飯塚健

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
いいづかけん
飯塚 健
生年月日 1979年1月10日(35歳)
出生地 日本の旗 日本群馬県
ジャンル 映画監督脚本家
配偶者 井上和香
主な作品
映画

彩恋 SAI-REN
荒川アンダー ザ ブリッジ THE MOVIE
風俗行ったら人生変わったwww
『大人ドロップ』
テレビドラマ
荒川アンダー ザ ブリッジ
イロドリヒムラ
放課後グルーヴ
演劇
『FUNNY BUNNY 鳥獣と寂寞の空』

飯塚 健(いいづか けん、1979年1月10日 - )は日本の映画監督脚本家演出家小説家である。

来歴[編集]

石垣島オールロケによって撮影された初監督・脚本作、映画『Summer Nude』は2003年に劇場公開された。

その後、映像作品のみならず、シティボーイズきたろうに誘われたのを機に舞台作品の作&演出も手掛ける。

2012年5月13日に女優の井上和香と入籍。

作品リスト[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

  • 「ファミリーボーン」(2003年・恵比寿エコー劇場 主演・きたろう 演出・脚本・映像監督)
  • 「FUNNY BUNNY」(2007年・新宿SPACE107 演出・脚本)
  • 「燃え尽きる寸前の光」(2008年・シアターVアカサカ 演出・脚本・映像監督)
  • 「オアシスと砂漠」(2009年・青山劇場 脚本)  
  • 「ファンタジア」(2009年・新宿シアターモリエール 演出・脚本・映像監督)
  • 「FUNNY BUNNY 鳥獣と寂寞の空」[10][11](2012年・青山円形劇場 演出・脚本)

テレビドラマ[編集]

第1、2、3、5、6、7、8 (episode 22 のみ)、9、10話 監督・脚本・編集
第 1、2、3 話 監督・共同脚本・編集
第 4、5 話 脚本協力

ケータイ・ネット配信ドラマ[編集]

テレビアニメ[編集]

著書[編集]

連載[編集]

  • コラム「飯塚健の日々散々」

テレビ朝日auによるモバイルサイト「auヘッドライン」エンタメMOVIEコーナーにて、2012年7月より現在も週一連載中。毎週水曜更新)

2014年7/30の更新で、連載第100回を突破。

MV[編集]

CM[編集]

音楽との関係性[編集]

飯塚作品では、既成楽曲を使用する演出が多々見受けられる。

海外では珍しい手法ではないが、日本映画でこの手法を用いるのはあまりない。

使用実例
  • 映画「Summer Nude」
THE BLUE HEARTS 「テトラポットの上」,「歩く花」
THE HIGH-LOWS 「夏の朝にキャッチボールを」,「ハスキー(欲望という名の戦車)」,「千年メダル」,「日曜日よりの使者」
  • 映画「放郷物語 THROES OUT MY HOMETOWN」
矢野真紀 「夜曲」,「薄暮の街」
  • 映画「彩恋 SAI-REN」
フラワーカンパニーズ 「青い春」
HiGE 「Acoustic」
くるり 「ばらの花」
SINGER SONGER 「Home」,「初花凛々」
ohana 「ヒライテル」
スキップカウズ 「赤い手」
GOING UNDER GROUND 「サンキュー」
  • 映画「荒川アンダー ザ ブリッジ」
ザ50回転ズ 「涙のスターダスト・トレイン」(主題歌として書き下ろされた)
  • TBSドラマNEO「イロドリヒムラ」第2話 Thunderbird
サンボマスター 「できっこないを やらなくちゃ」
アナログフィッシュ 「PARADOX」
  • TBSドラマNEO「放課後グルーヴ」
第1話 まずは主役の紹介を チャットモンチー 「きらきらひかれ」
第2話 春風ドライブ ザ50回転ズ 「I can not be a good boy」
第3話 ラストダンスに花束を 電気グルーヴ 「N.O.」
第5話 Hot-Dog Expresss(後編) JUDY AND MARY 「BLUE TEARS」 ユニコーン 「すばらしい日々」 
第6話 気流メソッド YUKI 「ふがいないや」
第7話 夕方ループ 真心ブラザーズ 「ループスライダー」
第8話 サニー YO-KING 「ずっと穴を掘り続けている」 アナログフィッシュ 「Sayonara 90's」
第10話 時速1700キロの片隅で サンボマスター 「愛とは 愛とは」 レベッカ 「フレンズ」
スガシカオ 「コノユビトマレ」 YUKI 「ふがいないや」 
  • 映画「風俗行ったら人生変わったwww」
アナログフィッシュ 「公平なWorld」[33][34]
  • 映画「大人ドロップ」
奥田民生 「息子」 (黒猫チェルシーによるカバー)[35]
  • 関西テレビ・フジテレビ ドラマ「GTO」
第2話 THE YELLOW MONKEY 「バラ色の日々」[36]

  

脚注[編集]

  1. ^ ウェブマガジンCONTRAST 飯塚健 ロングインタビュー
  2. ^ シネマトゥデイ 満島真之介、『風俗行ったら人生変わったwww』で映画初主演!ヒロインの風俗嬢に佐々木希
  3. ^ 映画.COM 人気沸騰中の実力派・池松壮亮「大人ドロップ」に主演!ヒロインは橋本愛
  4. ^ マイナビニュース 『大人ドロップ』伊豆で特別トレイン運行! 場面カットと共にロケ地を案内
  5. ^ テレビドガッチ 池松壮亮、橋本愛、小林涼子、前野朋哉が登壇『大人ドロップ』完成披露舞台あいさつ
  6. ^ Cinema Cafe 橋本愛、オタク男子に共感? 小学生時代の『マトリックス』ごっこ告白
  7. ^ Cinema Tribune 一日駅長・池松壮亮&ミス伊豆急・橋本愛、『大人ドロップ』ロケ地で凱旋イベント
  8. ^ Qetic 浅野いにお、映画『大人ドロップ』を絶賛! 初日舞台挨拶も決定
  9. ^ ウェブマガジンCONTRAST 飯塚健×小林涼子 大人になるということ
  10. ^ CINRA.NET 映画『荒川UB』の飯塚健監督が舞台で青山円形劇場進出、サスペンス劇『FUNNY BUNNY』
  11. ^ Walker plus 「宝箱みたい!」小林涼子が“荒川UB”飯塚健の新作で3年ぶりの舞台
  12. ^ ウェブマガジンCONTRAST 日村勇紀(バナナマン)×飯塚健 対談
  13. ^ テレビドガッチ 『イロドリヒムラ』第2話は女優・酒井若菜、監督・飯塚健でカッコイイ日村が登場!
  14. ^ ウェブマガジンCONTRAST TBSドラマNEO「放課後グルーヴ」現場リポート
  15. ^ exciteニュース 「人生、Jポップのように甘くないよ」深夜ドラマ「放課後グルーヴ」が勝手過ぎてやばい
  16. ^ テレビドガッチ 「荒川UB」飯塚健監督の最新作『放課後グルーヴ』主演女優が語る魅力とは?【高梨臨インタビューNo.2】
  17. ^ ニコニコニュース 「探せば結構、希望はあるよ」『放課後グルーヴ』で青春が踊り出す
  18. ^ テレビドガッチ AKIRA主演『GTO』新シリーズ演出が飯塚健監督に決定!
  19. ^ modelpressEXILE・AKIRA主演「GTO」、新ヒロインが決定 30cmのヘアカットでイメージ一新
  20. ^ 映画.com AKIRA「GTO」続編に際し、学生時代の恩師に感謝!
  21. ^ Cinema Factory 第30弾LISMOドラマ『REPLAY & DESTROY』クランクイン!
  22. ^ シネマトゥデイ 山田孝之&林遣都W主演ドラマ「REPLAY&DESTROY」製作決定!大学時代からの友人役で“荒川”コンビが再タッグ!!
  23. ^ Cinema Cafe net 山田孝之、監督に媚びを売る? 「また仕事がもらえるかも」と不敵な笑み
  24. ^ +act 飯塚健インタビュー
  25. ^ ガジェット通信 あのコの部屋をのぞいてみたい……その願望、叶えましょう!(BeeTVが)
  26. ^ BARKS LOVE LOVE LOVE、新進気鋭の鬼才クリエーター飯塚健とコラボ
  27. ^ mFound LOVE LOVE LOVE 深夜テレビドラマ「深夜食堂2」の主題歌で話題沸騰!
  28. ^ CINRA.NET ザ50回転ズ×飯塚健監督 対談「こんなときこそバカバカしいものを」
  29. ^ BARKS 真野恵里菜、新曲「Song for the DATE」ミュージックビデオは、「飯塚 監督がとってくださったのもあって、ひとつの作品」
  30. ^ BARKS Not yet、新作「ヒリヒリの花」MV解禁
  31. ^ EMTG MUSIC OKAMOTO’S、最新アルバムのリード曲がポッキーコラボCMに決定!
  32. ^ ナタリー NICO×飯塚健監督「天地ガエシ」PVでリベンジストーリー
  33. ^ Ro69 アナログフィッシュの楽曲が映画『風俗行ったら人生変わったwww』の挿入歌に決定
  34. ^ ナタリー アナログフィッシュ楽曲、風俗嬢に恋する童貞映画挿入歌に
  35. ^ BARKS 黒猫チェルシー、4月発売のベストアルバムに映画『大人ドロップ』主題歌や挿入歌の奥田民生カバー収録
  36. ^ 映画.com AKIRA、ドラマ「GTO」第2話で弟分・佐野玲於の頑張りに思わず涙

関連項目[編集]

外部リンク[編集]