アルファロメオ・184T

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アルファロメオ・184T
アルファロメオ・184TB
エディ・チーバーのドライブする184T、1984年ダラスグランプリ
カテゴリー F1
コンストラクター アルファ・ロメオ
デザイナー マリオ・トレンティーノ
ルイジ・マルミローリ
先代 183T
後継 185T
主要諸元[1]
シャシー カーボンファイバー モノコック
サスペンション(前) コイル, ウィッシュボーン, プッシュロッド
サスペンション(後) コイル, ウィッシュボーン, プッシュロッド
トレッド 前: 1,810 mm (71 in)
後: 1,680 mm (66 in)
ホイールベース 2,720 mm (107.1 in)
エンジン アルファ・ロメオ 890T, 1,496 cc (91.3 cu in), 90° V8, t/c, ミッドエンジン, 縦置き
トランスミッション アルファロメオ / ヒューランド 6速 マニュアル
重量 550 kg (1,212.5 lb)[2]
燃料 アジップ
タイヤ グッドイヤー
主要成績
チーム ベネトン チーム・アルファロメオ
ドライバー 22. イタリアの旗 リカルド・パトレーゼ
23. アメリカ合衆国の旗 エディ・チーバー
コンストラクターズ
タイトル
0
ドライバーズタイトル 0
初戦 1984年ブラジルグランプリ
出走
回数
優勝
回数
ポール
ポジション
ファステスト
ラップ
25 0 0 0
テンプレートを表示

アルファロメオ・184Tは、アルファ・ロメオが開発したフォーミュラ1カー1984年1985年に使用された。184Tはマリオ・トレンティーノが設計した最初の車両であった[3]ベネトンがスポンサーとなり、車体は緑色にカラーリングされた。

184TはV81.5リッターターボエンジンを搭載し、10700回転で680 hp (507 kW)を発揮した[2]。1984年に11ポイントを獲得した。ベストリザルトは1984年イタリアグランプリでのリカルド・パトレーゼの3位入賞であった。チームメイトのエディ・チーバーは3位を走行していたものの、燃料切れで9位となった。184Tのリタイア理由の大半はエンジントラブルもしくは燃料切れであった。(1984年および85年のF1レギュレーションはターボ車の燃料を1レース当たり220リッターに制限していた。)

チームは1985年に184Tに変えて185Tを投入したが、185Tには競争力が無いことが判明し、再び184Tが使用された。1985年のレギュレーションに適合するように変更されたマシンは184TBと呼ばれた。

F1における全成績[編集]

(key) (太字ポールポジション

チーム エンジン タイヤ ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ポイント 順位
1984年 アルファ・ロメオ
184T
アルファ・ロメオ 890T
V8 t/c
G BRA RSA BEL SMR FRA MON CAN DET DAL GBR GER AUT NED ITA EUR POR 11 8位
リカルド・パトレーゼ Ret 4 Ret Ret Ret Ret Ret Ret Ret 12 Ret 10 Ret 3 6 8
エディ・チーバー 4 Ret Ret 7 Ret DNQ 11 Ret Ret Ret Ret Ret 13 9 Ret 17
1985年 アルファ・ロメオ
184TB
アルファ・ロメオ 890T
V8 t/c
G BRA POR SMR MON CAN DET FRA GBR GER AUT NED ITA BEL EUR RSA AUS 0 12位
リカルド・パトレーゼ Ret Ret Ret Ret Ret 9 Ret Ret
エディ・チーバー Ret Ret Ret Ret Ret Ret 11 Ret Ret

参照[編集]

  1. ^ Alfa Romeo 184T @ StatsF1”. Statsf1.com. 2012年2月20日閲覧。
  2. ^ a b Alfa Romeo”. gaffersports.com. 2008年3月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年8月5日閲覧。
  3. ^ PEOPLE: MARIO TOLENTINO”. grandprix.com. 2007年4月26日閲覧。