清水海上保安部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

清水海上保安部(しみずかいじょうほあんぶ)とは、静岡県の駿河湾遠州灘沿岸を担任水域とする、海上保安庁海上保安部の一つである。 英語表記はShimizu Coast Guard Office。庁舎は静岡県静岡市清水区にある。

特徴[編集]

沿革[編集]

  • 1874年(明治7年)5月1日:御前埼灯台業務開始
  • 1897年(明治30年)5月1日:掛塚灯台業務開始
  • 1912年(明治45年)3月1日:清水灯台業務開始
  • 1948年(昭和23年)5月1日:海上保安庁発足。清水海上保安部設置(所属:名古屋海上保安本部)
  • 1950年(昭和25年)6月1日:第三管区海上保安本部(横浜)に編入
  • 1952年(昭和27年)2月28日:戸田灯台 初点灯
  • 1953年(昭和28年)8月1日:清水・御前埼・掛塚各灯台を各航路標識事務所に変更
  • 1957年(昭和32年)11月30日:大瀬崎灯台 初点灯
  • 1964年(昭和39年)4月21日:舞阪灯台 初点灯
  • 1966年(昭和41年)4月1日:御前崎海上保安署 設置
  • 1967年(昭和42年)2月1日:掛塚航路標識事務所を廃止し舞阪航路標識事務所設置
  • 1976年(昭和51年)2月27日:伊豆淡島灯台 初点灯
  • 1982年(昭和57年)4月6日:田子の浦分室 設置
  • 1988年(昭和63年)4月1日:舞阪航路標識事務所を廃止し清水航路標識事務所へ統合
  • 1994年(平成4年)3月24日:清水海上保安部巡視艇「ふじかぜ」就役
  • 2001年(平成11年)4月1日:清水及び御前埼航路標識事務所を統合し静岡航路標識事務所設置
  • 2007年(平成17年)4月1日:静岡航路標識事務所を廃止し、清水海上保安部に航行援助センター設置
  • 2009年(平成19年)4月1日:清水海上保安部航行援助センターを同保安部交通課へ改組
  • 2010年(平成20年)4月30日:御前崎海上保安署巡視船「ふじ」就役
  • 2011年(平成21年)11月30日:清水海上保安部巡視艇「みほかぜ」就役
  • 2013年(平成23年)6月28日:清水海上保安部巡視船「おきつ」就役

所在地[編集]

  • 清水海上保安部
静岡県静岡市清水区日出町9-1 清水港湾合同庁舎5階
  • 田子の浦分室
静岡県富士市鈴川町1-2 田子の浦港湾合同庁舎2階
  • 御前崎海上保安署
静岡県御前崎市港6170-2 御前崎港湾合同庁舎2階

組織[編集]

  • 部長
    • 次長
    • 管理課
    • 警備救難課
    • 交通課
    • 巡視船「おきつ」
    • 巡視艇「ふじかぜ」
    • 巡視艇「みほかぜ」
    • 田子の浦分室
    • 御前崎署
      • 次長
      • 巡視船「ふじ」

巡視船艇[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]