岐阜県立斐太高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
岐阜県立斐太高等学校
Hida high schoolP1020568.JPG
国公私立の別 公立学校
設置者 岐阜県
学区 飛騨学区
校訓 切磋琢磨、確乎不抜
設立年月日 1886年
創立記念日 6月1日
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
設置学科 普通科(7学級)
高校コード 21159B
所在地 506-0807
岐阜県高山市三福寺町736
北緯36度9分25.9秒東経137度15分29.2秒
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

岐阜県立斐太高等学校(ぎふけんりつ ひだこうとうがっこう)は、岐阜県高山市に所在する県立高等学校である。

概要[編集]

1886年明治19年)5月17日開校。通称は斐高(ひこう)。「斐太」とは万葉集飛騨国を意味することから。

校訓[編集]

切磋琢磨
詩経の国風・衛風に収められる詩「淇奧」の一節「有斐君子 如切如磋 如琢如磨」より。「斐」の字からの連想であるとされる。当校の同窓会組織である「有斐会」の名称も、当時漢文の担当であった山本秀雄がここから引用して命名している。
確乎不抜
易経・乾・文言 第二節より。

校章[編集]

校章である蜻蛉章(せいれいしょう)は当時図画科の担当であった田島稲三によって考案された。大町桂月幸田露伴に高く評価されたと伝えられている。

制服[編集]

男子は伝統的な詰襟の学生服、女子はセーラー服である。

校歌[編集]

制定は1908年(明治41年)で、岐阜県下でも古くから残っている校歌である。生徒が流行歌を歌わないように、というのが校歌の誕生したきっかけである。作詞は当時の国語教師、今村勝一。作曲は楠美恩三郎。歌詞は乗鞍岳宮川などの風景を織り込みながら学校の校訓などを歌っており、学校名が全く入っていない。そのため、旧制中学から新制高校に変わってからも、変わらずに歌い継がれている。

沿革[編集]

  • 1886年 高山中学創立、斐太学校と改称。
  • 1888年 岐阜県斐太尋常中学と改称。
  • 1899年 岐阜県斐太中学校と改称、校章制定。
  • 1908年 校歌制定。
  • 1948年 通信教育部が併設される。新制高校に昇格し岐阜県立斐太高等学校と改称。
  • 1986年 創立100周年。
  • 2003年 飛騨地区初のセンター試験会場に指定される。
  • 2005年 通信制課程を岐阜県立飛騨高山高等学校へ移管。

学校行事[編集]

  • 遠足修学旅行 - 1年生と3年生は遠足が、2年生時には修学旅行が行われる。修学旅行は九州や沖縄へ行くことが多い。
  • 蜻蛉祭(あきつさい)- 斐太高校の文化祭は蜻蛉祭と呼ばれ6月に行われる。各クラスによるステージ・展示発表のほか、文化系部活動による発表も行われる。一般公開はない。

   尚、「蜻蛉祭」と呼ばれるようになったのは、1992年度の文化祭からである。

  • 体育祭 - 9月に行われる。赤団・青団・黄団に分かれて競技が行われる。
  • 蜻蛉の森(あきつのもり) - 文化系部活動による発表会・展示会で3月下旬に行われる。高山市民文化会館にて一般公開される。2000年以降に行事化されたものであり歴史は浅く、それまでは吹奏楽部や演劇部など一部の文化系部活動による定期的な公演がそれぞれ個別に行われていた。
  • 白線流し - 卒業式と同時に行われる別離の行事。卒業生が旅立つ前に友情を誓うという意味合いも持つ。川を挟んで校舎側に在校生が、対岸に卒業生が校舎に向かって立ち行事が行われる。男子の学帽の白線と女子のセーラー服のネクタイを結んで「白線」をなし、学校の前を流れる大八賀川で歌を歌いながら川面に「流す」のである。

部活動[編集]

弓道部や陸上競技部・バスケットボール部・科学部・吹奏楽部・写真部などを中心に文武をとわず活躍する部活動が多い。 特に弓道部はインターハイや選抜大会への出場経験もある。

  • 運動系
    • 陸上競技部
    • サッカー部
    • ハンドボール部
    • ソフトテニス部
    • バスケットボール部
    • バレーボール部
    • バドミントン部
    • 卓球部
    • 柔道部
    • 剣道部
    • 弓道部
    • 硬式野球部
  • 文化系
    • 科学部
    • 天文部
    • 美術部
    • 茶道部
    • 華道部
    • 文芸部
    • インターアクト部
    • 吹奏楽部
    • 演劇部
    • 放送部
    • 書道部
    • 写真部
    • 軽音楽部

交通機関[編集]

周辺環境[編集]

  • 校舎の北側には裏山が隣接する。この裏山にはニホンカモシカが生息しており、まれに観察することができる。
  • さらに、この裏山には古墳時代末期に成立したものと思われる杉ケ洞古墳(横穴)が現存する。
  • 校門前の大八賀川に架かる合崎橋は2012年11月1日2014年2月28日に架替工事が行われ、一般公募で決定された高欄デザインの中には当校の校章があしらわれている。

著名な出身者[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]