伊藤春香 (編集者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
はあちゅうから転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
伊藤 春香
(いとう はるか)
ペンネーム はあちゅう
誕生 (1986-01-22) 1986年1月22日(32歳)[1]
日本の旗 日本神奈川県川崎市[1]
職業 ブロガー作家
国籍 日本の旗 日本
ジャンル 著作家
デビュー作 『さきっちょ&はあちゅう恋の悪あが記Super edition』(2005年)
配偶者 しみけん (AV男優)
公式サイト はあちゅう オフィシャルブログ「旦那観察日記 ~AV男優との新婚生活~ (伊藤春香)公式ブログ
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

伊藤 春香(いとう はるか、1986年1月22日[1] - )は、ブロガー作家。自称:はあちゅう[2]神奈川県川崎市出身[1]慶應義塾大学法学部政治学科専攻卒業[1]。在学中に香港大学へ留学[3]内縁の夫はAV男優しみけん[4]

概要[編集]

川崎市立今井中学校出身、慶應義塾湘南藤沢高等部卒業、慶應義塾大学法学部政治学科に進学。大学在籍中にブログをはじめて、卒業旅行の際には企業からスポンサーを募り、タダで世界一周を実現したという。

2009年電通に入社し、コピーライターとして勤務したのち、2011年トレンダーズに転職。催眠術師資格を保有している[1]。2011年より同社にてドクターエステ・コスメ専門サイト「キレナビ」の編集長をしていた[5][6]が、2013年12月のサイブリッジ社へのキレナビ事業の売却[7]にてその後動画プロモーションサービス「Tubers Channel」担当ならびに「ウーメディアチャンネル」パートナー・マネージャーを務めた。2014年9月に退職後はフリーとして、執筆活動や講演活動を行っている。

2017年12月、電通時代の上司である岸勇希から長年のセクハラ・パワハラ被害を受けていたと告発した[8]。その一方で、伊藤は過去に性経験のない男性を侮蔑する発言[9]をしており、これがセクハラ行為にあたるとして、伊藤自身がセクハラ加害者であるとしてツイッターが炎上。一時は謝罪文を発表したが、後に撤回している[9][10]

2018年7月15日、自身のツイッターにてAV男優しみけんとの事実婚を報告[11]

なお、このことに関して爆笑問題太田光が自らのラジオ番組で「ろくでなし子と結婚してほしかったな、しみけんは。あとは、ぱいぱいでか美とか」と発言した内容に対して、「爆笑問題さんにとってわからないものは全部キワモノ枠だし、キワモノはキワモノ同士くっつけとけって思ってるんだな。人を見下してるよ」とツイッターで批判したが、ろくでなし子やぱいぱいでか美をキワモノ扱いしているとして炎上[12]。ぱいぱいでか美からも疑問を呈されるなどしたため釈明・該当のツイートを削除した[12]

活動[編集]

ライフスタイルプロデューサーの村上萌と有料オンラインサロン『ちゅうもえサロン』を一緒に立ち上げた[13]ほか、トレンダーズファウンダーの経沢香保子ともうひとつ有料サロン『ちゅうつねカレッジ』を運営している[14]

2015年より翌年3月まで、日本テレビ系列情報番組「スッキリ!!」のゲストコメンテーターで出演した[15][16]

人物[編集]

「はあちゅう」は2歳のときに自分でつけたあだ名。周りから「春ちゃん」と呼ばれていたのがよく聞きとれず、自分の名を「はあちゅう」だと思い込んだことがきっかけ[17]。大学生時代に「はあちゅう」名義で、中川早紀と一緒に2か月限定のブログ「さきっちょ&はあちゅうのクリスマスまでの悪あが記」[18]を立ち上げた。2歳の時からずっと作家になることが夢だった[19]。好きな作家は林真理子。「林さんの本を読んで生き延びてきた」と言うほどの大ファン[20]

著書[編集]

  • 『はあちゅうの 20代で「なりたい自分」になる77の方法(伊藤春香)』 PHP研究所2008年ISBN 978-4569703572
  • 『わたしは、なぜタダで70日間世界一周できたのか?(伊藤春香)』 ポプラ社2009年 のち幻冬舎文庫(「はあちゅう」名義)
  • 『アドガール 大手広告代理店新人日記(伊藤春香)』 主婦の友社2011年ISBN 978-4072770320
  • 『自分の強みをつくる (U25サバイバル・マニュアル)(伊藤春香)』 ディスカヴァー・トゥエンティワン2012年ISBN 978-4799312056
  • 『恋愛炎上主義。』 ポプラ社、2014年ISBN 978-4591140314
  • 『半径5メートルの野望』 講談社2015年 のち講談社文庫(完全版)
  • 『かわいくおごられて気持ちよくおごる方法』幻冬舎 2015
  • 『就活・転職でもやもやしたら読む本』ゴマブックス 2015
  • 『無所属女子の外交術』監著 KADOKAWA 2015
  • 『とにかくウツなOLの、人生を変える1か月』 KADOKAWA2016年ISBN 978-4041042274
  • 『疲れた日は頑張って生きた日 うつ姫のつぶやき日記』マガジンハウス 2016
  • 『真夜中にシュークリーム』毎日新聞出版 2016
  • 『言葉を使いこなして人生を変える』大和書房 2017
  • 『通りすがりのあなた』講談社 2017
  • 『「自分』を仕事にする生き方』幻冬舎 2017.12.20発売

共著[編集]

連載[編集]

  • 幻冬舎plus「東京いい店 やられる店」
  • AdverTimes「PRガール」
  • 毎日新聞「はあちゅうエッセー・東京ミーハーダイアリー」
  • 女性向け恋愛WEBマガジンAM「毒吐きはあちゅうのアラサー恋愛入門」
  • ゲスなことしか喋りません!【ゲスアワー】[21]

主な出演[編集]

テレビ[編集]

Web[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f 伊藤春香 (はあちゅう) : はあちゅう主義。
  2. ^ http://id.ndl.go.jp/auth/ndlna/01031561
  3. ^ [1]【ご報告】1年間留学します : はあちゅう主義。
  4. ^ 人気ブロガーはあちゅうがAV男優のしみけんと結婚を発表”. サンケイスポーツ (2018年7月15日). 2018年7月15日閲覧。
  5. ^ トレンダーズ『キレナビ』編集長・伊藤春香さんインタビュー”. 良活プロジェクト. マイナビ (2012年11月8日). 2014年6月12日閲覧。
  6. ^ 仲暁子私にあるのは、炎上能力だけです(笑) 「キレナビ」編集長 はあちゅうに聞く(下)」 2013年11月05日 東洋経済オンライン
  7. ^ 「キレナビ」事業の譲渡に関するお知らせ (PDF)”. トレンダーズ (2013年12月24日). 2014年6月12日閲覧。
  8. ^ “はあちゅうが著名クリエイターのセクハラとパワハラを証言 岸氏「謝罪します」”. BuzzFeed Japan. (2017年12月17日). https://www.buzzfeed.com/jp/takumiharimaya/hachu-metoo 2017年12月19日閲覧。 
  9. ^ a b はあちゅう童貞いじりを考える。「童貞」への愛もdisりも揶揄も、男性に一面的な「男らしさ」を押し付けていない?”. weezy (2017年12月27日). 2018年5月9日閲覧。
  10. ^ はあちゅう、「童貞いじり」謝罪を撤回 「よく考えたら、謝るようなことしてなかった」”. J-CASTニュース (2017年12月25日). 2018年5月9日閲覧。
  11. ^ はあちゅう、しみけんとの結婚を報告「お付き合いして4年、事実婚の手続きを取りました」”. デイリースポーツ (2018年7月15日). 2018年7月15日閲覧。
  12. ^ a b はあちゅうが爆笑問題の太田光に苦言 ネット上にははあちゅうへの批判の声が殺到”. niftyニュース (2018年7月25日). 2018年7月25日閲覧。
  13. ^ 伊藤春香 (2013年11月30日). “ちゅうもえサロン一周年&次回メンバー募集について。”. はあちゅう主義。. 2014年6月12日閲覧。
  14. ^ 伊藤春香 (2014年8月2日). “【告知】経沢さんと一緒にオンラインサロンを始めます。”. はあちゅう主義。. 2014年9月14日閲覧。
  15. ^ a b 上重聡アナ「スッキリ!!」のMCに!松坂投手との“誓い”明かす”. シネマトゥデイ (2015年3月6日). 2015年3月6日閲覧。
  16. ^ 「スッキリ!! を卒業しました」はあちゅうオフィシャルブログ
  17. ^ U25 「自分の強みのつくりかた」 はあちゅう(伊藤春香)さんインタビュー 2012/08/27
  18. ^ 伊藤春香(はあちゅう) 『自分の強みをつくる』 ディスカヴァー・トゥエンティワン、77頁
  19. ^ だっちゃん 「CAREAL 伊藤春香さん
  20. ^ Woman Type 伊藤春香(はあちゅう)のコンプレックスを救った林真理子さんの著書【特集:秋の「必読」推薦図書】 2012-10-19
  21. ^ http://logmi.jp/tag/%E3%82%B2%E3%82%B9%E3%82%A2%E3%83%AF%E3%83%BC/page/2

外部リンク[編集]