カラコルム山脈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Karakoram Nasa.JPG

カラコルム山脈(カラコルムさんみゃく)は、パキスタンインド中国の国境付近に横たわる山脈である。アジアの大きな山塊の一部として広義のヒマラヤ山脈の一部であるが、狭義のヒマラヤ山脈とは独立した山脈である。氷河の多くが瓦礫に覆われている。カラコルムとはトルコ語で「黒い砂利」という意味である。

カラコルム山脈には世界第2位のK2を筆頭に60座以上の標高7000m以上の山が存在している。これらは主にパキスタンの北方地区パキスタン名: ギルギット・バルティスタン州)に集中している。山脈の長さは500kmに亘り、極地を除けば世界最大の氷河地帯もある。70kmのシアチェン氷河と63kmのビアフォ氷河は、極地を除けば世界で2・3番目に長い氷河である(最長はタジキスタンフェドチェンコ氷河(77km)である)。

カラコルム山脈は、北東部でチベット高原に接し、北にはアフガニスタンタジキスタンの国境がある。他にパミール高原にも囲まれている。北西部はヒンドゥークシュ山脈につながっている。南部は、インダス川ギルギット川英語版ショーク川英語版といった川によってヒマラヤ山脈との境界が作られている。

標高が高く起伏に富む地形のため、カラコルム山脈は人が住むのに余り適していない。ヨーロッパの探検家が最初にこの地を訪れたのは19世紀初頭だったが、その後イギリスの測量士が現地入りしたのは1856年だった。

マスタフ峠英語版1887年フランシス・ヤングハズバンド大佐の遠征で横断された。また、フンザ川英語版上流の谷は1892年ジョージ・コクリル英語版によって探検された。その後1910年代から1920年代にかけての探索によって、この地域の地理の大部分が判明している。

地学的な重要性[編集]

カラコルム山脈とヒマラヤ山脈は、地球科学においていくつかの意味で重要である。まず、これらの山脈は2つの大陸の衝突によってできたものであり、これはプレートテクトニクスを研究する上で重要である。氷河は、気温や降水量の長期的な変化によって長さが変動するため、気候変動の観測にも利用できる可能性がある。

4000万年以上前にこの山脈ができた時に、この地域を中心として大規模な気候の変化が訪れた可能性も指摘されている。大量の岩石が二酸化炭素と反応して風解することにより、大気中の温室効果ガスが減少して氷河期の引き金になった可能性がある。

主な高峰[編集]

カラコルム山脈内の主な高峰はパキスタン北部にある。主な山には以下のようなものがある。

多くの高峰がラダックバルティスターンに集中している。バルティスターンには海抜6000mを越える山が100座以上存在する。

主な峠[編集]

カラコルム峠

関連項目[編集]