ヘッケルとジャッケル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヘッケルとジャッケル (Heckel and Jeckle) は、アメリカ合衆国アニメ作品である。1946年製作。

概要[編集]

1940年代ポール・テリーによって生み出された典型的なカートゥーンであり、主人公は2羽の鳥のキャラクターである。日本ではカラスとして通ったが、実際はカササギジャッケル (magpie) である。東芝のCMのキャラクターとして一時使用された。

日本では1957年10月4日から1958年6月27日まで、KRT(ラジオ東京テレビ=現:TBSテレビ)系列の毎週金曜日19時30分 - 20時00分 (JST) に放送。提供スポンサーは東芝一社[1]。その後1963年4月20日から同年9月28日まで、フジテレビ系列の毎週土曜日19時00分 - 19時30分 (JST) に放送された。提供スポンサーはジャノメミシン(蛇の目ミシン工業)一社[2]

また1965年6月1日から7月13日まで、『マイティ・マウス』と当作をワンセットにした『ヘッケルとマイティ』が、『日清ちびっこのどじまん』開始までのつなぎ番組として、毎週火曜日19時30分 - 20時00分に日清食品一社提供で放送、更に1966年4月5日から6月27日まで、毎週日曜日18時00分 - 18時30分に『いこうぜヘッケルまけるなマイティ』というタイトルで再び放送された。

内容[編集]

いたずら好きのカササギが毎回、騒動を巻き起こす。

登場人物[編集]

ジャッケル
日本語版:三波伸介
ヘッケル
日本語版:長門勇
ナレーター(登場はせず)
日本語版:牟田悌三

サブタイトル[編集]

出典・脚注[編集]

  1. ^ 以上「TBS50年」および「毎日新聞」より
  2. ^ 1963年4月の「産経新聞」広告より

参考文献[編集]

  • 「毎日新聞・縮刷版」
KRT 金曜19時台後半枠
前番組 番組名 次番組
ヘッケルとジャッケル
(KRT版)
(1957.10.4 - 1958.6.27)
フジテレビ 土曜19時台前半枠
【当番組よりアニメ
ヘッケルとジャッケル
(フジテレビ版)
(1963.4.20 - 9.28)
フジテレビ系 火曜19時台後半 日清食品一社提供
【当番組のみアニメ
前番組 番組名 次番組
ヘッケルとマイティ
(1965.6.1 - 7.13)
フジテレビ系 日曜18時台前半枠
【当番組のみアニメ
いこうぜヘッケル
まけるなマイティ
(1966.4.5 - 6.27)