プンチャック・ジャヤ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
プンチャック・ジャヤ
Puncakjaya.jpg
山頂付近
標高 4,884[1] m
所在地 インドネシアの旗 インドネシアパプア州
位置 南緯4度05分 東経137度11分座標: 南緯4度05分 東経137度11分
山系 スディルマン山脈
初登頂 ハインリッヒ・ハラー、1962年
プンチャック・ジャヤの位置(西パプア内)
プンチャック・ジャヤ
プンチャック・ジャヤ
プンチャック・ジャヤの位置(西パプア
プンチャック・ジャヤの位置(インドネシア内)
プンチャック・ジャヤ
プンチャック・ジャヤ
プンチャック・ジャヤの位置(インドネシア
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

プンチャック・ジャヤインドネシア語: Puncak Jaya)はニューギニア島最高峰であり、オーストラリア・ニューギニア大陸およびオセアニアの最高峰でもある。ジャヤ峰カルステンツ山Mount Carstensz)、カルステンツ・ピラミッドCarstensz Pyramid)と呼ばれることもある。ヒマラヤアンデスの間にある最高地点であり、島における世界最高峰である。ニューギニア島の西半分を占めるインドネシアパプア州スディルマン山脈に位置し、同国の最高峰である。

歴史[編集]

1623年の珍しく晴れ渡った日にこの山の氷河を最初に目撃したオランダの探検家ヤン・カルステンツォーンにちなんで、カルステンツ・ピラミッドと呼ばれていた(赤道近くで雪を見たと言ったことで、彼はヨーロッパで嘲弄されることになる)。この名前は登山家の間で今でも使われている。1909年にオランダの探検家ヘンドリク・ロレンツがプンチャック・ジャヤの雪原に達したが、初登頂は1962年にオーストリアの登山家ハインリッヒ・ハラーと3人の友人(テンプレ、キパックス、フイゼンガ)が達成した。

1960年代にインドネシアが州を支配下に置いた時に、インドネシア初代大統領スカルノにちなんで'Puntjak Soekarno'(Puncak Sukaruno、スカルノ峰)と改名され、後にプンチャック・ジャヤに変更された。Puncakは峰・山を意味し、Jayaは「勝利」や「偉大な」といった意味を持つ。1960年代以来、インドネシア軍と現地住民の間で衝突が続いている。[要出典]

入山[編集]

悪化している現地情勢のため、インドネシア政府は1995年11月より一般人の入山を規制した[2]。入山には政府の許可が必要であるが、現時点では許可を得るのは容易ではない[3]。入山許可の取得には通常数ヶ月かかる[4]

氷河[編集]

プンチャック・ジャヤの山頂に氷はないが、斜面にはカルステンツ氷河、メレン氷河(2000年に消滅)、ノースウォール・フィルンなどの氷河が存在する。赤道に位置するため、年間を通じて平均気温の偏差は少なく(0.5℃程度)、氷河の季節変動もわずかである。しかしながらこの稀な赤道直下の氷河の範囲を歴史的な資料に基づいて分析したところ、1850年代から大きく後退していることが分かり、1850年から1972年にかけて100年あたり約0.6℃の地域的な気温上昇を示唆している。

マオケ山脈のトリコラ峰(Puncak Trikora)の氷河は1939年から1962年の間に完全に消滅した。[5]1970年代以来、人工衛星からの画像はプンチャック・ジャヤの氷河が急速に後退していることを示している。メレン氷河は1994年から2000年の間に消失した。[6]

1936年の氷冠。1972年の画像も参照のこと。

登山[編集]

プンチャック・ジャヤは七大陸最高峰の二つの主要なリストの中で最も難しい山の一つである。リストの中では最も高い技術が必要とされているが、体力的には最も困難というわけではない。標準的なルートは北面を上がり峰に沿って登るルートで、表面はすべて岩である。大きな鉱山があるにもかかわらず、ハイカーや一般人がこの地域に近づくのは容易ではなく、空港がある最も近い町ティミカからベースキャンプまで、100kmの道のりを通常4・5日かけて歩く必要がある。[要出典]

参照[編集]

  1. ^ 標高は5,030mと書かれることもあるが、現在の高解像度レーダーのデータはSeven Summitsの著者による4,884mがより正確であることを示している。
  2. ^ What It Costs To Climb The Carstensz Pyramid、2011年6月20日閲覧。
  3. ^ Seven Summits Page”. 2007年4月15日閲覧。
  4. ^ What It Costs To Climb The Carstensz Pyramid、2011年6月20日閲覧。
  5. ^ Ian Allison and James A. Peterson (2000年4月28日). “Glaciers of Irian Jaya, Indonesia and New Zealand”. U.S. Geological Survey, U.S.Department of the Interior. 2007年1月3日閲覧。
  6. ^ Joni L. Kincaid and Andrew G. Klein (2004年). “Retreat of the Irian Jaya Glaciers from 2000 to 2002 as Measured from IKONOS Satellite Images (pdf)”. 61st Eastern Snow Conference Portland, Maine, USA 2004. 2007年1月3日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]