リトル・ホンダ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リトル・ホンダ
ザ・ビーチ・ボーイズシングル
収録アルバム オール・サマー・ロング
リリース 1964年7月13日
録音 Western Studios
1964年4月2日
1964年4月10日
ジャンル サーフ・ロック、ポップ・ロック[1]
時間 1分52秒
レーベル キャピトル
作詞・作曲 ブライアン・ウィルソン
マイク・ラヴ
プロデュース ブライアン・ウィルソン
オール・サマー・ロング 収録曲
ハッシャバイ
(3)
リトル・ホンダ
(4)
ウィル・ラン・アウェイ
(5)
テンプレートを表示
CA100
スーパーカブC100輸出仕様
トヨタ博物館所蔵車

リトル・ホンダ (Little Honda)」は、ブライアン・ウィルソンマイク・ラヴが共作した、アメリカ合衆国ロック・バンド、ザ・ビーチ・ボーイズの楽曲。この曲は、1964年のアルバム『オール・サマー・ロング』に収録され、EP『Four by The Beach Boys』にも入れられた。この曲はホンデルズ (The Hondells) によってカバーされ、Billboard Hot 100 で最高9位まで上昇し、後にはジャン&ディーンヨ・ラ・テンゴもこの曲をカバーした。この曲はホンダの小型オートバイと、その操作性を賞賛する内容で、特にホンダ・スーパーカブのことが取り上げられている。

ビーチ・ボーイズ盤の「リトル・ホンダ」は、Billboard Hot 100 で最高65位にとどまったが、他の国々では人気が出て、1965年はじめには、スウェーデンでチャートの首位、ノルウェーで8位まで上昇したと当時の『ビルボード』誌に報じられ、カナダでは『RPM』のチャートで15位、ドイツでは44位となった。

北米の地域的なチャートでは、ビーチ・ボーイズ盤が、特にロサンゼルスワシントンD.C.ミネアポリス(以上の都市では最高2位)、バンクーバー(3位)、リッチモンド(4位)、モントリオール(6位)、サンノゼ (8位)で人気を集め、さらにマイアミシンシナティウィニペグや、ニューイングランド地方のスプリングフィールド、マンチェスターなどでも、トップ10に近いところまで浮上した。

カバー[編集]

出典・脚注[編集]

外部リンク[編集]