とから型巡視船

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
とから型巡視船
PM34.JPG
基本情報
艦種 350トン型PM
就役期間 2003年 - 現在
前級 あまみ型
次級 かとり型 (500トン型)
要目
総トン数 335トン
全長 56.0メートル (183.7 ft)
最大幅 8.5メートル (28 ft)
深さ 4.4メートル (14 ft)
主機 ディーゼルエンジン×3基
推進器 ウォータージェット推進器×3基
出力 15,000馬力
速力 35ノット以上[1]
兵装 JM61-RFS 20mm多銃身機銃×1門
搭載艇 6m型複合艇
FCS RFS (20mm機銃用)
レーダー 航海用×2基
光学機器 赤外線捜索監視装置 (RFS兼用)
遠隔監視採証装置
テンプレートを表示

とから型巡視船(とからがたじゅんしせん、英語: Tokara-class patrol vessel)は海上保安庁巡視船の船級。分類上はPM型(Patrol Vessel Medium)、公称船型は350トン型[2]

来歴[編集]

1999年能登半島沖不審船事件において、当時配備されていた海上保安庁の巡視船艇では、高速かつ重武装の北朝鮮工作船への対応が困難であることが明らかとなった。このことから海上保安庁は、遠隔操作型JM61 20mm多銃身機関砲による精密射撃能力と、30ノット以上の大速力を備えた、警備機能強化型の中・小型巡視船の整備を計画した。これによって開発された中型巡視船(PM)が本型である[2]

やはり能登半島沖不審船事件の影響で建造された高速特殊警備船が不審船対応任務に特化しているのに対し、本型は、東シナ海および九州北方海域において、外国漁船の監視や不法入国・薬物密輸の取り締まり、海難救助なども行えるよう[3]、汎用性を向上する一方で、船価低減も両立するよう要求された。結果として、高速特殊警備船をわずかに上回る程度の船価に収められている[4]。なお、平成20年度計画での船価は24.5億円であった[5]

設計[編集]

船尾側からの船影

設計にあたっては、180トン型PSおよび高速特殊警備船の設計を土台として検討がなされており、半滑走船型、フレームライン形状は角型とされている。前任のあまみ型と比して幅と上部構造を拡大しており、船首ブルワークを廃止しつつも優れた凌波性を実現している。また船質も、高張力鋼から軽合金に変更された[3]

主機関は高速ディーゼルエンジンとされており、合計出力は15,000馬力、3基のウォータージェット推進器を駆動する。これは高速特殊警備船と同じ主機出力であるが、より大型の船型で同等の速力を確保する必要から、船体重量の軽減を図っている。警備救難部管理課と装備技術部船舶課によって検討がなされ、3基のウォータージェットのうち中央軸の推力偏向装置を省くほか[2]、船殻や機関部、配線、備品類など、あらゆる部分について軽量化がなされた[4]。17番船「くなしり」就役の際の公式資料で、速力は35ノット以上とされており[1]京都新聞が「えちぜん」を取材した際の報道や毎日新聞社の報道でも、とから型の最大速力は「時速64キロメートル(35ノット)以上」とされている。

なお、中型巡視船としては初めて公称速力30ノットを越えたことから、高速航行時の振動は想定を超える過酷なものとなっており、船橋は縦揺れが比較的少ない船体中央部に配され、体のホールド性に優れたハイバックシートが採用されたほか、船体各所に応力の計測器を設置するなど、180トン型PSで得られたノウハウが反映されている[6]

主電源としてはディーゼル発電機2基を搭載しており、通常は1基のみを、出入港時には2基を駆動する。非常用電源としては、劣化判定装置付きのシール型(制御弁式)鉛蓄電池を2群を備えている[3]

装備[編集]

主武装としては、高速特殊警備船と同様、船首甲板にJM61-RFS 20mm多銃身機銃の単装マウントを備えている。これは操舵室上の赤外線捜索監視装置との連接によって目標追尾型遠隔操縦機能(RFS)を備えており、遠距離において精密な射撃を行なうことを可能としている。このRFS連接の遠隔操作型20mm機関砲システムは、一世代前の警備重視型巡視船であるあまみ型やびざん型みはし型にもバックフィットされており、本型の建造開始と同年に発生した九州南西海域工作船事件において、その威力を実証した[7]

操舵室上には、RFSの一部となる自動目標追尾・監視機能を備えた赤外線捜索監視装置のほか、遠隔監視採証装置も後日装備された。またマスト上にはレーダーのほか、船名判別暗視機能付き探照灯が装備されている。上部構造物前端部には遠隔操作式の高圧放水銃、操舵室側面には停船命令等表示装置(電光掲示板)を装備している。なお船尾甲板に設置された搭載艇揚降装置は、本型で初めて装備化されたもので、乗員が乗り込んでから数分で複合艇を発進させることができる[2]

同型船[編集]

平成22年度計画でも更に2隻の建造が計画されたが、これは実現しなかった[6]

計画年度 # 船名 竣工 所属 退役 備考
平成13年 PM21 とから 2003年3月12日 串木野第十管区
PM22 ふくえ 2003年3月12日 五島第七管区
平成14年 PM23 おいらせ 2004年3月18日 青森第二管区
平成18年 PM24 ふじ 2008年4月30日 御前崎第三管区
PM25 えちぜん 2008年4月30日 敦賀第八管区
PM26 きくち 2009年2月17日 門司(第七管区)
PM27 よしの 2009年3月26日 徳島第五管区
PM28 いすず 2009年3月26日 鳥羽第四管区
PM29 やまくに 2009年6月29日 大分(第七管区)
平成19年 PM30 かの 2009年12月16日 下田(第三管区)
PM31 あぶくま 2010年3月8日 福島(第二管区)
PM32 みなべ 2010年3月8日 田辺(第五管区)
平成20年 PM33 まつうら 2010年9月14日 唐津(第七管区)
PM34 ちくご 2010年12月1日 佐世保(第七管区)
PM35 くろせ
→ みやこ
2011年4月5日
2013年8月7日
第六管区
宮古島第十一管区
PM36 おきつ 2011年6月28日 清水(第三管区)
平成21年 PM37 くなしり 2012年2月20日 根室第一管区
PM38 おおみ 2012年5月31日 仙崎第七管区
PM39 おくしり 2013年3月29日 函館(第一管区)
PM40 なつい 2013年6月27日 福島(第二管区)

参考文献[編集]

  1. ^ a b 第一管区海上保安本部広報資料 平成24年1月25日 巡視船艇の就解役について
  2. ^ a b c d 「海上保安庁全船艇史」、『世界の艦船』第613号、海人社、2003年7月、 186頁、 NAID 40005855317
  3. ^ a b c 海上保安庁装備技術部/水路部/灯台部「海上保安庁の新型船艇と航空機 (特集・海上保安庁)」、『世界の艦船』第595号、海人社、2002年5月、 150-155頁、 NAID 40002156317
  4. ^ a b 坂本茂宏「創設50年から60年 そして70年に向けて (創設60周年を迎えた海上保安庁)」、『世界の艦船』第692号、海人社、2008年7月、 132-137頁、 NAID 40016073810
  5. ^ 海上保安庁 (2007年12月20日). “平成20年度 海上保安庁予算内示要旨 (PDF)”. 2015年10月26日閲覧。
  6. ^ a b 「警備救難業務用船 (海上保安庁船艇の全容)」、『世界の艦船』第800号、海人社、2014年7月、 NAID 40020105550
  7. ^ 中名生正己「巡視船 武装の歩み(下)」、『世界の艦船』第825号、海人社、2015年11月、 168-173頁、 NAID 40020597434

関連項目[編集]