サミットエナジー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
サミットエナジー株式会社
SUMMIT ENERGY CORPORATION
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
101-0047
東京都千代田区内神田2-3-4
S-GATE大手町北
設立 2004年4月27日
業種 電気・ガス業
法人番号 1010001087737
事業内容 発電事業及び特定規模電気事業
代表者 小澤純史(代表取締役社長)
資本金 4億9500万円
主要株主 住友商事(100%)
外部リンク http://www.summit-energy.co.jp/
テンプレートを表示

サミットエナジー株式会社: Summit Energy Corporation)は、住友商事グループの特定規模電気事業者。自社グループの発電所および発電設備を持つ一般事業会社から購入した電力の販売を行う。

関連会社[編集]

  • サミットウインドパワー株式会社
茨城県鹿嶋市サミットウインドパワー鹿嶋発電所を所有。発電した電力は東京電力に販売される。
  • サミット美浜パワー株式会社
千葉県千葉市美浜区に、天然ガスを燃料とした出力51,850kWの千葉みなと発電所を所有。営業運転開始は2004年7月。電力と蒸気は近隣の食品コンビナートの工場に供給され、余剰電力は売電される。
  • サミット小名浜エスパワー株式会社
サミットエナジーと日本海水との共同出資。福島県いわき市小名浜に、石炭を燃料とした出力55,556kWの小名浜発電所を所有。営業運転開始は2004年10月。電力と蒸気は日本海水の工場に供給され、余剰電力は売電される。
  • サミット明星パワー株式会社
サミットエナジーと明星セメントとの共同出資。新潟県糸魚川市に、建設廃材などの木質系バイオマスを燃料とした(補助燃料として石炭を使用)糸魚川バイオマス発電所を所有。営業運転開始は2005年1月。発生したフライアッシュは明星セメントにより再資源化される。

沿革[編集]

  • 2001年2月 - サミットエナジー株式会社設立、同年7月より電力の小売事業開始。
  • 2002年
    • 1月 - サミット尼崎パワー株式会社設立、同年11月より大浜内燃力発電所営業運転開始(2007年に設備をグループ外に売却、会社解散)。
    • 4月 - サミットウインドパワー酒田株式会社設立、翌年1月に酒田風力発電所営業運転開始。
    • 4月 - サミット小名浜エスパワー株式会社設立、2004年10月に小名浜発電所営業運転開始。
    • 8月 - サミット明星パワー株式会社設立、2005年1月に糸魚川バイオマス発電所営業運転開始。
  • 2003年
    • 3月 - サミット美浜パワー株式会社設立、翌年7月より千葉みなと発電所営業運転開始。
    • 4月 - サミットウインドパワー鹿嶋株式会社設立、2007年2月に鹿嶋風力発電所営業運転開始。
  • 2004年4月 - サミットエナジーホールディングス株式会社設立、同年7月に、各発電会社を同社の傘下に編入。
  • 2009年
    • 4月 - サミットウインドパワー鹿嶋とサミットウインドパワー酒田を統合、サミットウインドパワー株式会社設立。
    • 10月 - サミットエナジーホールディングスがサミットエナジーを吸収合併の上、社名をサミットエナジー株式会社とする。
  • 2014年

主な供給先[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]