出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

みぞれ)とは、が混ざって降る気象現象である。

概要[編集]

地上の気温が0℃以上でかつ上空1500mで-6℃以上-3℃未満のときにとして降ってくることが多い。雨が雪に変わるときや、その逆のときによく見られる。 は気象観測の分類上は雪と同じ扱いとして記録される。 ※例えば、雪より先にが初めて降ったときは、それが初雪となる。 ※ちなみに、雨が凍ったり雪が一部溶けて再び凍ったりするなどしてできた(あられ)が降ることがあるが、霰が降っているときは、雨と雪が降っていても天気記録は霰(あられ)となる。

1977年2月17日に久米島気象庁沖縄気象台久米島測候所)でを観測しており、これは沖縄県で史上唯一となる公式の雪の記録である。

天気記号[編集]

国際式天気図の天気記号では、

  • 23.前1時間内に、驟雨性でない霙または凍雨
  • 26.前1時間内に、驟雪または驟雨性の霙
  • 68.弱い霙または霧雨と、雪の混合
  • 69.並または強い霙または霧雨と、雪の混合
  • 83.弱い驟雨性の霙
  • 84.並または強い驟雨性の霙
  • 87.弱い雪霰または氷霰(雨か霙を伴ってもよい)
  • 88.並または強い雪霰または氷霰(雨か霙を伴ってもよい)
  • 89.弱い雹で、雷鳴はない(雨か霙を伴ってもよい)
  • 90.強い雹で、雷鳴はない(雨か霙を伴ってもよい)
  • 93.観測時に弱い雪、霙、雪霰、氷霰、雹(前1時間に雷電があったが観測時にない)
  • 94.観測時に並または強い雪、霙、雪霰、氷霰、雹(前1時間に雷電があったが観測時にない)
  • 95.弱または並の雷電で、雨、雪、霙を伴う
  • 97.強い雷電で、雨、雪、霙を伴う

の14種類が霙を表す。

日本式天気図における霙の天気記号は、上半分が雪、下半分が雨の記号を足し合わせたものになっている。

霙の天気記号(日本式)

派生語[編集]

  • かき氷に氷蜜をかけたものを「みぞれ」という。
  • 大根おろしの異称を「みぞれ」という。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]