制服向上委員会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
制服向上委員会
基本情報
別名 SKi
出身地 日本の旗 日本
ジャンル J-POP
活動期間 1992年 - 2006年2010年 -
レーベル アイドル・ジャパン・レコード
メンバー
メンバーを参照
旧メンバー
メンバーを参照

制服向上委員会(せいふくこうじょういいんかい、略称:SKi―Seifuku Kojo Iinkaiより)は、1992年秋に結成されたアイドルグループ。メンバーは随時入れ替えられて継続していたが、2006年9月24日をもって“卒業”した。その後、SKiファミリーとして実質的に活動は継続し、グループではないが集合体総称という意味合いを持っていたが、2010年9月20日にグループとして再始動した。

概要[編集]

学生服をコスチュームにし、“名門女子校のお嬢さん生徒”的に行動するのが特徴。2006年9月24日の卒業記念公演に出演したメンバーはレッスン生2名を含む11名。コンサート「制服の日」、制服ファッションショーを始め、反戦集会、メーデーへの参加、社会貢献など多彩な活動を行っていた。

略称がローマ字「SKi」になった理由は漢字で略すと“制向委”(性行為)になるからであると言われている[要出典]。読み方は「すきー」ではなく「えすけいあい」である。最後の一文字が小文字になっているのもスキー(SKI)と混同されるのを防ぐため。

デビュー当初はポニーキャニオンキティレコードと大手レコード会社に所属していたが、1995年に「アイドル・ジャパン・レコード[1]」を設立し、インディーズ形式でCDをリリースしている。

2005年12月に上演されたロックミュージカル『ドン・ジョヴァンニ』の音楽監督は頭脳警察PANTAが担当した。また、PANTA、中川五郎とユニット『PANTA & 中川五郎 with SKi』を結成し、憲法9条をテーマに『理想と現実』をリリースした。

グループ内に数多くのユニットを持ち、寿隊、4人1組、HellowはCDをリリースしているが、自然消滅してしまったものも多かった。また、ソロのユニットとしてCDをリリースしているメンバーもいた。

卒業生の進路はさまざまであるが、テレビの公開オーディションで目撃されたりグラビアアイドルになった例もあった。また、2004年12月には小林久子(三期生)がCHACOとしてAVデビューした。

2006年9月24日の第414回制服の日〜制服向上委員会 卒業記念公演〜「祝!SKiの生誕14年祭」をもって14年間の制服向上委員会としての活動に、一応の終止符を打ち、会長である橋本美香の大卒業式典も開催された。

2007年からは、星川りりか&Ski、片平妃奈子率いる寿隊、橋本美香と松尾真冬によるTHE DUETとして活動を行い、SKiファミリーのファンクラブであるSeKai-1が結成された。

その後、THE DUET(橋本美香の相方は、2008年7月から木田沙織、2010年1月から大瀬あみに交代)、小川杏奈と京本百加によるangeLなどのユニット活動も交えて、SKiファミリーとして活動していたが、2010年9月20日に新人メンバーを加えて制服向上委員会として再始動した。

2010年8月からは、姉妹ユニットして清水花梨、香取優花を中心に初台少女歌劇団が誕生したが、活動を休止している。

2010年11月に新メンバー白石結菜が加入した。

2010年12月に地デジ反対の歌である「TVにさようなら」を発表したのに続き、2011年6月には脱原発の歌を発表した。2012年2月には民主党、野田政権への批判を題材とした「野田・悪魔・TPP」を発表。最近の活動内容は政治活動に傾斜し過ぎている、未成年者であるメンバーを政治的プロパガンダに利用するのは問題との批判もあるが[要出典]、メンバーは自分たちで議論して活動しており、子どものくせにとか、何も知らないくせにとか言われるのはおかしいと反論している[要出典]

2013年12月に、プロデューサーの高橋氏の名前で、SKi会長の橋本美香と結婚し、橋本は出産のために歌手活動を休止する旨の発表があった。

フジロック・フェスティバル出演中止問題[編集]

2011年7月20日フジロック・フェスティバル'11での脱原発の歌の歌唱を伴う出演が同フェスの大手スポンサーの反対により取りやめになった[2]旨が公式ブログで発表された。しかし、出演者としても発表されていないため、疑問の声も上がり[3]、話題作りではないかとの報道もあり[4]、Twitterのトレンドに一時表示されるなど話題になった[5]7月22日、それまでの出演中止を告げるブログの記事[2]が、同日付の所属するアイドルジャパンレコード株式会社の代表・高橋廣行名義によるフジロック関係者と支持者へのメッセージに差し替えられた。この中で、当初の出演予定が出演者一覧に掲載されない「飛入出演」であったことが示唆され、フジロック関係者及びファンへのお詫びと出演のために手を尽くした関係者への謝意が表明された[6]。所属事務所の高橋代表は、ウェブメディアのインタビューに対し、同事務所側から同フェスティバル主催企業である株式会社スマッシュにフェスティバルへの出演を働きかけ、飛び入りという形で出演案件が進んでいたことは事実であると言明[7]。また、同事務所所属の頭脳警察2009年7月26日、同フェスティバルに結成40周年にして初めて出演し、同年5月2日に亡くなった忌野清志郎を追悼し、忌野作詞の反原発ソング「サマータイム・ブルース」を演奏した経験[8]もあることから、以前から同フェスティバルのスタッフと面識及び交流があることも示唆している。スポンサー企業からの圧力についても、主催企業と調整中であるため、詳細を明らかにできない旨、弁明した[7]。また、「日経トレンディネット」の取材に、同代表は、7月31日の夕方のステージへの出演の可能性が確認され、主催企業との間で出演時間の調整に入ったため、7月13日の同事務所によるUstream配信で出演予定を告知したが、7月14日、主催企業から出演が「NG」となったことの連絡があった旨、[9]明らかにした。なお、主催者側が出演オファーをしたという事実はまったくなかったようだとする音楽ライターの見解を報道するウェブメディアもあった[10]

政党との関係[編集]

1997年のストーカー防止法の署名活動等をきっかけに、社民党との関係が深く、社会活動の一環として行った自転車のルールやマナーの向上を求める請願を同党の福島瑞穂党首、吉田忠智参議院幹事長、中島隆利副幹事長に提出したという繋がりもある。[11] 2012年3月11日東京都国立市内で開かれたコンサートにおいて、脱原発TPP反対を主張する内容の楽曲が披露されたが、そのコンサートの模様が社民党の機関紙である社会新報で紹介された[12]。 前記の国立市でのコンサートの実行委員会には、社民党の市会議員のほか日本共産党の市会議員も参加しているほか、[13] 制服向上委員会の活動は日本共産党の機関誌である赤旗でも取り上げられている。[14] 2011年11月24日には、みんなの党員が主催する脱原発タウンミーティングにも参加しており、歌えるところがあればどこへでもの精神で活動している。

所属メンバー[編集]

太字および○=現役メンバー、※=卒業時の在籍メンバー、☆=卒業後に加入したメンバー、◎=再始動時のメンバー

一期生[編集]

  • 吉成圭子(よしなり・けいこ) 初代リーダー{アイドル・ジャパン・レコード取締役プロデューサーを名乗った
  • 高瀬あやの(たかせ・あやの){のち: A-YA→ひふみかおり}
  • 青山れい(あおやま・れい) 2代目リーダー
  • 佐藤枝里子(さとう・えりこ)
  • 中野あき(なかの・あき)
  • 安達恵美(あだち・えみ)
  • 志村和美(しむら・かずみ)
  • 奥山美夏(おくやま・みか){在籍後期、名前表記を“奥山みか”に変更→泉尚子→湶尚子}
  • 藍田真潮(あいだ・ましお)
  • 加納理紗(かのう・りさ)
  • 前田厚子(まえだ・あつこ){のち: 木地谷厚子}
  • 秋山望(あきやま・のぞみ){のち: 奥川希美}
  • 滝本久美(たきもと・くみ)
  • 白石桃子(しらいし・ももこ)
  • 吉田未来(よしだ・みらい){のち: 瀬久美子}
  • 岩崎愛(いわさき・あい)
  • 宮本里枝子(みやもと・りえこ){のち: 秋月リエ→璃笑(りえ)→宮本リエ→宮本理英}
  • 望月菜々(もちづき・なな){のち: 井出百合子→井出奈那子}
  • 松田ゆかり(まつだ・ゆかり)
  • 諸岡なみ子(もろおか・なみこ) 3代目リーダー
  • 中沢ひとみ(なかざわ・ひとみ)

二期生[編集]

  • 田村千秋(たむら・ちあき)
  • 篠原智子(しのはら・ともこ)
  • 浅野みゆき(あさの・みゆき){のち: 飯島みゆき}
  • 鈴木涼子(すずき・りょうこ)
  • 水野亜美(みずの・あみ)
  • 久保愛(くぼ・めぐみ)
  • 松本美雪(まつもと・みゆき) 通称「みーつー」{←「みゆき2号」の意 浅野も“みゆき”だった為}
  • 本田博子(ほんだ・ひろこ) 4代目リーダー
  • 早乙女こずえ(さおとめ・こずえ)

三期生[編集]

  • 菊地彩子(きくち・あやこ)
  • 小林久子(こばやし・ひさこ)
  • 井上裕紀子(いのうえ・ゆきこ)
  • 橋本美香(はしもと・みか)○※ 5代目リーダー→会長(再始動後も会長を務めている。)
  • 斉藤美緒子(さいとう・みおこ)
  • 広川瑛子(ひろかわ・えいこ)
  • 片桐陵子(かたぎり・りょうこ)
  • 宮田直美(みやた・なおみ)
  • 内田絵美(うちだ・えみ)
  • 小野田亜美(おのだ・あみ)
  • 松井陽子(まつい・ようこ){のち: 華彩なな}
  • 佐藤幸香(さとう・ゆか)

四期生[編集]

  • 川野朋美(かわの・ともみ)
  • 伊藤嘉代子(いとう・かよこ)
  • 麻井玲那(あさい・れな)
  • 中井祐子(なかい・ゆうこ)
  • 三浦恵里子(みうら・えりこ)
  • 寄合歩(よりあい・あゆみ)

五期生[編集]

  • 秋山文香(あきやま・あやか){2002年3月23日、九期生として復帰するも2003年6月退会}
  • 久川由美子(ひさかわ・ゆみこ)
  • 小田さおり(おだ・さおり)
  • 波平槙子(なみひら・まきこ)
  • 遠藤舞香(えんどう・まいか) {2006年1月から11月までスタッフを務めた}
  • 西堀真子(にしぼり・まこ)
  • 石澤彩乃(いしざわ・あやの)

六期生[編集]

  • 吉田梢(よしだ・こづえ) 6代目リーダー
  • 古賀美雪(こが・みゆき){2013年1月からスタッフを務めている}
  • 佐藤あき(さとう・あき)

七期生[編集]

  • 星川りりか(ほしかわ・りりか)※{のち: 杉本莉真}
  • 森野加奈(もりの・かな)
  • 高橋里奈(たかはし・りな)
  • 水本あつみ(みずもと・あつみ){在籍中、“小田亜摘”から改名}
  • 小林万里菜(こばやし・まりな)
  • 斎木春香(さいき・はるか){在籍中、“斉木麻衣”から改名}
  • 河野伶奈(かわの・れいな) 7代目リーダー{2005年9月プロマージュに移籍、河野未佳に芸名を変更}
  • 片平妃奈子(かたひら・ひなこ)※

八期生[編集]

  • 松尾真冬(まつお・まふゆ)※ 8代目リーダー
  • 松本久美子(まつもと・くみこ)

九期生[編集]

  • 山越千歌(やまこし・ちか)
  • 手束真知子(てづか・まちこ){のち: 原田桜怜→前田栄子→手束真知子(SDN48)}

十期生[編集]

  • 中野梓(なかの・あずさ)
  • 高田唯(たかだ・ゆい){のち: Sakuya (Girls to Men)}
  • 梶原ひかる(かじはら・ひかる)
  • 中村沙貴(なかむら・さき)

十一期生[編集]

  • 加藤祐奈(かとう・ゆうな)※
  • 佐藤帆奈美(さとう・ほなみ)※

十二期生[編集]

  • 矢野けいこ(やの・けいこ)※

十三期生[編集]

  • 小川杏奈(おがわ・あんな)○※◎ 9代目リーダー
  • 清水花梨(しみず・かりん)○※◎

十四期生[編集]

  • 玉野ともえ(たまの・ともえ)☆
  • 吉崎みなみ(よしざき・みなみ)☆{在籍中、“吉崎彩音”から改名、のち:大空憂}
  • 香取優花(かとり・ゆうか)☆◎

十五期生等[編集]

  • 京本百加(きょうもと・ももか)☆◎
  • 木田沙織(きだ・さおり)☆(十五期生を名乗ってはいないが、同時期にTHE DUETに加入し、SKiファミリーのメンバーとして活動)

十六期生[編集]

  • 久野あずみ(くの・あずみ)☆◎
  • 斎藤美輝(さいとう・みき)☆◎
  • 宮野愛沙(みやの・あいさ)☆◎
  • 相澤美沙希(あいざわ・みさき)☆◎{OGとして出演することが多い}
  • 藤宮れいか(ふじみや・れいか)☆◎
  • 菅野みずき(かんの・みずき)☆◎(元AKBN 0)
  • 白石結菜(しらいし・ゆな)☆
  • 加藤舞(かとう・まい)☆

十七期生[編集]

  • 森朱里(もり・あかり)☆
  • 桜木まあや(さくらぎ・まあや)☆

十八期生[編集]

  • 鈴木蘭(すずき・らん)☆
  • 齋藤優里彩(さいとう・ゆりあ)○☆
  • 齋藤乃愛(さいとう・のあ)○☆(齋藤優里彩の妹)

レッスン生[編集]

  • 野見山杏里(のみやま・あんり)○☆
  • 夏菜(かな)○☆
  • 山下莉奈(やました・りな)○☆
  • 志村歩音(しむら・あのん)○☆
  • MIYUMI(みゆみ)○☆

短期間在籍したメンバー[編集]

  • 清水えりか(しみず・えりか)
  • 高橋春香(たかはし・はるか)
  • 杉本梨奈(すぎもと・りな)
  • 恩田麻美子(おんだ・まみこ)
  • 浅川和希(あさかわ・わき){のち: 和季明日香}
  • 阿部香奈子(あべ・かなこ)
  • 石崎麻里(いしざき・まり)
  • 吉乃清美(よしの・きよみ)
  • ゆうきあすな(ゆうき・あすな){のち: 結城明日菜}
  • 岡本璃奈(おかもと・りな)
  • 結城美紀代(ゆうき・みきよ)
  • 小池紀香(こいけ・のりか)
  • 局あがさ(つぼね・あがさ)
  • 大竹由夏(おおたけ・ゆか)※
  • 石塚みづき(いしづか・みづき)※
  • 中西絵里香(なかにし・えりか)☆
  • 中澤樹里(なかざわ・じゅり)☆
  • 池田伶奈(いけだ・れな)☆
  • 桜えりか(さくら・えりか)☆
  • 秋川莉紗(あきかわ・りさ)☆
  • 瀬川はな(せがわ・はな)☆
  • 早乙女里美(さおとめ・さとみ)☆
  • 斉藤智子(さいとう・ともこ)☆
  • 長尾智恵美(ながお・ちえみ)☆
  • 篠原美穂(しのはら・みほ)☆
  • 愛原美咲(あいはら・みさき)☆
  • 森本美夏(もりもと・はるな)☆
  • 遙詩音(はるか・しおね)☆
  • 宮田沙里(みやた・さり)☆
  • 星野くるみ(ほしの・くるみ)☆
  • 後藤もなか(ごとう・もなか)☆
  • 早高千茶(はやたか・ちさ)☆

楽曲[編集]

シングル[編集]

  1. 制服宣言!(1993年3月3日発売、ポニーキャニオン)
  2. 清く正しく美しく(1993年5月21日発売、ポニーキャニオン)
  3. 笑顔がスキッ!(1993年10月21日発売、キティ)
  4. おはよう!(1994年7月25日発売、キティ)
  5. 同級生(1995年4月17日発売、キティ)
  6. 鼻くそMANが行く(1998年4月1日発売)
  7. 寿司屋のマスター(1998年11月1日発売)
  8. 理想と現実(2005年5月1日発売、PANTA&中川五郎withSKi)
  9. For a Life(2006年6月20日発売、PANTA&中川五郎withSKi)
  10. うちまたブギー(2011年4月1日発売)
  11. ダッ!ダッ!脱・原発の歌(2011年8月15日発売)
  12. クルクル・ハンカチーフ(2011年10月1日発売)

(特記のないものはすべてアイドル・ジャパン・レコードより発売)

アルバム[編集]

  1. 愛と勇気と思いやり〔第一宣言〕(1994年12月19日発売、キティ)
  2. 熱い地球(1995年12月1日発売)
  3. 大人はわかってくれない ユニット集VOL.1(1996年3月1日発売)
  4. ワースト(1996年6月1日発売)
  5. さよならは出逢いの明日へのしるし(1996年7月1日発売)
  6. 聴間テスト(1996年8月1日発売)
  7. 傷だらけの青春(1996年12月1日発売)
  8. いつものように(1997年7月1日発売)
  9. SKiユニット集Vol.2(1997年10月1日発売)
  10. 地球に愛を(1998年1月1日発売)
  11. 海賊娘(1998年5月1日発売)
  12. ○でない少女の×な生活(1998年8月1日発売)
  13. 黒い瞳(1998年10月1日発売)
  14. Unit Volume.3(1999年1月1日発売)
  15. Best(1999年2月5日発売、キング
  16. 今こそ立ち上がれ(1999年5月1日発売)
  17. 音楽は経済のドレイじゃない(1999年11月1日発売)
  18. No! Make(2000年8月1日発売)
  19. 第三の目(2001年2月1日発売)
  20. SKi Unit-4(2001年4月1日発売)
  21. MY GENERATION(2002年1月1日発売)
  22. Ballerina〔生誕10年祭記念〕(2002年10月1日発売)
  23. SKi-2-the Best(2003年1月1日発売)
  24. 世界・自由・アメリカ(2003年8月1日発売)
  25. かわってない わかってない(2004年2月1日発売)
  26. まぁまぁ(2005年2月1日発売)
  27. 日本を元気にした歌〔戦後60年記念〕(2005年5月1日発売)
  28. デュエット(2005年11月1日発売)
  29. その日が来るまで(2006年7月25日発売)
  30. 生きるために(2006年12月1日発売)
  31. お正月(2007年2月1日発売)
  32. GAME(2007年12月1日発売)
  33. STOP!STOP!STOP!(2011年1月1日発売)
  34. 世界で1番幸せ(2011年12月1日発売)
  35. THE PROTESTER(2012年5月1日発売)
  36. ボランティア・スピリット(2012年12月5日発売:DVD付き3枚組、テイチクエンタテインメント
  37. 地球儀みつめ(2013年7月1日発売)
  38. 3あくついほう!(2013年10月1日発売)

(特記のないものはすべてアイドル・ジャパン・レコードより発売)

ビデオ・DVD[編集]

  1. おしゃれ制服図鑑[15]〔夏服版〕(1993年5月21日発売、ポニーキャニオン)
  2. おしゃれ制服図鑑〔冬服版〕(1993年5月21日発売、ポニーキャニオン)
  3. 制服向上委員会活動日誌(1993年11月26日発売、キティ)
  4. ライブアイドルNo.1(1994年12月19日発売、キティ)
  5. 決定!オリジナル制服'95 ベスト20〜夏服版〜(1995年2月22日発売、ビクター
  6. 決定!オリジナル制服'95 ベスト20〜冬服版〜(1995年2月22日発売、ビクター)
  7. STUDIO LIVE '95(1995年10月1日発売)
  8. アイドル・ジャパン・フェスティバル Vol.1(1995年11月1日発売)
  9. アイドル・ジャパン・フェスティバル Vol.2(1995年11月1日発売)
  10. X'MAS SONGS(1995年12月1日発売)
  11. 恋人たちの歌(1997年4月1日発売)
  12. 生誕10年祭LIVE! Part1(2003年4月1日発売)
  13. 生誕10年祭LIVE! Part2(2003年4月1日発売)
  14. アイドルを夢見た少女たち(2004年8月1日発売、DVD)

(特記のないものはすべてアイドル・ジャパン・レコードより発売)

このほか、コンサート会場、ファンクラブのみで発売されるビデオ(前の所属事務所の名称から、コミティビデオと呼ばれる。)があり、すでに1000タイトルを越えている。所属事務所ではギネスブックに登録申請をしたことがある。

出演[編集]

ラジオ[編集]

  • DJ Tomoaki's Radio Show!(下北FM、2010年6月10日)京本百加・小川杏奈の2名で出演

スマートフォン[編集]

  • 制服向上委員会の走れ8マンデー(2012年7月、WALLOP

テレビ[編集]

  • NONFIX 原発アイドル (2012年10月18日、フジテレビ) - 3・11以降、『脱原発』を歌うことになったSKiの1年間のドキュメンタリー

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 徳間ジャパンのメインレーベルである「ジャパンレコード(Japan Record)」とは関係無い
  2. ^ a b ウェブ魚拓 2011年7月20日 18:40に記録された「制服向上委員会プロデュース オーディションブログ」の「フジロックフェスティバル'11出演がなくなりました。」の記事のキャッシュ
  3. ^ 脱原発ソングでフジロック出演取りやめ? 「制服向上委員会」の発表に疑問の声
  4. ^ ファンは怒り爆発!フジロックの精神と矛盾!? 結局は話題作りか?制服向上委員会が謝罪文
  5. ^ RBB TODAY 制服向上委員会がフジロック出演取りやめ、脱原発ソングが原因とブログで明かす
  6. ^ フジロック関係者並びに支持される多くの方へ:制服向上委員会プロデュース オーディションブログ - スタ☆ブロ -
  7. ^ a b 脱原発ソングでフジロック降板の「制服向上委員会」代表を直撃取材!!! | 【EXドロイド(エックスドロイド)】2011年07月22日付 株式会社デジタルアドベンチャー
  8. ^ 【ワイド】頭脳警察、フジロックで清志郎に追悼曲 ニュースワイド・グラビア 2009年07月28日 「女性自身」光文社
  9. ^ 「フジロック出演が白紙!?」で話題となったアイドルグループは? - トレンド - 2011年7月26日 日経トレンディネット(文/小川たまか=プレスラボ)
  10. ^ フジロック「出演拒否」騒動の制服向上委員会 実は公式オファーなかった...... - 日刊サイゾー 2011年7月30日
  11. ^ 制服向上委員会ホームページ・社会活動
  12. ^ 社会新報 2012年4月4日付記事
  13. ^ 制服向上委員会3・11コンサートのページ
  14. ^ 赤旗日曜版 2012年2月12日付記事
  15. ^ レーザーディスク版は夏服版・冬服版が1枚のディスクに収められている。

外部リンク[編集]