藤岡健一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
藤岡健一
Kenichi-Fujioka20100228.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 滋賀県
出生は兵庫県[1][2]
生年月日 (1961-01-01) 1961年1月1日(57歳)
所属団体 JRA
初免許年 2001年(2002年開業)
経歴
所属 宇田明彦/厩務員 (1979)
宇田明彦/調教助手(1979 - 1994)
伊藤雄二/調教助手(1994 - 2000)
南井克巳/調教助手(2000 - 開業)
栗東T.C.(開業 - )
テンプレートを表示

藤岡 健一(ふじおか けんいち、1961年1月1日 - )は日本中央競馬会 (JRA) ・栗東トレーニングセンターに所属する調教師

実子に藤岡佑介騎手と藤岡康太騎手。

来歴[編集]

1979年4月、栗東・宇田明彦厩舎の厩務員となる。11月、同厩舎の調教助手となる。

1986年3月17日、長男・佑介が誕生。

1988年12月19日、次男・康太が誕生。

1994年4月、栗東・伊藤雄二厩舎所属となる。

2000年5月、栗東・南井克巳厩舎所属となる。

2001年、調教師免許を取得。

2002年11月21日、厩舎開業。

2012年12月19日、サマリーズで全日本2歳優駿に優勝し、統一JpnI競走初優勝。

2016年3月27日、ビッグアーサー高松宮記念を勝ち、JRAのGIにて初優勝。

2016年4月10日、ジュエラー桜花賞を勝ち、クラシック競走を勝利。

調教師成績[編集]

日付 競馬場・開催 競走名 馬名 頭数 人気 着順
初出走 2002年11月23日 5回京都7日5R 障害3歳上オープン メイショウイダテン 11頭 11 中止
初勝利 2003年5月24日 1回新潟7日5R 3歳未勝利 ボスポラス 12頭 1 1着
重賞初出走 2003年2月2日 2回中山2日11R 東京新聞杯 グリーンブリッツ 14頭 12 14着
重賞初勝利 2004年6月5日 3回東京5日11R ユニコーンS トップオブワールド 16頭 5 1着
GI初出走 2003年12月7日 5回阪神2日11R 阪神JF アズマサンダース 18頭 13 6着
エイシンヘーベ 14 14着

主な管理馬[編集]

※括弧内は当該馬の優勝重賞競走、太字はGI級競走。

おもな厩舎スタッフ[編集]

  • 千田輝彦(調教助手、2008年11月 - 2010年2月 技術調教師、2010年3月 - 2011年2月)

このほか、所属騎手ではないが、息子の佑介、康太を積極的に起用している。佑介とのコンビでは重賞を4勝、康太で1勝をあげている。

脚注・参考文献・出典[編集]

  1. ^ 週刊競馬ブック 2015年10月31日・11月1日号「藤村和彦のインタビュールーム Vol.71 藤岡健一調教師」
  2. ^ 週刊競馬ブック 2015年10月31日・11月1日号「藤村和彦のインタビュールーム Vol.71 藤岡健一調教師」によると、JRAの公式プロフィールの出身地の掲載基準は小学校卒業時に在住していた都道府県が基準となっている。

関連項目[編集]