アルチン山脈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アルチン山脈(あるちんさんみゃく、阿爾金山脈)はアルトゥン山脈(Altyn-Tagh)とも呼ばれ、中国タリム盆地新疆ウイグル自治区)とツァイダム盆地青海省)との境となる山脈である。この山脈の東は祁連山脈へ、西は崑崙山脈へ続いている。 [1]

西部・中部・東部の三つの山系に分けられ、西部の最高峰はスラムターグ山(6,295m)、中部の最高峰は6,065mで無名、東部の最高峰は山脈名と同じアルチン山(5,798m)である。[2]

参照項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 阿爾金山脈(百度百科) (中国語)
  2. ^ アルトゥン山脈 (ケータイ辞書JLogos)