アラン・コックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Alan Cox
FOSS.IN英語版/2005におけるアラン
生誕 1968年7月22日(46歳)
イングランドの旗 イングランドソリフル
住居 ウェールズの旗 ウェールズスウォンジ
国籍 イギリスの旗 イギリス
別名 ac
職業 プログラマ
雇用者 インテル
著名な実績 Linuxカーネル
配偶者 テルサ・グウィン(Telsa Gwynne)

アラン・コックスAlan Cox1968年7月22日 イングランドソリフル - )は、イギリスコンピュータプログラマである。彼はLinuxカーネルバージョン2.2ブランチを以前メンテナンスしており、遡ること1991年頃からLinuxカーネル開発に大きく関与し続けている。彼は妻テルサ・グウィン(Telsa Gwynne)とともに、ウェールズスウォンジに住んでいる。

Linuxカーネル開発プロジェクトへの参加[編集]

コックスがスウォンジ大学英語版のキャンパスに勤めていた頃、彼は大学のコンピュータ・ソサイエティが管理するマシンの一つに、当時リリースされたばかりの初期のバージョンのLinuxをインストールした。この最初のLinuxのインストールにより、彼はLinuxのネットワークの応答性が悪いことに気づき、ネットワーク関連のコードに多くのバグを見つけた。コックスはこれら多くのバグを修正し、続いてネットワーク・サブシステムの多くを書きかえた。こうして彼はカーネル全体の開発・管理を担う主要人物の一人にまでなった。

数年後、彼はバージョン2.2ブランチを管理し、そして2.4ブランチの彼自身のバージョンを管理するようになった(このバージョンは彼の名前の頭文字からacという識別子を付けられている。例: 2.4.13-ac1)。この版はたいへん安定しており、また直接ベンダーのカーネルに受け入れられるほどのバグ修正が含まれていた。彼が経営学修士(MBA)を修めるためLinuxへの関与を減らすまで、かつて、彼は、俗にリーナス・トーバルズの"右腕"(Second in Command)と見なされていた[1]

2009年7月28日、コックスは、彼が今までメンテナンスしていたTTY・レイヤー・サブシステムに関し、トーバルズによる「退行バグ」(Regression bugs)批判[2]を受けた後、メンテナを辞退した[3][4](現在はグレッグ・クロー=ハートマンがメンテナを務めている)。

アランは1999年から2009年までLinuxディストリビュータのレッドハットに勤めていた[5]2011年時点では、彼はインテルにて勤務している。

彼は、またGNOMEX.Orgプロジェクトにも参加しており、彼がアベリストウィス大学英語版ウェールズ大学連合の一つ)の学生だった時に作成した、オープンソースMUDAberMUD英語版の主要開発者でもある。

鉄道模型[編集]

アラン・コックスは、鉄道模型Nゲージキットを製造する企業Etched Pixels社を運営している[6]。彼は、Ultima Model Engineeringの理事(Director)を務め、またYahoo Z_Scale、N gaugeグループのメンバーである。彼はいくつか小さいNゲージのレイアウトを持っている[7][8][9]

主義[編集]

アラン・コックスは、プログラミングの自由に対する熱烈な支持者である。同時に、ソフトウェア特許デジタルミレニアム著作権法(Digital Millennium Copyright Act; DMCA)そしてConsumer Broadband and Digital Television Promotion Act英語版(CBDTPA)に対しては、遠慮なき反対者である。彼はこれら法を施行した米国への抗議のため、USENIXのサブグループを辞退し、DMCA違反でドミトリー・スクリャロフが逮捕された後、同じように収監されないように、彼は米国を訪問しない旨述べている。

2007年1月、彼は、"RMS"、即ちRights Management Systems(権利管理システム)という名の一連の特許を出願した[10]。彼によると、これはデジタル著作権管理(Digital Rights Management; DRM)に対する特許である。コックスの以前の雇用先であるレッドハットは、(マーク・ウェビンクとコックス自身が草稿を作成した文書[11]の中で、)フリーソフトウェアプロジェクトに対する特許行使を阻止するためのものであると主張している[12]

コックスはまた、イギリスのITシンクタンクFoundation for Information Policy Research英語版、ならびにイギリスのデジタル著作権に関するNPOOpen Rights Groupのアドバイザーも務めている[13]

受賞歴[編集]

コックスはブリュッセルで開催されたFOSDEMにて、フリーソフトウェア財団より、2003年Award for the Advancement of Free Softwareを受賞した[14]

2005年10月5日、コックスはロンドンLinuxWorld(現在はOpenSource World)授賞式にて、功労賞(Lifetime Achievement Award)を受賞した[15]

脚注[編集]

  1. ^ Jeremy Andrews (2003年8月20日). “Linux: Alan Cox To Take One Year Sabbatical”. KernelTrap英語版. 2012年5月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年2月19日閲覧。
  2. ^ Linus Torvalds (2009年7月28日). “LKML: Linus Torvalds: Re: [PATCH] kdesu broken”. lkml.org. 2011年2月19日閲覧。
  3. ^ Alan Cox (2009年7月28日). “LKML: Alan Cox: Re: [PATCH] kdesu broken”. lkml.org. 2011年2月19日閲覧。
  4. ^ Linux: Alan Cox Quits As Linux TTY Maintainer — "I've Had Enough"”. スラッシュドット (2009年7月29日). 2011年2月19日閲覧。
  5. ^ Sander Marechal (2008年12月23日). “Alan Cox: Moving on from Red Hat”. LXer. 2011年2月19日閲覧。
  6. ^ Etched Pixels: N scale etched models and details”. 2009年7月29日閲覧。
  7. ^ Alan's Index (HTML)”. zeniv.linux.org.uk. 2009年8月22日閲覧。
  8. ^ LLanast (a Welsh piano-line plank)”. www.rmweb.co.uk. 2009年8月22日閲覧。
  9. ^ Aeonian Hills”. www.rmweb.co.uk. 2009年8月22日閲覧。
  10. ^ Alan Cox - Patents & Inventors, bibliographic references”. www.freshpatents.com. 2010年2月20日閲覧。
  11. ^ Webbink, Mark (Interviewee) (2007年11月8日) (Ogg Theora). Mark Webbink On: The Patent Promise. Red Hat Magazine.. http://truthhappens.redhat.com/2007/11/05/mark-webbink-on-the-patent-promise/ 2007年12月23日閲覧。 
  12. ^ Statement of Position and Our Promise on Software Patents”. Red Hat. 2007年8月23日閲覧。
  13. ^ Advisory”. Open Rights Group. 2011年2月20日閲覧。
  14. ^ 2003 Award For the Advancement of Free Software”. Free Software Foundation. 2007年8月23日閲覧。
  15. ^ Matt Loney (2005年10月6日). “Linux pioneer wins lifetime achievement award”. ZDNet UK. http://www.zdnet.co.uk/news/application-development/2005/10/06/linux-pioneer-wins-lifetime-achievement-award-39226539/ 

外部リンク[編集]