崑崙山脈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

崑崙山脈(こんろんさんみゃく、クンルンシャンマイ、簡体字 昆仑山脉 拼音: Kūnlún Shānmàiチベット語 ཁུ་ན)とは中央アジア地域にある約3000kmに及ぶ大山脈で、標高6000m以上の高山が、200峰以上連なっている。チベットの北部、中国の西部にあたる。

パミール高原に接する中国西部の国境を南に伸び、それから東に曲がり、チベットチベット自治区青海省)の北の境界になっている。また、麓のタリム盆地南端をはしる「西域南道」には、崑崙山脈の氷河を水源とする内陸河川・カレーズに灌漑されたオアシス都市群(ホータンヤルカンドなど)が連なっている。

著名な山はコングール山(公格爾山7,649m)、ムズターグ・アタ山(慕士塔格山7,546m)、青蔵鉄道からその氷河もよく見える玉珠峰(6,178m)などがある。

探検記[編集]