氷雨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

氷雨(ひさめ)は、空から降ってくる氷の粒のこと。あるいは、冬季に降る冷たいのこと。気象学で定義された用語ではない。

気象学では、氷の粒の直径が5mm以上のものを(ひょう)、5mm未満のものを(あられ)と呼ぶ。

なお、氷雨は季語でもある。