藤沢数希

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

藤沢 数希(ふじさわ かずき)は、日本の作家。詳細なプロフィールや顔写真を公開していない覆面作家である。

来歴[編集]

欧米の研究機関にて理論物理学、計算科学の分野で博士号を取得[1]。外資系投資銀行でマーケットの定量分析やトレーディングに従事した後[2]、作家として独立。

「恋愛工学」と題して恋愛の方法論をメルマガで執筆している。恋愛工学は「新手のナンパ術」だが昔の「牧歌的なナンパ術ではない」と週刊朝日で評された[3]

作品[編集]

  • 『なぜ投資のプロはサルに負けるのか? あるいは、お金持ちになれるたったひとつのクールなやり方』ダイヤモンド社、2006年
  • 『日本人がグローバル資本主義を生き抜くための経済学入門 もう代案はありません』ダイヤモンド社、2011年10月
  • 『「反原発」の不都合な真実』新潮新書、2012年02月
  • 『外資系金融の終わり 年収5000万円トレーダーの悩ましき日々』 ダイヤモンド社、2012年09月
  • ぼくは愛を証明しようと思う。幻冬舎、2015年06月
  • 『損する結婚 儲かる離婚』新潮新書、2017年02月

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 『日本人がグローバル資本主義を生き抜くための経済学入門』、著者プロフィール
  2. ^ 『外資系金融の終わり』、著者プロフィール
  3. ^ ぼくは愛を証明しようと思う。 藤沢数希著 週刊朝日、2015年9月11日号

外部リンク[編集]