SHR (オペレーティングシステム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
SHR
開発元企業 / 開発者 SHR community
OSの系統 Unix系
開発状況 現行
ソースモデル FLOSS
使用できる言語 多言語
アップデート方式 opkg
パッケージ管理 opkg
対応プラットフォーム ARM
カーネル種別 モノリシック (Linux)
ユーザランド GNU
既定のユーザインタフェース Enlightenment's Illume 2
ライセンス メインはGNU GPL、加えて数種類の他のライセンス
ウェブサイト shr-project.org

SHR(過去名:Stable Hybrid Release)とはOpenEmbeddedFSOフレームワークをベースにしたコミュニティー主導型のスマートフォンLinuxディストリビューションである。いくつかの違ったグラフィカルツールキットがGTK+Qtで作成できる[1][2]

システム要件[編集]

現行の安定版ではないテストリリース版がOpenmoko開発のARMアーキテクチャ搭載のNeo 1973FreeRunnerに搭載されていて、現時点ではHTC DreamHTC HD2Nokia N900Palm Preに移植されている。

搭載ソフトウェア[編集]

以下のソフトウェアがデフォルトでプリインストールされている。

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]