しらたか (ミサイル艇)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
しらたか
JS Shirataka.jpg
基本情報
建造所 三菱重工業下関造船所
運用者  海上自衛隊
艦種 ミサイル艇
級名 はやぶさ型ミサイル艇
建造費 94億円
母港 佐世保
所属 佐世保地方隊佐世保警備隊
第3ミサイル艇隊
艦歴
計画 平成13年度計画
発注 2001年
起工 2002年10月4日
進水 2003年8月8日
就役 2004年3月24日
要目
排水量 基準 200トン
満載 240トン
全長 50.1m
最大幅 8.4m
深さ 4.2m
吃水 1.7m
機関 LM500-G07ガスタービンエンジン(5,400PS)× 3基
ウォータージェットポンプ × 3基
出力 16,200PS
速力 44ノット
乗員 21名
兵装 90式 SSM連装発射筒 × 2基
62口径76ミリ単装速射砲 × 1基
12.7mm単装機銃M2 × 2基
C4ISTAR MOFシステム
海軍戦術情報システム
(OYQ-8Cリンク 11)
レーダー OPS-18-3 対水上 × 1基
OPS-20 航海用 × 1基
81式射撃指揮装置2型-31C
探索装置・
その他装置
OAX-2 赤外線暗視装置
電子戦
対抗手段
NOLR-9 ESM
Mk.137 デコイ発射機 × 2基
テンプレートを表示

しらたかローマ字JS Shirataka, PG-829)は、海上自衛隊ミサイル艇はやぶさ型ミサイル艇の6番艇。艇名は「白鷹」に由来する。水雷艇白鷹」、敷設艦(急設網艦)「白鷹」に次いで日本の艦艇としては3代目である。

艦歴[編集]

「しらたか」は、平成13年度計画ミサイル艇829号艇として、三菱重工業下関造船所で2002年10月4日に起工され、2003年8月8日に進水、2004年3月24日に就役し、佐世保地方隊隷下の佐世保警備隊第3ミサイル艇隊に編入された。

2009年4月14日から4月27日長崎県平戸沖漁船転覆事故による行方不明者捜索に参加。

2015年8月29日午後9時半頃、中露合同軍事演習「海上連合2015(Ⅱ)」を終えて上対馬北東65kmを南西に航行するソブレメンヌイⅡ級ミサイル駆逐艦「泰州」と玉亭Ⅱ級揚陸艦「雲霧山」を発見、監視した。その後対馬海峡を南下して東シナ海に入っている。

2016年8月16日午後7時頃、上対馬北西15kmを北北東に航行する江凱Ⅱ型フリゲート「荊州」、「揚州」、福池型補給艦「千島湖」を発見、監視した。その後対馬海峡を北上している。

同年8月20日、上対馬南東50kmを航行する江凱Ⅱ型フリゲート「衡水」、旅洋Ⅱ型ミサイル駆逐艦「西安」、福池型補給艦「高郵湖」を発見、監視した。その後対馬海峡を南下した。

同年8月25日午後8時頃、上対馬東50kmを航行する江凱Ⅱ型フリゲート「荊州」、「揚州」、福池型補給艦「千島湖」を発見、監視した。その後対馬海峡を南下して東シナ海に入っている。

同年10月20日、上対馬北東100kmを南南西に航行するウダロイ級ミサイル駆逐艦「アドミラル・トリブツ」、ソブレメンヌイ級ミサイル駆逐艦「ビストリイ」、ボリス・チリキン級補給艦「ボリス・ブトマ」、イングル級曳船「アラタウ」を発見、監視した。その後対馬海峡を南下して日本海から東シナ海に入っている。

2017年1月12日午後6時頃、下対馬南西200kmを北に航行するウダロイ級ミサイル駆逐艦「アドミラル・トリブツ」、ボリス・チリキン級補給艦「ボリス・ブトマ」を発見、監視した。

2018年12月11日鹿児島南方海空域において海上保安庁と不審船対処に係る共同訓練を実施した。海保からは巡視船とから」、巡視船「かいもん」及び巡視船「たかちほ」が参加した[1]


脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 石橋孝夫『海上自衛隊全艦船 1952-2002』(並木書房、2002年)
  • 世界の艦船 海上自衛隊木造掃海艇建造史』(海人社、2010年)

関連項目[編集]