天山山脈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
天山山脈
Tien shan sat.jpg
宇宙から見た天山山脈
所在地 中華人民共和国の旗 中国
キルギスの旗 キルギス
カザフスタンの旗 カザフスタン
最高峰 ポベーダ山 (7,439m)
テンプレートを表示
世界遺産 新疆天山
中華人民共和国
新疆天山
新疆天山
英名 Xinjiang Tianshan
仏名 Tianshan au Xinjiang
面積 606,833 ha
登録区分 自然遺産
登録基準 (7), (9)
登録年 2013年
公式サイト ユネスコ本部(英語)
使用方法表示

天山山脈(てんざん/テンシャン-さんみゃく、中国語簡体字天山山脉拼音: Tiānshān Shānmàiティエンシャン・シャンマイ)は中央アジアタクラマカン砂漠の北及び西のカザフスタンキルギス中国の国境地帯にある山脈

ウイグル語名は天の山を意味するテンリ・タグتەڭرىتاغ Tengri tagh)といい、漢名はこれに由来する。

南はパミール高原に繋がる。最高峰はポベーダ山(7,439 m)で、中国とキルギスの国境にあり、キルギスの最高峰でもある。2番目に高いのはハン・テングリ(7,010 m)でカザフスタンとキルギスの国境にある。トルガルト峠(3,752 m)がキルギスと新疆ウイグル自治区の境界に位置している。天山山脈を源流とする主な河川はシルダリヤ川タリム川

世界遺産[編集]

2013年、6月21日にカンボジアプノンペンで開催されていた世界遺産委員会にて、中華人民共和国の答申を受けてUNESCO世界遺産に登録された。これにはキルギスとの国境の山、ポベーダ山も含まれる。

登録基準[編集]

世界遺産委員会でも勧告がそのまま受け入れられたので、この世界遺産は世界遺産登録基準における以下の基準を満たしたと見なされ、登録がなされた(以下の基準は世界遺産センター公表の登録基準からの翻訳、引用である)。

  • (7) ひときわすぐれた自然美及び美的な重要性をもつ最高の自然現象または地域を含むもの。
  • (9) 陸上、淡水、沿岸および海洋生態系と動植物群集の進化と発達において進行しつつある重要な生態学的、生物学的プロセスを示す顕著な見本であるもの。

外部リンク[編集]

Central-Asia-map.PNG この項目「天山山脈」は、中央アジアに関連した書きかけ項目です。記事を加筆・訂正してくださる協力者を求めていますPortal:アジア / Portal:地理学 / ウィキプロジェクト アジア
カザフスタン ウズベキスタン タジキスタン トルクメニスタン キルギス