サウンズオブアース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
サウンズオブアース
Sounds of Earth-2016-05-01.jpg
2016年5月1日 京都競馬場
欧字表記 Sounds Of Earth
香港表記 萬籟爭鳴
品種 サラブレッド
性別
毛色 黒鹿毛
生誕 2011年4月12日
死没 (現役競走馬)
登録日 2013年6月20日[1]
ネオユニヴァース
ファーストバイオリン
母の父 Dixieland Band
生国 日本の旗 日本北海道千歳市
生産 社台ファーム
馬主 吉田照哉
調教師 藤岡健一(栗東)
競走成績
生涯成績 29戦2勝
中央:28戦2勝
海外:1戦0勝
獲得賞金 4億6744万9000円
(2018年11月25日現在)
勝ち鞍 はなみずき賞(2014年)
テンプレートを表示

サウンズオブアース (: Sounds of Earth)は、日本の競走馬。主な勝ち鞍は2014年のはなみずき賞(3歳500万)。馬名の意味は、地球のサウンド。未勝利と500万円下の2勝馬ながらGIを含む重賞での2着が7回あり、あと一歩のところで重賞勝ちを逃していることから「最強の2勝馬」の異名を持つ[2]

現役時代[編集]

2歳の10月にデビューするとややもたつきながらも、明け3歳ははなみずき賞勝ちから京都新聞杯を2着し、賞金で東京優駿への切符をつかむが、本番の東京優駿は11着だった。

秋緒戦の神戸新聞杯をダービー馬ワンアンドオンリーに肉薄する2着と健闘し、続く菊花賞でもトーホウジャッカルの2着と頭角を現す。

明けて4歳シーズンはやや精彩を欠くものの、暮れのグランプリ有馬記念ゴールドアクターにクビ差迫る2着。

5歳となり、前年同様に春は精彩を欠いたが、秋2戦目となるジャパンカップキタサンブラックの2着。有馬記念は8着に終わる。

2017年に6歳を迎えると、ドバイシーマクラシックにて海外初挑戦も7頭立ての6着と惨敗。国内復帰初戦に札幌記念を選択。鞍上に横山典弘を迎え4着と前年JC以来の掲示板となる。この時、掲示板 (1 - 5着)に入った唯一の非キングカメハメハ産駒となった[3]。1か月半のインターバルを経て次走に2着歴のある京都大賞典を選択も13着に沈んだ。

7歳の札幌記念では2年連続の4着。その後の毎日王冠は9着、ジャパンカップはアーモンドアイのレコードには遠く及ばず14着に終わる。 そして、有馬記念を最後に引退が決定。乗馬として余生を過ごす予定である[4]

競走成績[編集]

競走日 競馬場 競走名 距離(馬場)


オッズ
(人気)
着順 タイム
(上り3F)
着差 騎手 斤量 1着馬(2着馬)
2013.10.13 京都 2歳新馬 芝2000m(良) 13 3 03 001.9(01人) 05着 2:02.6(34.7) -0.5 福永祐一 55kg エイシンアロンジー
0000.11.02 京都 2歳未勝利 芝1800m(良) 16 3 06 002.5(01人) 02着 1:47.5(33.6) -0.0 M.デムーロ 55kg サトノロブロイ
0000.11.16 京都 2歳未勝利 芝1800m(良) 16 6 12 001.6(01人) 04着 1:50.2(35.5) -0.7 M.デムーロ 55kg シンガン
2014.02.22 京都 3歳未勝利 芝2000m(良) 12 2 04 002.3(01人) 01着 2:02.1(35.4) -0.1 C.デムーロ 56kg (アドマイヤシーマ)
0000.03.22 阪神 若葉S OP 芝2000m(良) 16 2 02 005.5(03人) 03着 2:01.8(35.9) -0.4 M.デムーロ 56kg アドマイヤデウス
0000.04.19 阪神 はなみずき賞 500万 芝2000m(良) 8 3 03 001.5(01人) 01着 2:03.0(33.8) -0.0 福永祐一 56kg (ストロベリーキング)
0000.05.10 京都 京都新聞杯 GII 芝2000m(良) 16 2 02 013.7(08人) 02着 2:11.2(35.3) -0.2 浜中俊 56kg ハギノハイブリッド
0000.06.01 東京 東京優駿 GI 芝2400m(良) 17 1 01 077.2(11人) 11着 2:25.8(35.3) -1.2 浜中俊 57kg ワンアンドオンリー
0000.09.28 阪神 神戸新聞杯 GII 芝2400m(良) 16 6 11 058.1(08人) 02着 2:24.4(34.9) -0.0 藤岡佑介 56kg ワンアンドオンリー
0000.10.26 京都 菊花賞 GI 芝3000m(良) 18 2 04 008.6(04人) 02着 3:01.1(34.4) -0.1 蛯名正義 57kg トーホウジャッカル
2015.03.28 中山 日経賞 GII 芝2500m(良) 12 7 10 003.5(01人) 04着 2:30.5(34.0) -0.3 M.デムーロ 55kg アドマイヤデウス
0000.05.03 京都 天皇賞(春) GI 芝3200m(良) 17 8 15 006.2(04人) 09着 3:15.4(35.5) -0.7 内田博幸 58kg ゴールドシップ
0000.10.12 京都 京都大賞典 GII 芝2400m(良) 10 8 13 003.9(02人) 02着 2:23.8(32.8) -0.2 浜中俊 56kg ラブリーデイ
0000.11.29 東京 ジャパンC GI 芝2400m(良) 18 5 10 011.3(05人) 05着 2:25.0(34.4) -0.3 M.デムーロ 57kg ショウナンパンドラ
0000.12.27 中山 有馬記念 GI 芝2500m(良) 16 5 09 009.9(05人) 02着 2:33.0(34.7) -0.0 M.デムーロ 57kg ゴールドアクター
2016.03.26 中山 日経賞 GII 芝2500m(良) 9 4 04 002.4(01人) 02着 2:36.9(33.9) -0.1 福永祐一 56kg ゴールドアクター
0000.05.01 京都 天皇賞(春) GI 芝3200m(良) 18 7 15 008.3(05人) 15着 3:18.5(37.8) -2.8 藤岡佑介 58kg キタサンブラック
0000.10.10 京都 京都大賞典 GII 芝2400m(良) 10 7 08 004.8(03人) 04着 2:25.7(33.1) -0.1 M.デムーロ 56kg キタサンブラック
0000.11.27 東京 ジャパンC GI 芝2400m(良) 17 6 12 012.2(05人) 02着 2:26.2(34.5) -0.4 M.デムーロ 57kg キタサンブラック
0000.12.25 中山 有馬記念 GI 芝2500m(良) 16 3 06 008.7(04人) 08着 2:33.4(35.8) -0.8 M.デムーロ 57kg サトノダイヤモンド
2017.03.25 メイダン ドバイSC G1 芝2410m(稍) 7 04 06着 C.ルメール 57kg Jack Hobbs
0000.08.20 札幌 札幌記念 GII 芝2000m(良) 13 5 07 008.0(04人) 04着 2:00.7(35.3) -0.3 横山典弘 57kg サクラアンプルール
0000.10.09 京都 京都大賞典 GII 芝2400m(良) 15 2 02 004.2(02人) 13着 2:24.6(35.4) -1.6 横山典弘 56kg スマートレイアー
0000.11.26 東京 ジャパンC GI 芝2400m(良) 17 3 05 102.0(11人) 12着 2:25.2(35.5) -1.5 田辺裕信 57kg シュヴァルグラン
0000.12.24 中山 有馬記念 GI 芝2500m(良) 16 8 16 132.9(14人) 07着 2:34.2(34.7) -0.6 C.デムーロ 57kg キタサンブラック
2018.05.27 東京 目黒記念 GII 芝2500m(良) 16 3 05 009.2(05人) 12着 2:30.9(34.9) -1.2 H.ボウマン 58kg ウインテンダネス
0000.08.19 札幌 札幌記念 GII 芝2000m(稍) 16 6 12 070.4(13人) 04着 2:01.2(36.5) -0.1 藤岡佑介 57kg サングレーザー
0000.10.07 東京 毎日王冠 GII 芝1800m(良) 13 7 11 053.3(10人) 09着 1:45.4(33.5) -0.9 田辺裕信 56kg アエロリット
0000.11.25 東京 ジャパンC GI 芝2400m(良) 14 5 07 246.5(13人) 14着 2:25.2(38.0) -4.6 田辺裕信 57kg アーモンドアイ
  • 成績は2018年11月25日現在

血統表[編集]

サウンズオブアース血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 サンデーサイレンス系
[§ 2]

ネオユニヴァース
2000 鹿毛
父の父
*サンデーサイレンス
Sunday Silence
1986 青鹿毛
Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
父の母
*ポインテッドパス
Pointed Pass
1984 栗毛
Kris Sharpen Up
Doubly Sure
Silken Way Shantung
Boulevard

*ファーストバイオリン
First Violin
1998 鹿毛
Dixieland Band
1980 鹿毛
Northern Dancer Nearctic
Natalma
Mississippi Mud Delta Judge
Sand Buggy
母の母
Sunrise Symphony
1990 鹿毛
Secretariat Bold Ruler
Somethingroyal
Wimbledon Star Hoist the Flag
Chris Evert
母系(F-No.) 8号族(FN:8-k) [§ 3]
5代内の近親交配 Almahmoud 6.25% 5x5 [§ 4]
出典
  1. ^ [5]
  2. ^ [5]
  3. ^ [5]
  4. ^ [5]


出典[編集]

  1. ^ @keiba/競走馬情報/サウンズオブアース2017年6月20日閲覧。
  2. ^ 悲願の戴冠へ最強の2勝馬サウンズオブアースnetkeiba 2017年4月28日閲覧。
  3. ^ 札幌記念(レース結果): netkeiba.com. 残4頭はサクラアンプルール(1着)、ナリタハリケーン(2着)、ヤマカツエース(3着)およびエアスピネル(5着)で、リンク先記事の各馬名をクリックすることで血統情報が閲覧可能。
  4. ^ サウンズオブアース、有馬で引退へ JCなどGI2着3度サンケイスポーツ、2018年12月2日閲覧。
  5. ^ a b c d netkeiba/サウンズオブアース/血統情報:5代血統表2017年6月13日閲覧。

外部リンク[編集]