小山田真

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
小山田 真
こやまだ しん
小山田 真こやまだ しん
駐日アメリカ大使館主催「アメリカンドリームを追いかけて」
本名 小山田 真
氏族:小山田氏(こやまだし)
生年月日 1982年3月10日(32歳)
出生地 日本の旗 日本岡山県岡山市
民族 日本人
血液型 A
ジャンル 俳優映画テレビ映画
活動期間 2002年 - 現在
主な作品
ラストサムライ
コンスタレーション』(2006年)
カンフー・プリンセス・ウェンディー・ウー』(2006年)
希望の大地』(2007年)
ディズニー・チャンネル ゲームズ』(2008年)
国民文化祭』(2010年)
『妖怪キング』(2014年)
『リボーン』(2014年)

小山田 真(こやまだ しん、1982年3月10日 - )は、日本ハリウッド俳優プロデューサー京都国際観光大使岡山県国際観光親善大使南カリフォルニア日米協会特別大使米国非営利公益法人KOYAMADA FOUNDATION」理事長[1]。「日本コヤマダ国際機構」理事長[2]米国株式会社「SHINCA HOLDINGS」代表。ミスインターナショナル世界大会審査員。

代表作はハリウッド映画ラストサムライ」で、準主人公・信忠役を演じ、ハリウッドディズニー・チャンネル・オリジナル・ムービーカンフー・プリンセス・ウェンディー・ウー」とハリウッドテレビドラマ「妖怪キング」で主演を演じる。

来歴[編集]

- 2000年 渡米前[編集]

岡山県岡山市出身。岡山市立三門小学校5年時に、陸上競技に興味を持ち岡山市ジュニア陸上クラブの入会審査に合格する。鹿児島出身の父親のハリウッド香港アクション映画好きな影響を受ける。岡山市立石井中学校時にハリウッドでアクション俳優になる事を決心する。中学2年生時に、オーストラリアクイーンズランド州のロッチュデール高等学校へ1ヶ月短期留学、ホームステイする。英語が全く上達しないなか、アクション俳優になるため高校時代には器械体操を始めキャプテンとして県大会に出場する。また日本空手道を始め黒帯を取得する。

2000年 - 2002年 渡米後デビューまで[編集]

岡山県立岡山一宮高等学校卒業後、2000年6月11日に日本での俳優経験が全くないままハリウッドでの成功を夢見て、大学進学を勧める両親の反対を押し切り全く何もつてがなく、英語を話せないまま単身渡米[3]。同年にカリフォルニア大学リバーサイド校の集中英語プログラム終了。その後、ロサンゼルス・シティー・カレッジ入学し、舞台演技を学ぶ。在学中に様々な学生映画やコマーシャルに出演し経験を積む。また、ロサンゼルスの中国武術北少林和拳館に入会し少林拳で全米優勝している。

2001年に発売された浜崎あゆみのシングル「Dearest」のミュージックビデオに唯一日本人カメラマンとして出演し、撮影の合間現場で本人と交流している。2002年に各国の映画祭で出展、受賞された短編コメディー映画「ニンジャ・ペイズ・ハーフ・マイ・レント」で準主演・黒忍者役に抜擢された。台詞はないが、コメディーな忍者を演じた。

2003年 - 2005年 ハリウッド俳優デビューと世界進出[編集]

留学在学中にネットで募集していたトム・クルーズ主演映画「ラスト・サムライ」のオーディションロサンゼルスで受ける。流鏑馬弓道の達人である準主役の若侍「信忠役」(渡辺謙の息子役)の座を約100万人の中から得る。それまでハリウッドではプロの俳優としての経歴がないにも関わらず最初のオーディションでは演技力を認められ抜擢される。その後、映画プロデューサー達は武術で全米優勝していたことも知らされる。撮影期間中、流鏑馬と弓道の特訓を日本、アメリカ、ニュージーランドで行う。これが2003年12月に世界配給されハリウッド映画デビュー作となった。大学は休学することとなった。

その後2004年に、バンクーバーで全編撮影され世界放送されたハリウッドのアクションテレビドラマジェイク2.0」のゲスト主演のシンジ・マキト役として抜擢される。日本から派遣されたスパイ捜査官の役を演じた。このドラマのレギューラー出演する事になっていたが、リアリティ番組の視聴率が上がりドラマがキャンセルされた。

プロデューサーとして活動を開始するため「株式会社SHINCA PRODUCTIONS」(シンカ社)設立する。アメリカトーク番組「ニア・ライト・ショー」を企画、製作する。

2006年 - 2009年 映画初主演とディズニードラマ[編集]

2006年、全世界で大ヒットしたディズニー・チャンネル・オリジナル・ムービーの実写版アクション映画 「カンフー・プリンセス・ウェンディー・ウー」で主演のシェン役に抜擢される。これが米ディズニーチャンネル作品では日本人初主演となる。[4]ブレンダ・ソングと共演。アメリカで高視聴率を獲得し、イギリスヨーロッパ日本アジアの当局では歴代最高視聴率を獲得しブレイクする。また、これが初めての米ディズニーチャンネルが制作、配給するアクション映画となった。セリフはすべて英語で、北京語もすこし使用されている。撮影は、ニュージーランドオークランドで行われている。

同年にアメリカで劇場公開されたジョン・ウォーカー・パールマン監督のドラマ劇場映画「コンスタレーション」に準主役・ヨシト役に抜擢にされ、ゾーイ・サルダナヒル・ハーパービリー・ディー・ウィリアムズらと共演する。アラバマ州ハンツビルで撮影とワールドプレミアーが行われている。

同年に国内では全国放送されたTBS系列『ワイン大国を夢見た男達~侍達のワインロード~』(全16回)の案内人役として出演する。[5]1年間かけて日本フランスエジプトで撮影された。

2007年に天草四郎の父親の話を題材にしたアクションドラマ映画「希望の大地」で主演の天草四郎父親の益田甚平役に抜擢される。プロデューサーも初兼任する。撮影はすべてロサンゼルス近辺で行われる。アメリカでは限定劇場公開されている。

ディズニー・チャンネルで活躍中のスターたちによる夢の共演とよばれる米ドラマシリーズ「2006 ディズニー・チャンネル ゲームズ」でマイリー・サイラスザック・エフロンディラン&コール・スプラウスアシュレイ・ティスデイルらとレギューラーに抜擢される。「2007 ディズニー・チャンネル ゲームズ」と「2008 ディズニー・チャンネル ゲームズ」は、世界各国のディズニー・チャンネル スター達がフロリダ州オーランドウォルト・ディズニー・ワールドに集結し、初回の共演者に続きジョナス・ブラザーズセレーナ・ゴメスらと共演している。ドラマシリーズのプロモーションのため、日本国内に設置されたディズニー・チャンネル・ジャパンのテレビ番組ディズニー・パラダイス、ディズニーの専用雑誌や番組コマーシャルにも数多く出演している。

エンターテインメント分野の事業拡大を目指すためシンカ社は、「SHINCA ENTERTAINMENT社」を設立する。ハリウッド映画「ダーティ・ダンシング」などを作曲した作曲家エリック・ブリング氏とシンカ社は、音楽合弁会社「METER ON MUSIC社」を設立する。シングル『Movin' On』(ムービン・オン)をデジタル・ダウンロード リリースする。

2010年 - 2014年 舞台とドラマ初主演[編集]

2010年10月に皇太子殿下がご臨席された文化庁岡山県主催『第25回国民文化祭・おかやま2010』(別名『あっ晴れ!おかやま国文祭2010』)のオープニング・フェスティバル舞台「愛の雫」の主演・青年マキビ役に抜擢される。[6]NHKで全国放送。

2010年にDCコミックの「ワンダーウーマン」、「フリーダム・ファイターズ」などで知られるハリウッドで有名なコミックイラストレーターのトラベス・モアー氏とシンカ社は、アメリカンコミックス制作会社「LAIZEN COMICS社」を設立する。2011年ライゼン・コミックス社は、アメコミ「ドリームホッパーズ」を企画制作し、全米に出版配給する。[7]

2012年に米国のCLAUDIA HALLOWELL ENTERTAINMENT社とシンカ社は、インターネット放送局「SPIRIT SHOW NETWORK社」を共同設立する。同局が企画制作した特別番組「スピリット・ミュージック」「スピリット・アート」「スピリット・アース」「スピリット・ラブ」「スピリット・ファッション」は、ロサンゼルスのローカルテレビで放送されSPIRIT SHOW NETWORK局でネット世界配信された。

2014年に沖縄を舞台にした全編沖縄ロケの日米合作アクションテレビドラマ妖怪キング」の主演・イッペイ役に抜擢される。同年、宮本武蔵が2188年を舞台に登場するPlayStationロールプレイングゲーム「リボーン」で日本語版の主役・宮本武蔵役の声に抜擢され、プロデューサーアクション監督も兼任。アクションテレビドラマ「ハート・オブ・ザ・ドラゴン」の主演・ジョン・ワタナベ役に抜擢。

アメリカでは、株式会社AFFIRMATIVE ENTERTAINMENT、日本ではケイセブン中村屋に所属。

篤志家として[編集]

武術家として[編集]

出演作品[編集]

ハリウッド[編集]

映画

題名 役名 制作、配給会社 その他
2013 ハート・オブ・ザ・ドラゴン ジョン・ワタナベ役(主演) シンカ・ピクチャーズ
2007 希望の大地 益田甚平役(主演) シンカ・ピクチャーズ 限定劇場
2006 カンフー・プリンセス・ウェンディー・ウー シェン役(主演) ディズニー・チャンネル 世界配給
2005 コンスタレーション ヨシト役(準主演) 20世紀フォックス 限定劇場
2003 ラストサムライ 信忠役(準主演) ワーナーブラザーズ 世界配給
2002 ニンジャ・ペイズ・ハーフ・マイ・レント 黒忍者役(準主演) オイルファクトリー 各国映画祭出展作

テレビ番組

題名 役名 制作、配給会社 その他
2014 妖怪キング イッペイ役(主演) OES
2008 ディズニー・チャンネル ゲームズ 日本代表 ディズニーチャンネル 世界配給
2007 ディズニー・チャンネル ゲームズ 日本代表 ディズニー・チャンネル 世界配給
2006 ディズニー・チャンネル ゲームズ アメリカ代表 ディズニー・チャンネル 世界配給
2004 デニス・ミラー・ショー ゲスト出演 CNBC
ジェイク 2.0 シンジ・マキト役 UPN 世界配給
2002 パワーレンジャー・ワイルドフォース エージェント ディズニー・チャンネル 各国映画祭出展作

ビデオゲーム

題名 役名 制作、配給会社
2014 リボーン 宮本武蔵(主演)  エレメンタル・ラブ、シンカ・ゲームズ、ソニー

アメコミ

題名 役名 制作、配給会社
2010 ザ・ドリームホッパーズ レン・マツオ ライゼン・コミックス

舞台

題名 役名 制作、配給会社 その他
2001 コリオレイナス ゲスト ジョナサン シェイクスピア

CM

題名 制作、配給会社
2001 J.C.ペニー J.C.ペニー
ディズニーランド ウォルト・ディズニー
アップルコンピューター アップル

日本国内[編集]

テレビ番組

題名 役名 制作、配給会社 その他
2010 愛の雫 青年マキビ(主演) NHK文化庁岡山県
2008 ディズニー・チャンネル ゲームズ 日本代表 ディズニー・チャンネル 世界配給
2007 ディズニー・チャンネル ゲームズ 日本代表 ディズニー・チャンネル 世界配給
2006 ディズニー・チャンネル ゲームズ アメリカ代表 ディズニー・チャンネル 世界配給
ディズニー・パラダイス ゲスト出演 ディズニー・チャンネル共同テレビジョン
ズームイン!!SUPER ゲスト出演 日本テレビ

ドキュメンタリー

題名 制作、配給会社
2006 そこに夢があった KDDI山陽放送
ワイン大国を夢見た男達 TBS山陽放送
2005 ドリーマー 山陽放送
2004 映画3大大陸の旅 NHK

CM

題名 制作、配給会社 その他
2010 「あっ晴れ!おかやま国文祭 ウェブ用」篇 電通岡山県 2010年2月21日~2011年
「あっ晴れ!おかやま国文祭 TV用(1)」篇 電通岡山県 2010年3月10日~2011年
「あっ晴れ!おかやま国文祭 TV用(2)」篇 電通岡山県 2010年7月22日~2011年
「あっ晴れ!おかやま国文祭 TV用(3)」篇 電通岡山県 2010年10月9日~2011年

ラジオ

題名 役名 制作、配給会社
2010 Fresh Morning OKAYAMA ゲスト出演 OKAYAMA FM
お茶の間MOMO時間 ゲスト出演 岡山シティエフエム
ごごラジViViッと! ゲスト出演 山陽放送ラジオ
2008 スイッチ音♪TIME ゲスト出演 宮崎放送ラジオ

舞台

題名 役名 制作、配給会社 その他
2010 愛の雫 青年マキビ(主演) 電通文化庁岡山県 2010年10月30日

吹き替え

題名 役名 制作、配給会社 その他
2008 ディズニー・チャンネル ゲームズ 2008 日本代表(本人) ウォルト・ディズニー・ジャパン 本人による吹き替え
2007 ディズニー・チャンネル ゲームズ 2007 日本代表(本人) ウォルト・ディズニー・ジャパン 本人による吹き替え
2006 カンフー・プリンセス・ウェンディー・ウー シェン(主演)本人 ウォルト・ディズニー・ジャパン 本人による吹き替え
ディズニー・チャンネル ゲームズ 2006 日本代表(本人) ウォルト・ディズニー・ジャパン 本人による吹き替え

プロデュース作品[編集]

ハリウッド[編集]

映画

シンカ・ピクチャーズ制作

題名 役職 配給会社
2013 ハート・オブ・ザ・ドラゴン プロデューサー
2007 希望の大地 プロデューサー エンドランス・プロダクション

テレビ番組

シンカ・テレビジョン制作

題名 役職 配給会社
2013 スピリット・アース エグゼクティブ・プロデューサー  スピリット・ショー・ネットワーク
スピリット・ラブ エグゼクティブ・プロデューサー  スピリット・ショー・ネットワーク
スピリット・ミュージック エグゼクティブ・プロデューサー  スピリット・ショー・ネットワーク
スピリット・アート エグゼクティブ・プロデューサー  スピリット・ショー・ネットワーク
スピリット・ファッション エグゼクティブ・プロデューサー  スピリット・ショー・ネットワーク
2006 ニア・ライト・ショー エグゼクティブ・プロデューサー

アメコミ

シンカ・コミックス制作

題名 役職 出版社
2014 ザ・ボーテックス・アドベンチャー 漫画原作エグゼクティブ・プロデューサー
2010 ザ・ドリームホッパーズ 漫画原作エグゼクティブ・プロデューサー ライゼン・コミックス

ビデオゲーム

シンカ・ゲームズ制作

題名 役職 配給会社
2014 リボーン エグゼクティブ・プロデューサー  エレメンタル・ラボス、ソニー

ミュージック

シンカ・ミュージック制作

題名 役職 出版社
2009  ムービー・オン エグゼクティブ・プロデューサー ミーター・オン・ミュージック

主な所属団体[編集]

称号と賞[編集]

称号[編集]

[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]