Neo FreeRunner

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Neo FreeRunner
Freerunner02.png
製造元 FIC
種別 スマートフォン
発売日 2008年7月3日 (2008-7-3)
売上台数 10,000台[1]
対応メディア microSD, SDHC対応
Wolfson WM8753 Codec
OS Openmoko Linux, Qt Extended, Debian, Stable Hybrid Release,[2] Android, Gentoo(全てLinuxベース), Inferno
電源 4.4 Wh (1200 mAh @ 3.7V) バッテリー[3]
CPU Samsung S3C2442 SoC @ 400 MHz
メモリ 128 MB SDRAM
256 MB NAND フラッシュメモリ
ディスプレイ 2.8 in. VGA (480×640) TFT, 286 pixels/in.
入力装置 タッチスクリーン
ハードウェアボタン2つ
外部接続 GSM
Bluetooth 2.0
GPRS
AGPS
WiFi (802.11 b/g)
USB 1.1スレーブアンドホスト
2.5-mmオーディオジャック
サイズ 120.7 × 62 × 18.5 (mm)

Neo FreeRunner(開発コードネーム:GTA02)とはOpenMokoプロジェクトが開発しFICが製造したオープンソーススマートフォンである。最初に開発されたNeo 1973の後継機種として高いカスタマイズ需要に応えたものだった。

Neo FreeRunnerの出荷が始まったのは2008年6月24日で現在1台250ドルで販売されているが[4]、5台注文すると1台200ドルに値下げされる[5]。デバッグボードは99ドルである。

Neo FreeRunnerでは開発者向けリリースの携帯電話(Neo 1973)では搭載されなかった機能があり[6]802.11 b/g Wi-Fi、SMedia 3362 グラフィックアクセラレータ、2つの3D加速度計、Samsung 2442 SoC、256MBフラッシュメモリといった変更がなされた[6]

機能性[編集]

2008年8月現在のソフトウェアリビジョンはGSM携帯電話モジュールのみ確実に動作し、まだハードウェアには完全に機能するソフトウェアインターフェイスが無い。ソフトウェア開発はX11下のQtopiaGTKFSODebian間に分かれている[7]。またOpenmokoのメインディストリビューションもSHRとFDOM (Fat and Dirty Openmoko)に分かれている[8]。Openmokoが開発初期段階ソフトウェアの使用を望まないユーザーにしばしばQtopiaを推薦しておりFDOMは最新機能のテストや安定性を気にしない修正を求めるユーザーに需要がある。

またこの端末はInfernoを動作させることもでき[9]、さらに少なくとも二人の異なる開発者によってAndroidも動作できるようになった[10]

OpenWrtもNeo FreeRunnerに対応している[11]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Moss-Pultz, Sean (2009年1月3日). “Questions and Answers”. openmoko-community mailing list.. http://lists.openmoko.org/nabble.html#nabble-td2103754 2009年2月4日閲覧。 
  2. ^ SHR
  3. ^ Shiloh, Michael (2008年2月8日). “GTA02 Battery Capacity (Was: Re: More about the GTA02)”. openmoko-community mailing list.. http://lists.openmoko.org/pipermail/community/2008-February/013205.html 2008年2月21日閲覧。 
  4. ^ Mosher, Steven (2008年4月11日). “GFreeRunner Pricing and PVT update”. openmoko-community mailing list.. http://lists.openmoko.org/pipermail/community/2008-April/015080.html 2008年4月12日閲覧。 
  5. ^ GroupSales - Openmoko
  6. ^ a b Moss-Pultz, Sean (2007年6月28日). “New Oceans”. openmoko-announce mailing list.. http://lists.openmoko.org/pipermail/announce/2007-June/000014.html 2007年6月28日閲覧。 
  7. ^ Debian On the Openmoko Neo FreeRunner Phone, Slashdot article.
  8. ^ FDOM (Fat & Dirty OpenMoko)
  9. ^ inferno-openmoko
  10. ^ Android-on-Freerunner
  11. ^ OpenWrt on Freerunner

外部リンク[編集]