近くに在りながら高さ110mの丘陵上にあり、つづら折りの道路を1.6km登らないとエントランスまで到達できない地形のため、居住者の駅間の短絡アクセス手段としてデベロッパーである清水建設とJR東日本の負担により2001年4月1日に設置された。

施設[編集]

日本電設工業が中心となって開発したBTM(Belt type Transit system by Magnet:磁石ベルト式輸送システム)と呼ばれる永久磁石ベルトの組み合わせで急勾配の軌道を往復する、斜行エレベーターと形状が類似したモノレールとなっていた。

駅は山麓側(猿橋駅最寄り)と山上側(桂台最寄り)の2か所。山麓側は1階の乗車ホーム・2階の降車ホームに分離されており、山上側の駅を含めた3か所のホームにはホームドアが設けられている。運行はボタン操作による無人運転であった。

住宅分譲地(団地)居住者から毎月管理組合費と合わせて5200円を使用料として徴取しており、あくまで居住者宅や購入検討者の送迎目的に利用が限られていたため、鉄道事業法軌道法に基づいた鉄道・軌道にはなっていなかった。また、20時から運転終了となる翌1時30分まで山麓側の駅舎への入場は暗証番号の入力またはカード操作が必要になり、実質上桂台の住人以外の利用はできなかった。

路線データ[編集]

  • 全長 - 220m
  • 高低差 - 110m
  • 最大勾配 - 34度
  • 車両定員 - 25人
  • 所要時間 - 約3分
  • 運行開始 - 2001年4月1日
  • 運行休止 - 2006年12月

廃止[編集]

トラブルが相次ぎ2006年12月に運行を休止。パストラルびゅう桂台の事業主体であるJR東日本清水建設と、シャトル桂台を開発した日本電設工業は、トラブルの原因が特定できないとして2007年7月18日に運行再開を断念した[1]

代替手段[編集]

シャトルの運行休止後はバスやタクシーでの代行輸送が行われた。運行再開の断念を受け、代替輸送手段として山上駅舎跡地からエレベーター(15人乗り)2基を設置する計画が出された。

山上駅の直下を猿橋駅前の地上高まで地層を掘削し、山麓側のエレベーターホールと、猿橋駅前を結ぶ約170mの地下通路を建設。地下通路には動く歩道(1本50m)3基を設置し、朝は駅方向に、夕方は団地方向に運転される計画となった[2]。その後、動く歩道の設置は撤回され、新設のエレベーターと地下通路が2011年秋に完成、12月1日より供用開始された[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 山梨日日新聞 2007年7月19日記事
  2. ^ 山梨日日新聞 2008年5月10日記事
  3. ^ 山梨日日新聞 2011年11月28日記事

外部リンク[編集]

座標: 北緯35度36分40.1秒 東経138度58分8.5秒