アルファロメオ・183T

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アルファロメオ・183T
2012年グッドウッド・フェスティバルでの183T
カテゴリー F1
コンストラクター アルファロメオ
デザイナー ジェラール・ドゥカルージュ
マリオ・トレンティーノ
先代 182B
後継 184T
主要諸元[1]
シャシー カーボンファイバー モノコック
サスペンション(前) コイル, ウィッシュボーン, ロッカー
サスペンション(後) コイル, ウィッシュボーン, ロッカー
ホイールベース 2,720 mm (107.1 in)
エンジン アルファロメオ 890T, 1,496 cc (91.3 cu in), 90° V8, t/c, ミッドエンジン, 縦置き
トランスミッション アルファロメオ / ヒューランド 5/6速 マニュアル
重量 558 kg (1,230.2 lb)[2]
燃料 アジップ
タイヤ ミシュラン
主要成績
チーム マールボロ チーム・アルファロメオ
ドライバー 22. イタリアの旗 アンドレア・デ・チェザリス
23. イタリアの旗 マウロ・バルディ
コンストラクターズ
タイトル
0
ドライバーズタイトル 0
初戦 1983年ブラジルグランプリ
出走優勝ポールFラップ
15001
テンプレートを表示

アルファロメオ・183Tは、アルファロメオが開発したフォーミュラ1カーマールボロ チーム・アルファロメオ1983年に使用した。デザイナーはジェラール・ドゥカルージュマリオ・トレンティーノ。新たに設計されたフラットボトム車両で、1983年ブラジルグランプリでデビューした。ドライバーはアンドレア・デ・チェザリスマウロ・バルディ

183Tはアルファロメオ・890TV81.5リッターターボエンジンを搭載し、ミシュランタイヤを装着した。基本的に182の改良型であり、自然吸気エンジンに代えてV8ターボエンジンを搭載した物であった[3]

183Tはシーズンで18ポイントを獲得した。チェザリスは2位に2回入り、ベルギーではファステストラップを記録した[4]。レースでは予選3番手からスタートでトップに立つとそのまま快走したが、40周レースの27周目にインジェクションのトラブルでトップ走行中にリタイアした。

前作までのアルファロメオ製F1とは異なり、183Tはオートデルタによる設計では無かった。ユーロレーシングのチーフデザイナー、ジェラール・ドゥカルージュによる設計であった[5]。ユーロレーシングはアルファロメオ製エンジンを搭載したフォーミュラ3で成功を収めていた。

1984年にチームは183Tに代えてアルファロメオ・184Tを投入した。

F1における全成績[編集]

(key) (太字ポールポジション

チーム エンジン タイヤ ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 ポイント 順位
1983年 マールボロ チーム・アルファロメオ アルファロメオ 890T
V8 t/c
M BRA
ブラジルの旗
USW
アメリカ合衆国の旗
FRA
フランスの旗
SMR
サンマリノの旗
MON
モナコの旗
BEL
ベルギーの旗
DET
アメリカ合衆国の旗
CAN
カナダの旗
GBR
イギリスの旗
GER
ドイツの旗
AUT
オーストリアの旗
NED
オランダの旗
ITA
イタリアの旗
EUR
欧州連合の旗
RSA
南アフリカ共和国の旗
18 6位
デ・チェザリス DSQ Ret 12 Ret Ret Ret Ret Ret 8 2 Ret Ret Ret 4 2
バルディ Ret Ret Ret Ret 6 Ret 12 10 7 Ret Ret 5 Ret Ret Ret

参照[編集]

  1. ^ STATS F1 - Alfa Romeo 183T”. Statsf1.com. 2010年8月23日閲覧。
  2. ^ Alfa Romeo”. gaffersports.com. 2008年1月9日閲覧。
  3. ^ CONSTRUCTORS: ALFA ROMEO”. grandprix.com. 2007年4月26日閲覧。
  4. ^ Alfa Romeo 183T”. gpracing.net192.com. 2007年4月26日閲覧。
  5. ^ EuroBrun”. f1rejects.com. 2007年4月26日閲覧。