前田玲奈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
まえだ れな
前田 玲奈
プロフィール
性別 女性
出生地 日本の旗 日本福岡県
生年月日 1989年4月28日(26歳)
血液型 B型
身長 163 cm
職業 声優
事務所 AIR AGENCY
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

前田 玲奈(まえだ れな、1989年[1]4月28日 - )は、日本女性声優AIR AGENCY所属。福岡県出身。福岡スクールオブミュージック専門学校卒業[2]

来歴[編集]

2011年、『緋弾のアリア』の女子生徒B[3]役で声優デビュー。

2012年、『HUNTER×HUNTER(第2作)』のマチ役でテレビアニメ初レギュラー。

2014年、『それでも世界は美しい』のニケ・ルメルシエ役で初主演[4]を務める。

人物[編集]

 趣味は、『ドカベン』を読むこと、果物や野菜を剥くこと、泳ぐことであり、特技は、歌、ピアノ、習字である[2]
 同じ福岡県出身である松田聖子のファンであり、「みんなに夢を与えてくれる、憧れの人」であるという。1985年までの曲が特に好きで、松本隆作詞、松任谷由実作曲のコンビが大好きである[3]

エピソード[編集]

  •  服飾関係の両親の影響で、将来はデザイナーになりたいと考えていたが[3]、高校2年生の夏の進路を決め始める時期に、 ふと誘われて行ったカラオケで、ものすごく歌の上手い友人がアニソンやキャラソンを多く歌い、とびきり可愛い曲、かっこいい曲、元気な曲、綺麗な曲と、大変素敵な曲が多いことに驚き、曲ごとにくるくると変わる声や表現にも大変驚いた。帰宅してそれらの曲を調べると、友達が歌っていたのはアニメの曲だったことを知り、それからアニメをよく観るようになり[5]、声優のことも意識するようになった[3]。アニメを観ることを通して、アニメの可能性の無限大さや声優という職業の奥深さを知り、自身も声優になりたいと考えるようになった。声優が「お芝居をすると、歌うと、こんなにカラフルになるんだー!」と感動した気持ちは忘れられないという。しかし、カラオケに行った友達とは1度も同じクラスになったことがなく、友達も何故誘ってくれたのか覚えていないらしいが、きっかけを与えてくれた友達に大変感謝しており、現在も一番の友達であるという[5]
  •  初めてアフレコをした『緋弾のアリア』のことは良く覚えているらしく、自身のセリフは「ふけつ!」という一言だった。一言のみであるが、間違えないように台本にペンでメモをしたり、言い方を何通りも考え、初めて実際のアフレコ現場に入ってみて、学ぶことが多くあったという[3]
  •  初主演となった『それでも世界は美しい』では、歌が大変重要な作品であるため、「歌とお芝居の両方ができるなんて、絶対にニケを演じたい!」 と思いながらオーディションに臨み、ニケ役が決まったときは本当に驚いたという。歌の審査があったためか、オーディションは本人曰く「スナックみたいなお店」で開かれ、飲み屋さん独特のアットホームな雰囲気があったという。オーディションについては「緊張はしましたけど、宴会でカラオケを歌うような感じで歌えたのは良かった」と語っており、ニケは歌うと雨を降らすことができるが、プロデューサーが後になって「あのとき歌った歌で、スナックに雨が降ったよ」と言ってもらえたことが本当に嬉しかったという[3]
  •  『それでも世界は美しい』の1話の収録の日は、朝から記者会見で歌の初披露があり、その後に初アフレコを控えており、本人曰く「今思い出しても、記憶が曖昧なくらい」大変であったという。また、1話は原作にはないオリジナルストーリーであったため、本人曰く「自分の想像力のなさとか、不甲斐なさのため」に何度も録り直してもらった。本人曰く、そのような状態が2、3話まで続いたため、「私、向いてないんじゃないかな」と考えたが、スタッフ達は優しく「どれだけでも付き合うから、思っている通りにやってごらん」と言い、自身の中からニケの想いを引き出すように、接してもらったという。そのため、ツラいこともたくさんあったが、ふとした瞬間に「私一人で戦っているわけじゃないんだ」と思えるようになったという。他の共演者からも、「言葉をもっと大事に話してみたら」と声をかけてもらい、「みなさんがいい作品を作ろうとしていて、それを感じてからは、すごく楽になった」という。また、作品を通して「ニケのために悩むことも多かったが、同じくらいにニケの言葉に助けられたこともたくさんあり、ニケと一緒に成長できた気がした」とも語っている。一番心に残っているニケの感動シーンとして、第2話のニケが初めて雨ふらしの歌を歌うシーンを挙げている。このシーンについて「原作を読んでアニメを観てくださった方にとって、私の歌がどう聴こえるのか、とても不安であったが、自分の出来る限りに精一杯歌わせていただいたので、それが届いたら嬉しいな」と思っていたという[3]
  •  小6の頃、元々好きであった『ちびまる子ちゃん』の作家のさくらももこのエッセイを読んでいたときに、『ドカベン』の里中智のことが書いてあり、これに影響された結果『ドカベン』が好きなった。一方で、少女漫画も好きであり、中学、高校の頃に少女漫画からときめきの成分を吸収して、心を潤していた[3]
  •  初めて恋に落ちたアニメキャラは『ドカベン』の里中智である。『ドカベン』は小学生の頃からの愛読書であり、里中は一目惚れだったという。里中智は「キュートなルックスに相反して、負けん気が非常に強く、どんな状況にあっても投げ抜く、「小さな巨人」という名に恥じぬ名ピッチャーである」と評し、ヒーローインタビュー中の里中に愛の告白をされる妄想を何度もしたことがあるほど好きであった。里中が表紙のコミックスを常に持ち歩いて、友達にいかにかっこいいかを訴えていたがなかなか同意を得られなかった。しかし、大人になってからは、里中は「やっぱりかっこいいけど、短気なところがちょっとねえ・・・」と思うようになった[5]
  •   幼い頃観ていたテレビアニメは『セーラームーン』と『カードキャプターさくら』であり、大道寺知世の「絶対大丈夫ですわ」というセリフが特に好きである。現在でも緊張したりするときに、そのセリフを思い出して気合いを入れている[3]
  •  幼い頃はゲームも好きであり、マリオシリーズにハマり、裏ステージもあわせて完全クリアしていた。また、父と一緒に『戦国無双』の共同プレイで敵をなぎ倒したり、ギャルゲーで様々な女性を落としたりしていた。一方で、RPGは途中で地図がわからなくなるため、苦手であり、FFドラクエは何度も断念した[3]

出演作品[編集]

太字は、メインキャラクター

テレビアニメ[編集]

2011年

2012年

2013年

  • AKB0048 next stage(ジーナ)

2014年

2015年

OVA[編集]

2014年

Webアニメ[編集]

2015年

劇場アニメ[編集]

2013年

ゲーム[編集]

2008年

  • 赤い糸

2009年

2011年

  • たんていぶ 廃部と絵画と爆弾と

2013年

  • 蒼穹のスカイガレオン(ラクシュミ、シャチー、ウシャス、プリティヴィー)

2014年

2015年

ナレーション[編集]

  • ディズニー映画『プレーンズ』特番
  • ディズニー映画『プレーンズ2/ファイアー&レスキュー』公開記念~働く乗りもの大集合!~

ラジオ[編集]

ラジオドラマ[編集]

  • OGA 鬼ごっこロワイアル

CM[編集]

TV[編集]
  • カラオケ本舗まねきねこ (愛知・三重・岐阜エリア キャンペーンCMナレーション)
  • Home's
  • 楽園 (パラオくん)
  • ワンツリ.com(CMナレーション)
Web[編集]
  • 代償のギルタオン (ヤシャナ)
  • ファーレンハイト9999 (奏イリナ)
  • モノノケグラデーション (小百合)

ドラマCD[編集]

音楽CD[編集]

発売日 タイトル 名義 楽曲 タイアップ
2012年
9月26日 HUNTER×HUNTER ハンターハンター キャラクター・ソング集〜幻影旅団編〜 マチ(CV:前田玲奈) 「糸〜cruel spider〜」 テレビアニメ『HUNTER×HUNTER
2014年
5月21日 それでも世界は美しい オリジナル・サウンドトラック ニケ・ルメルシエ(CV:前田玲奈) 「アメフラシの歌〜Beautiful Rain〜」 テレビアニメ『それでも世界は美しい』挿入歌
前田玲奈 「PROMISE」 テレビアニメ『それでも世界は美しい』エンディングテーマ
9月3日 人生相談テレビアニメーション「人生」DVD & Blu-ray Vol.1 エンディングテーマCD[18] じんせーず[遠藤梨乃(CV:新田ひより)、九条ふみ(CV:豊田萌絵)、鈴木いくみ(CV:諏訪彩花)、村上絵美(CV:大西沙織)、二階堂彩香(CV:前田玲奈)] 「人生☆キミ色」 テレビアニメ『人生相談テレビアニメーション「人生」』エンディングテーマ
12月10日 FAKE JAZZ FAKE TYPE. 「Sweet Little Kiss feat. 前田玲奈 (Waltz For Debby Remix)」
「Sweet Little Kiss feat. 前田玲奈 (Wakai Project Ver.) (Waltz For Debby Remix)」
12月24日 人生相談テレビアニメーション「人生」 BD・DVD第4巻特典CD 二階堂彩香(CV:前田玲奈) 「HERE WE GO」 テレビアニメ『人生相談テレビアニメーション「人生」』
2015年
1月21日 人生相談テレビアニメーション「人生」 BD・DVD第5巻特典CD じんせーず[遠藤梨乃(CV:新田ひより)、九条ふみ(CV:豊田萌絵)、鈴木いくみ(CV:諏訪彩花)、村上絵美(CV:大西沙織)、二階堂彩香(CV:前田玲奈)] featuring 赤松勇樹(CV:内匠靖明 「GO!GO! じんせーず」 テレビアニメ『人生相談テレビアニメーション「人生」』
4月8日 BAR 嫌われ野菜 ミュージックコレクション トマト(CV:前田玲奈) 「もぎたて☆カプレーゼ」 テレビアニメ『BAR 嫌われ野菜』メインテーマ
トマト(CV:前田玲奈) 「パスタソースでもいいから」 テレビアニメ『BAR 嫌われ野菜』』エンディングテーマ
4月23日 t7s Re:Longing for summer  セブンスシスターズ[七咲ニコル(CV:水瀬いのり)、羽生田ミト(CV:渕上舞)、御園尾マナ(CV:前田玲奈)、寿クルト(CV:黒瀬ゆうこ)、若王子ルイ(CV:川崎芽衣子)、遊佐メモル(CV:辻あゆみ)] 「Star☆Glitter」 スマートフォン向けアプリケーションゲーム『Tokyo 7th シスターズ』テーマソング
5月20日 H-A-J-I-M-A-L-B-U-M-!!  セブンスシスターズ[七咲ニコル(CV:水瀬いのり)、羽生田ミト(CV:渕上舞)、御園尾マナ(CV:前田玲奈)、寿クルト(CV:黒瀬ゆうこ)、若王子ルイ(CV:川崎芽衣子)、遊佐メモル(CV:辻あゆみ)] 「Sparkle☆Time!!」 スマートフォン向けアプリケーションゲーム『Tokyo 7th シスターズ』

モーションコミック[編集]

実写[編集]

テレビ番組[編集]

Web番組[編集]

  • 月刊ガガガチャンネル vol.37 (ゲスト出演/ニコニコ生放送:2014年7月18日)
  • しおどめ~ぷる シーズン1 第1話 寄生獣特集 (ゲスト出演/Hulu:2014年11月29日)
  • アニメぴあちゃんねる 第54回‐ (MC/ニコニコ生放送:2015年1月15日‐)
  • クロンチャンネル『雷子』 #2 (ゲスト出演/YouTube:2015年2月2日)
  • しおどめ~ぷる シーズン1 第7話 寄生獣特集 (ゲスト出演/Hulu:2015年3月13日)
  • 前田玲奈とがまぴぃの、もうすぐアレでる(アニメぴあちゃんねるの番外編動画) (MC/YouTube:2015年3月30日‐)

モデル[編集]

  • 天神VIVRE'08コレクション
  • Belle Époque田代淳也コレクション

その他[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 前田 玲奈|@nifty タレント図鑑”. 2012年7月7日閲覧。
  2. ^ a b 前田玲奈”. 2015年5月18日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j 「前田玲奈」新人声優のインタビュー&ミニグラビア【新人声優図鑑】 ”. 2015年5月15日閲覧。
  4. ^ 注目アニメ紹介:「それでも世界は美しい」 おてんば姫と少年王の絆描く ”. 2015年5月15日閲覧。
  5. ^ a b c ここだけプロフィール 前田玲奈”. 2015年5月18日閲覧。
  6. ^ キャラクター 天空闘技場編”. HUNTER×HUNTER. 2012年5月15日閲覧。
  7. ^ スタッフ&キャスト”. アニメ『寄生獣 セイの格率』公式サイト. 2014年8月15日閲覧。
  8. ^ キャスト・スタッフ”. 人生相談テレビアニメーション「人生」公式サイト. 2014年6月18日閲覧。
  9. ^ 花とゆめ』2014年6号、白泉社2014年2月20日
  10. ^ 俺物語!! : 井上喜久子&浪川大輔の出演決定 玄田哲章、茅野愛衣も”. MANTANWEB(まんたんウェブ). 2015年2月7日閲覧。
  11. ^ キャスト&スタッフ”. BAR 嫌われ野菜. 2015年3月15日閲覧。
  12. ^ CAST&STAFF”. 「劇場版 HUNTER×HUNTER 緋色の幻影(ファントム・ルージュ)」公式サイト. 2012年11月22日閲覧。
  13. ^ キャラクター”. Tokyo 7th シスターズ. 2013年12月28日閲覧。
  14. ^ キャラクター”. 4gamer.net. 2015年3月2日閲覧。
  15. ^ Staff&Cast”. Ameba. 2015年1月1日閲覧。
  16. ^ 九十九姫!”. Clover:). 2015年4月9日閲覧。
  17. ^ キャラクター”. 雷子. 2015年1月5日閲覧。
  18. ^ BD&DVD”. 人生相談テレビアニメーション「人生」公式サイト. 2014年7月28日閲覧。

外部リンク[編集]