地鶏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
地鶏の代表格、名古屋コーチン

地鶏(じどり)とは、日本農林規格 (JAS) に記載されている、在来種由来の血液百分率が50%以上の国産銘柄の総称。

概要[編集]

在来種純系によるもの、または在来種を素びなの生産の両親か片親に使ったものである。飼育期間が80日以上であり、28日令以降は平飼いで1m²当たり10羽以下で飼育しなければならない。

平飼いとは、鶏舎内、又は屋外において、鶏が床面(地面)を自由に運動できるようにして飼育する方法。

農林物資の規格化及び品質表示の適正化に関する法律」(いわゆるJAS法)の規定は全業者への強制力があるわけではなく、地鶏は地面で育てた鶏、もしくは地元の鶏などの意味だと主張されることもある[1]が、JAS法の定義を満たさない鶏の加工品を地鶏として売ることは「不当景品類及び不当表示防止法」(いわゆる景品表示法)違反の恐れがある。


地鶏の種類[編集]

出典:国産銘柄鶏ガイドブック2007:2012


日本農林規格に記載されている在来種[編集]

明治時代までに国内で成立し、又は導入され定着した品種。これらが由来の血液百分率が50%以上の鶏が地鶏として認定される。


脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 本山秀樹「地鶏とは? 産地混乱――『地べたで』『地元』通用せず――宮崎、相次ぐ名称削除」『朝日新聞』43665号、朝日新聞東京本社2007年11月6日、33面。
  2. ^ a b c 地鶏肉の日本農林規格 (PDF)”. 農林水産省 (2010年). 2014年7月15日閲覧。