小林星蘭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
こばやし せいらん
小林 星蘭
本名 小林星蘭
生年月日 2004年9月25日(10歳)
出生地 日本の旗 日本東京都
血液型 A型
職業 子役
ジャンル テレビドラマCM
活動期間 2009年 -
主な作品
夏の恋は虹色に輝く(ドラマ)
カルピス カルピス物語編 (CM)

小林 星蘭(こばやし せいらん、2004年9月25日 - )は、日本の子役タレント

テアトルアカデミー(劇団コスモス)所属。

略歴[編集]

人物[編集]

  • 2014年6月時点、身長120cm、体重19kg、靴のサイズ19.0cm。
  • ピンクが好きである。長所、短所は共に負けず嫌いな所である。
  • 2009年(平成21年)に放送されたカルピスCMで注目を集め[2]、それ以降、様々なドラマや映画に起用されるようになった。カルピスのオーディションを受ける前は、お茶と水と牛乳しか飲まなかった。
  • 新小学1年生から出演者を募ったNTT東日本のCM「春のお祝い電報・入学篇」(2011年)に起用された際は表情が印象に残りやすいことと、女優としての風格を感じさせる点が評価されている[2]。なお、リアリティをコンセプトとしているこのCMでは、母親との共演も果たしている。

出演[編集]

役名の太字は主演作品。

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

ケータイドラマ[編集]

舞台[編集]

テレビアニメ[編集]

バラエティ[編集]

  • 雑学家族(2012年4月28日 - 2013年3月23日、テレビ朝日) - 長女 役[7]

CM[編集]

広告[編集]

  • 名古屋市健康福祉局 「国民健康保険特定健康診査等実施率向上キャンペーン」イメージキャラクター(2012年)[21]
  • 内閣府 「平成25年秋の全国交通安全運動」(2013年)

PV[編集]

作品[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “小林 星蘭&谷 花音 新ユニット結成!歌手デビュー!!” (プレスリリース), テアトルアカデミー, (2012年7月2日), http://www.theatre.co.jp/news/1394.html 2013年1月6日閲覧。 
  2. ^ a b 「リアリティのその先にたどり着いた映像 NTT東日本/春のお祝い電報」、『CM NOW』第150号、玄光社、2011年4月、 pp.90-91。
  3. ^ “北乃きい : 浅田真央に「勇気をありがとう」 NHKドラマ「八日目の蝉」”. まんたんウェブ. (2010年2月26日). http://mantan-web.jp/2010/02/26/20100226mog00m200034000c.html 2012年3月17日閲覧。 
  4. ^ “ブラックボード〜時代と戦った教師たち〜”. http://www.tbs.co.jp/blackboard/cast/ 2012年2月25日閲覧。 
  5. ^ 第4回沖縄国際映画祭作品 第4回沖縄国際映画祭作品紹介ページ
  6. ^ EPISODE18”. 『スペース☆ダンディ』公式サイト. 2014年8月1日閲覧。
  7. ^ ““ミスター雑学”伊集院光、菊池桃子と夫婦役にドキドキ”. ORICON STYLE. (2012年4月13日). http://www.oricon.co.jp/news/movie/2010148/full/ 2012年4月29日閲覧。 
  8. ^ 北海道限定CM。
  9. ^ 四国 / 中国地方限定CM。
  10. ^ 一部地域限定CM。
  11. ^ 米久御殿場高原あらびきポークCMプレスリリース(2011年10月24日)
  12. ^ 米久御殿場高原あらびきポークCMプレスリリース(2012年3月29日)
  13. ^ エイチ・アイ・エスのハワイは、ホエールウォッチングが無料〜小林星蘭さんはじめての着ぐるみにCM挑戦〜(2012年11月1日)
  14. ^ 日本生命セ・パ交流戦公式サイト
  15. ^ 新テレビCM「子供お医者さん」篇 放映をお知らせします。
  16. ^ 新テレビCM「自由研究」篇 放映についてお知らせします。
  17. ^ デイリースポーツニュース BABYDOLL(2012年9月21日)
  18. ^ コージィコーポレーショントピックス(2012年9月21日)
  19. ^ “修造パパ”星蘭ちゃんに感動、サプライズの誕生日ケーキに驚く。excite.ニュース(2012年11月1日)
  20. ^ “何が何でも行きたいワン♪”BARGAIN NAMBAWAN
  21. ^ 小林星蘭' 名古屋市健康福祉局ニュースリリース(2012年5月28日)
  22. ^ “Kiroro・玉城、初ソロ曲など熱唱”. サンケイスポーツ. (2011年10月20日). http://www.sanspo.com/geino/news/111020/gnj1110200503018-n1.htm 2012年4月3日閲覧。 

外部リンク[編集]