Familiar Linux

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Familiar Linux
OSの系統 Linux
ソースモデル オープンソース, フリーソフトウェア
最新安定版リリース v0.8.4 / 2006年8月
カーネル種別 モノリシック, Linuxカーネル
既定のUI OPIE, GPE
ウェブサイト http://familiar.handhelds.org/

Familiar LinuxiPAQなどの携帯情報端末 (PDA) 向けのLinuxディストリビューションの1つで、それら機器が使っている Windows CE を置き換えることを意図していた。グラフィカルユーザインタフェースとしてはOPIEGPE Palmtop Environment が利用できる。Familiar Linux は完全なオペレーティングシステムであり、多数のアプリケーションが動作する。

歴史[編集]

2000年5月、コンパックでプログラマとしてカーネルを担当していた Alexander Guy が完全なLinuxディストリビューションを構築し、最初のバージョン (v0.1) としてリリースした。このディストリビューションは非常に軽量にパッケージ化されており、PythonXFree86、アンチエイリアス化フォントなどを含み、Blackboxウィンドウマネージャを使用していた。Carl Worth が ipkg と呼んだ新たなパッケージングシステムを使っており(Debiandpkgに似ている)、ユーザーアプリケーションのインストールやアンインストールを可能にしていた。

その後のリリースはコンパックチームが構築してきたものを超えていったため、彼らはディストリビューション作成をやめることを決定し、Familiar は新たなリファレンスとしてそのまま残すことにした。

最近のリリース[編集]

リリース日 リリース番号[1]
2006年8月 v0.8.4

関連項目[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ News! the Familiar Project

外部リンク[編集]