ザ・ビートルズ・ファースト・アルバム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

『ザ・ビートルズ・ファースト・アルバム』("The Beatles' First")は、1964年8月にアナログLPとして日本で発売されたトニー・シェリダンおよびビートルズのアルバムである。ここでは、英国盤・米国盤・『ザ・ビートルズ・ファースト・アルバム』以降にポリドールから発売された日本編集アルバムについても記載する。

ポリドール・セッション解説[編集]

EMI(傘下のパーロフォンレーベル)との契約以前、ビートルズは独ポリドールとの正式契約に基づいて、1961年6月および1962年5月にトニー・シェリダンのバック・バンドとして少なくとも次の9曲の録音を行った。

  • "My Bonnie" (1961年6月22、23日録音)
  • "The Saints" (1961年6月22、23日録音)
  • "Why" (1961年6月22、23日録音)
  • "Cry for a Shadow" (1961年6月22、23日録音)
  • "Nobody's Child" (1961年6月22、23日録音)
  • "Ain't She Sweet" (1961年6月22、23日録音〈6月24日説あり〉)
  • "If You Love Me Baby" (1961年6月22、23日録音〈6月24日説あり〉)
  • "Sweet Georgia Brown" (1962年5月24日バック演奏、6月7日ヴォーカル録音)
  • "Swanee River" (1962年5月24日バック演奏、6月7日ヴォーカル録音)

これら9曲のうち、"Swanee River"(スワニー川)の録音テープはリリース前に紛失し、現存しない(リリースされているものはすべて非ビートルズ・セッションである)。また、"Ain't She Sweet"(いい娘じゃないか)と"Cry for a Shadow"(クライ・フォー・ア・シャドウ)の2曲はビートルズのみのパフォーマンスであり、商業的な録音としてはEMIからのデビュー前には唯一の例である。独ポリドールは1965年まで公式に、トニー・シェリダンのバック・バンドに対してメンバーとは関わりなく"The Beat Brothers"(ビート・ブラザーズ)という名称を与えており、トニー・シェリダンとビート・ブラザーズのクレジットで数多くのレコーディングが行われたが、上記9曲以外にはビートルズは関与していない。また、独ポリドール時代、ビートルズのドラムスはピート・ベストが担当しており、加入前のリンゴ・スターはセッションに参加していない。上記8曲(音源の存在しない"Swanee River"を除く)のレコーディングを収録したアルバムのほとんどはビートルズが参加していないビート・ブラザーズの曲目をも含んでおり、一般的にはビートルズの公式盤とは考えられていない。

英国盤 "The Beatles' First"[編集]

The Beatles' First
ビートルズコンピレーション・アルバム
リリース
録音 1961年6月22~24日,1962年5月24日,6月7日
ジャンル ロック
レーベル ポリドール
ビートルズ U.K. 年表
ウィズ・ザ・ビートルズ
(1963年)
The Beatles' First
(1964年)
ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!
(1964年)
テンプレートを表示

収録曲[編集]

アナログA面[編集]

  1. いい娘じゃないか - Ain't She Sweet
    ビートルズ・セッション。リード・ヴォーカルはジョン・レノン
  2. クライ・フォー・ア・シャドウ - Cry for a Shadow
    ビートルズ・セッション。ジョン・レノンとジョージ・ハリスンの合作。インストルメンタル・ナンバーである。
  3. レッツ・ダンス - Let's Dance
  4. マイ・ボニー - My Bonnie
    ビートルズ・セッション。
  5. イフ・ユー・ラヴ・ミー・ベイビー - If You Love Me Baby
    ビートルズ・セッション。
  6. ホワッド・アイ・セイ - What'd I Say

アナログB面[編集]

  1. スウィート・ジョージア・ブラウン - Sweet Georgia Brown
    ビートルズ・セッション。
  2. 聖者の行進 - The Saints
    ビートルズ・セッション。
  3. ルビー・ベイビー - Ruby Baby
  4. ノーボディーズ・チャイルド - Nobody's Child
  5. ヤ・ヤ - Ya Ya


米国盤 "The Beatles with Tony Sheridan and Guests"[編集]

 

The Beatles with Tony Sheridan and Guests
ビートルズコンピレーション・アルバム
リリース
録音 1961年6月22~24日,1962年5月24日,6月7日
ジャンル ロック
レーベル MGM
ビートルズ U.S. 年表
ミート・ザ・ビートルズ
(1964年)
The Beatles with Tony Sheridan and Guests
(1964年)
ザ・ビートルズ・セカンド・アルバム
(1964年)
テンプレートを表示

英・日より先んじてポリドール・セッションの一部がアルバム化されたが、他のアーティスト(タイタンズ)との混成盤でのリリースとなった。

収録曲[編集]

アナログA面[編集]

  1. マイ・ボニー - My Bonnie
    ビートルズ・セッション。
  2. クライ・フォー・ア・シャドウ - Cry for a Shadow
    ビートルズ・セッション。
  3. ジョンソン・ラグ - Johnson Rag
    タイタンズ("Titans")のパフォーマンス。
  4. スワニー川 - Swanee River
  5. フライング・ビート - Flying Beat
    タイタンズのパフォーマンス。
  6. ザ・ダークタウン・ストラッターズ・ボール - The Darktown Strutters' Ball
    タイタンズのパフォーマンス。

アナログB面[編集]

  1. 聖者の行進 - The Saints
    ビートルズ・セッション。
  2. ライ・ビート - Rye Beat
    タイタンズのパフォーマンス。
  3. ユー・アー・マイ・サンシャイン - You Are My Sunshine
  4. サマータイム・ビート - Summertime Beat
    タイタンズのパフォーマンス。
  5. ホワイ - Why
    ビートルズ・セッション。
  6. ハッピー・ニュー・イヤー・ビート - Happy New Year Beat
    タイタンズのパフォーマンス。

日本編集盤[編集]

The Beatles' First
ビートルズコンピレーション・アルバム
リリース
録音 1961年6月22~24日,1962年5月24日,6月7日
ジャンル ロック
レーベル ポリドール
ビートルズ 日本 年表
ビートルズ No.2!
(1964年)
ザ・ビートルズ・ファースト・アルバム
(1965年)
ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!
(1964年)
テンプレートを表示

『ザ・ビートルズ・ファースト・アルバム』は日本編集盤で、1964年8月21日に発売された。ジャケットのデザインは1964年4月に独ポリドールから発売された"The Beatles' First"と同じであるが、ビートルズ参加セッション8曲を収録したドイツ盤"The Beatles' First"とは異なり、「ホワイ ("Why")」・「クライ・フォー・ア・シャドウ ("Cry for a Shadow")」の2曲と音源が失われた「スワニー川 ("Swanee River")」を除く6曲が収録されている。 『若き日のビートルズ』は日本編集盤で、1970年4月21日に発売された。ジャケットのデザインはビートルズの4人の顔写真を持つ子どもたちで、ビートルズ参加セッションからは「マイ・ボニー ("My Bonnie")」・「いい娘じゃないか ("Ain't She Sweet")」・「クライ・フォー・ア・シャドウ ("Cry For A Shadow")」・「聖者の行進 ("The Saints")」の4曲が収録されている。

『ビートルズ 1961』はドイツ編集盤で、1973年9月21日に発売された。ジャケットのデザインは何度か変更されたが、曲目は1970年5月に独ポリドールから発売された"In The Beginning"、つまりドイツ盤"The Beatles' First"と同じである。ただし、「スウィート・ジョージア・ブラウン ("Sweet Georgia Brown")」はビートルズによる演奏でないバージョンなので、ビートルズ参加セッションは7曲が収録されていることになる。

『ビートルズ・オールディーズ』は2枚組の日本編集盤で、1981年12月1日に発売された。ビートルズ参加セッションの全8曲が収録されている。

ザ・ビートルズ・ファースト・アルバム[編集]

収録曲[編集]

アナログA面[編集]
  1. いい娘じゃないか - Ain't She Sweet
    ビートルズ・セッション。
  2. スウィート・ジョージア・ブラウン - Sweet Georgia Brown
    ビートルズ・セッション。
  3. スワニー川 - Swanee River
  4. イフ・ユー・ラヴ・ミー・ベイビー - If You Love Me Baby
    ビートルズ・セッション。
  5. レッツ・ダンス - Let's Dance
  6. ユー・アー・マイ・サンシャイン - You Are My Sunshine
アナログB面[編集]
  1. マイ・ボニー - My Bonnie
    ビートルズ・セッション。
  2. 聖者の行進 - The Saints
    ビートルズ・セッション。
  3. ルビー・ベイビー - Ruby Baby
  4. ノーボディーズ・チャイルド - Nobody's Child
    ビートルズ・セッション。
  5. ホワッド・アイ・セイ - What'd I Say
  6. ヤ・ヤ - Ya Ya

若き日のビートルズ[編集]

収録曲[編集]

アナログA面[編集]
  1. マイ・ボニー - My Bonnie
    ビートルズ・セッション。
  2. いい娘じゃないか - Ain't She Sweet
    ビートルズ・セッション。
  3. ホワッド・アイ・セイ - What'd I Say
  4. マイ・ベイブ - My Babe
  5. レッツ・ダンス - Let's Dance
アナログB面[編集]
  1. クライ・フォー・ア・シャドウ - Cry for a Shadow
    ビートルズ・セッション。
  2. 聖者の行進 - The Saints
    ビートルズ・セッション。
  3. ユー・アー・マイ・サンシャイン - You Are My Sunshine
  4. スワニー川 - Swanee River
  5. ホール・ロッタ・シェイキン・ゴーイング・オン - Whole Lotta Shakin' Going On
  6. ルビー・ベイビー - Ruby Baby

ビートルズ 1961[編集]

収録曲[編集]

アナログA面[編集]
  1. いい娘じゃないか - Ain't She Sweet
    ビートルズ・セッション。
  2. クライ・フォー・ア・シャドウ - Cry for a Shadow
    ビートルズ・セッション。
  3. レッツ・ダンス - Let's Dance
  4. マイ・ボニー - My Bonnie
    ビートルズ・セッション。
  5. イフ・ユー・ラヴ・ミー・ベイビー - If You Love Me Baby
    ビートルズ・セッション。
  6. ホワッド・アイ・セイ - What'd I Say
アナログB面[編集]
  1. スウィート・ジョージア・ブラウン - Sweet Georgia Brown
  2. 聖者の行 - The Saints
    ビートルズ・セッション。
  3. ルビー・ベイビー - Ruby Baby
  4. ホワイ - Why
    ビートルズ・セッション。
  5. ノーボディーズ・チャイルド - Nobody's Child
    ビートルズ・セッション。
  6. ヤ・ヤ - Ya Ya

参考文献[編集]

  • Gottfridsson, H. O. (1997), "The Beatles - From Cavern to Star-Club"
  • Gottfridsson, H. O. (2001), "The Beatles with Tony Sheridan - Beatles Bop - Hamburg Days"
  • インガム, ピーター (1986), 『THE BEATLES 日本盤 DISCOGRAPHY』
  • Krasker, E. (2003), "Les Beatles - Enquête sur un Mythe (1960-1962)"