牧村朝子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
まきむら あさこ
牧村 朝子
プロフィール
愛称 まきむぅ
生年月日 1987年6月24日
現年齢 30歳
出身地 日本の旗 日本神奈川県大和市
血液型 不明
公称サイズ(時期不明)
身長 / 体重 163 cm / kg
活動
ジャンル タレント
他の活動 /文筆家
事務所

フリーランス(2017年-)

株式会社オフィス彩(2010年-2017年)
モデル: テンプレート - カテゴリ

牧村 朝子(まきむら あさこ、1987年(昭和62年)6月24日 - )は、日本のタレント文筆家である。愛称は「まきむぅ」。神奈川県大和市出身。神奈川県立神奈川総合高等学校卒業。昭和音楽大学中退。国際基督教大学2年間在籍。東京外国語大学3年次編入、学費が支払えず除籍。[1]

来歴[編集]

2009年より、スタジオスマート他で撮影会モデルとして活動。2010年度ミス日本ファイナリスト選出を機に、オフィス彩に所属しタレントとしての活動を始める。オフィス彩代表の杉本彩から、「伝えたいことがあってこそ芸能をやる意義があるのよ」と言われ、感銘を受ける[2]

2012年1月、関西テレビ千原芸能社」に出演する際にレズビアンであることを公表した。以後、「日本初のレズビアンタレント」として同番組にレギュラー出演。2012年6月、フランス人女性とPACS契約を結び、活動の拠点をフランスへ移した後、フランスでの同性婚法制化を受けて、2013年9月21日にフランスの法律に基づいて結婚した[3]。2015年10月、日本でタレント・文筆家として活動していくため、パートナーとともに日本へ転居した[4]

2017年3月、オフィス彩より独立。また、““家”とか“戸籍”みたいなものから離れ、ただ、愛する人と、あらためて、個と個の関係を築いていこう」”[5]という「脱婚」を、パートナーとの連名で公表した。現在は日本在住。

人物[編集]

  • 将来の夢は「幸せそうな女の子カップルに“レズビアンって何?”って言われること」[6]
  • 涙もろい。『人生が変わる1分間の深イイ話』出演時には、ももいろクローバーZのライブDVDを視聴して感激し、「(彼女たちは昔から)全国の電気屋さんとか回って頑張ってきたんだよ」と涙して、パートナーに「ママかよ」とツッコまれている。その他、『スッキリ!!』『ハートネットTV』など、出演番組の多くで涙を見せている。
  • フランス語・英語・現代ギリシャ語を学び、現在は日本とフランスを行き来する生活を送っている[7]
  • ロシア人の血を1/8持つ混血でもある。
  • 絶対音感があり[8]、かつては楽器店の販売員をしていた[9]。『バンドル』出演時には、作詞作曲も担当した。
  • 芸名の「牧村」は、スタジオスマートに入った時にたまたま持っていた推理小説の刑事の名前からとっている[10]
  • 妻であるフランス人女性のモリガとは、東京のパーティで出会っている。[11]初めて交わした言葉は、「素敵ね」「ありがとう。一緒に踊る?」というものだったという。[12]また初めてのデートは、古民家園でとん汁を分け合うというものだった。[13]

主な芸歴[編集]

テレビ[編集]

雑誌・新聞[編集]

  • 週刊文春2017年1月26日号「この人のスケジュール表」
  • すばる2016年8月号 特集「LGBT――海の向こうから」インタビュー掲載
  • 週刊女性2015年5月27日号 特集「LGBT入門」
  • 季刊誌WWD JAPAN 2015年夏号LGBT特集
  • フランスのメディア「Jeanne Magazine」にて見開き3ページのインタビュー、日本の同性愛事情について紹介
  • 神奈川新聞2015年1月6日号/7日号にて、上下編インタビュー「私を生きる レズビアンのタレント・牧村朝子さん」連載
  • 「Tokyo Graffiti」2014年12月号特集「恋愛自由形」
  • 読売新聞国際版2014年10月7日号「人 世界が舞台」
  • 光文社「女性自身」2014年9月16日号特集「同性婚 自信と愛」
  • 韓国の週刊誌「ハンギョレ21」
  • 毎日小学生新聞2013年9月21日号「エンタメアワー おもしろインタビュー」
  • AERA 2012年9月10日号」インタビュー掲載
  • 「レズビアン&クィアカルチャーマガジンTokyo Wrestling」インタビュー掲載
  • フォトテクニックデジタル 2011年8月号
  • VIP STYLE 2012年3月号
  • スポーツニッポン 2010年1月19日号・22日号
  • 週刊アスキー 2012年4月23日発売号
  • AERA 2012年9月10日号

講演[編集]

イベント[編集]

  • NHK文化センター青山教室「男と女を超えて~性の多様性を考える~」講座担当
  • ゲンロンカフェ主催「東浩紀×牧村朝子 ≪名前のない性≫をイメージする――セクシャルマイノリティの現状からの思考」登壇
  • 星海社主催「杉本彩×牧村朝子 愛と自由~誰もが知る3組のカップルとその性愛について~」登壇
  • 吉祥寺パルコブックセンターにて「山崎ナオコーラ×小池みき&牧村朝子トークショー」登壇
  • 日本財団にて「LGBTといじめ」シンポジウム登壇(ストップいじめ!ナビ/ホワイトリボンキャンペーン共催)
  • 東京弁護士会主催シンポジウム「メディアとLGBT ホモネタって笑っていいの?」登壇
  • 「エスの文學世界~乙女派文筆家嶽本野ばら氏とふりかえる、百合咲きそめし頃~」司会
  • 「緊急開催!Save the Pride!」ステージ司会(於代々木公園野外ステージ)
  • ポートレート専科2011 モデル
  • Summer Sonic '09 サマソニガール

ラジオ[編集]

  • NHKラジオ第2「カルチャーラジオ 日曜カルチャー「男と女を超えて~性の多様性を考える~」」(2017年1月)
  • FMやまと「夕なびプラス!」木曜パーソナリティ(2016年4月-2017年3月)
  • FMやまと「朝ラジ☆ホッとスクランブル」ゲスト出演(2015年11月12日)
  • TBSラジオ荻上チキ・Session-22」ゲスト出演(2014年3月18日)

映画[編集]

  • 劇場公開映画「自縄自縛の私」
  • 劇場公開映画「IKARIDA」三上詠子役
  • 自主制作映画「午前三時、三人と一枚」主演・ミホ役
  • 自主制作映画「あゆみ」(早稲田ニューシネマワークショップ)亜紀役

舞台[編集]

  • 「エイト・ハンドレッド・ロング」絵理役

DVD[編集]

  • 「勝手CM」節電編

アプリ・電子書籍[編集]

  • iPhoneアプリ「面接官のホンネ!」就活生役
  • 電子書籍「さんぽガール 参宮橋編 牧村朝子さん」 撮影:小林幹幸
  • 電子書籍「トポロジー Side:A」逢沢さくら役
  • iPhone/Androidアプリ「美人天気」ポニーテール部モード
  • Amebaアプリ「東京ガールズスナップ」

WEB[編集]

  • 「ポニーテール部」モデル
  • 「カーセンサー.net」モデル
  • 「月刊モバイルアクトレス」モデル
  • 「フォトグラ」モデル
  • 「Tokyo Wrestling」インタビュー掲載
  • 「Ugaya Journalism school」インタビュー掲載
  • 「DJウーカルの水曜ウェンズデー」(ニコニコ生放送、提供:Z会)ゲスト出演

主な執筆歴[編集]

単著[編集]

共著[編集]

連載[編集]

寄稿[編集]

  • 母の友2017年2月号 特集「LGBT 自分の性をいきる!」童話「ロラウェイ・ロラ・リンクのおはなし」
  • ユリイカ2014年12月号「特集・百合文化の現在」エッセイ「百合レズ論争戦絵巻」
  • ELLE Japon 2014年5月号「ガールズ・ラブが気になる!女が女を愛する時」エッセイ「同性を愛するという選択」
  • 現代思想2015年10月号「特集・LGBT2015」エッセイ「拝啓 LGBTという概念さんへ」
  • WEBサイト「OKGuide」記事執筆、「ミス日本式美容法」ほか特集ページ企画

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 本人ツイッターより
  2. ^ http://www.2chopo.com/writer/detail?id=25
  3. ^ http://ameblo.jp/mmmasammm/entry-11639804184.html
  4. ^ http://yurikure.girlfriend.jp/yrkr/?p=945
  5. ^ 独立、脱婚、お引越しのごあいさつ【追記あり】|タレント・文筆家 牧村朝子(まきむぅ)オフィシャルサイト「ゆりくれ」http://yurikure.girlfriend.jp/yrkr/?p=1093
  6. ^ 「百合のリアル」著者プロフィールより
  7. ^ http://www.office-aya.co.jp/makimura.html
  8. ^ http://www.office-aya.co.jp/makimura.html
  9. ^ http://getnews.jp/archives/996400
  10. ^ http://ameblo.jp/mmmasammm/entry-10802424466.html
  11. ^ 同居人の美少女がレズビアンだった件。(イースト・プレス、2014年9月14日) ISBN 978-4781612492 著:小池みき
  12. ^ http://ameblo.jp/mmmasammm/entry-11354707222.html
  13. ^ レズビアンのタレント、牧村朝子さんと対談「日本とフランスのLGBT事情について」”. Yahoo!ニュース (2014年5月23日). 2015年10月19日閲覧。

外部リンク[編集]