新潟中央郵便局

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Postal Mark w (Japan).svg 新潟中央郵便局
新潟中央郵便局
基本情報
正式名称 新潟中央郵便局
局番号 12508
設置者 日本郵便株式会社
所在地 950-8799
新潟市中央区東大通二丁目6番26号
位置

北緯37度54分57.1秒
東経139度03分42.5秒
座標: 北緯37度54分57.1秒 東経139度03分42.5秒

貯金
店名 ゆうちょ銀行 新潟店(長野支店新潟出張所)
取扱店番号 125080
保険
店名 かんぽ生命保険 代理店
特記事項
「ゆうちょ銀行」窓口および保険窓口は平日18時まで営業
ATMホリデーサービス実施
テンプレートを表示

新潟中央郵便局(にいがたちゅうおうゆうびんきょく)は新潟県新潟市中央区新潟駅前にある郵便局である。民営化前の分類では集配普通郵便局であった。

2019年(平成31年)1月1日お年玉付き年賀はがき配達物数では全国3位を記録している。

概要[編集]

住所:〒950-8799 新潟県新潟市中央区東大通二丁目6番26号

併設施設[編集]

分室[編集]

  • 新潟中分室 (新潟中郵便局のゆうゆう窓口と集配業務を担当)2018年9月1日設置

かつては以下の分室が存在した。

  • 新潟貯金事務センター内分室(12508A)
    2003年平成15年)1月の貯金事務センター再編時に新潟貯金事務センターが廃止された後も引き続き設置されていたが、当局にゆうちょ銀行の直営店(新潟店)を併設する都合上、民営化に先立ち新潟駅前郵便局に所属の変更が行われ、併せて八千代分室に改称された。2013年に新潟駅前郵便局と共に廃止となり、代替の局として万代シテイ郵便局が隣接地に設置された(新潟駅前局の移転改称扱い)。分室跡地そのものは、解体の上「JPローソン 万代シテイ郵便局」に建て直され、実質24時間営業の店舗外ゆうちょ銀行ATMが併設された。

沿革[編集]

  • 1967年昭和42年)11月6日 - 新潟中央郵便局として、新潟市明石通一丁目に開局[1]。併せて新潟郵便局[2]から貯金局内分室を移管。
  • 1982年(昭和57年)2月 - 局舎落成。
  • 1984年(昭和59年)7月1日 - 貯金局内分室を貯金事務センター内分室に改称。
  • 1986年(昭和61年)3月 - 日本海縦貫線を経由する鉄道郵便輸送(大阪青森線)が廃止[3]
  • 1991年(平成3年)3月31日 - 新潟臨港郵便局の廃止に伴い、取扱事務を承継。
  • 1991年(平成3年)10月1日 - 外国通貨の両替および旅行小切手の売買に関する業務取扱を開始。
  • 2007年(平成19年)7月30日 - 新潟貯金事務センター内分室を新潟駅前郵便局の所属に変更するとともに、八千代分室に改称[4]
  • 2007年(平成19年)10月1日 - 民営化に伴い、併設された郵便事業新潟支店、ゆうちょ銀行新潟店に一部業務を移管。
  • 2010年(平成22年)8月9日 - 郵便事業亀田支店(〒950-0199)の廃止に伴い、郵便事業新潟支店が同支店の業務を継承。
  • 2012年(平成24年)10月1日 - 日本郵便株式会社の発足に伴い、郵便事業新潟支店を新潟中央郵便局に統合。
  • 2017年(平成29年)6月19日 - 郵便番号上2桁が95の地域区分業務新潟郵便局へ移管。ゆうゆう窓口の24時間営業を廃止。
  • 2018年(平成30年)9月1日 - 新潟中分室を新潟中郵便局内に設置。新潟中郵便局のゆうゆう窓口運営業務と集配業務を当局に移管。

取扱内容[編集]

新潟中央郵便局[編集]

ゆうちょ銀行新潟店[編集]

風景印[編集]

過去の風景印[編集]

周辺[編集]

アクセス[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 昭和42年郵政省告示第916号(昭和42年11月4日付官報第12267号掲載)
  2. ^ 同日、新潟西郵便局に改称された(後に新潟中郵便局に再改称)。
  3. ^ 郵政省郵務局郵便事業史編纂室 『郵便創業120年の歴史』 ぎょうせい、1991年、p.24
  4. ^ 日本郵政公社ホームページ「郵便局の改廃情報」平成19年7月20日発表分

関連項目[編集]

外部リンク[編集]