パウロ教会憲法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パウロ教会憲法採択150年の記念切手(1998年)

パウロ教会憲法(パウロきょうかいけんぽう、Paulskirchenverfassung)とは、1848年フランクフルト国民議会において採択された統一ドイツ憲法フランクフルト憲法とも呼ばれる。

フランクフルト国民議会が開かれていた場所であるパウロ教会の名をとってこう呼ばれている。

正式には「ドイツ国憲法Verfassung des Deutschen Reiches)」といい、後のヴァイマル憲法にも影響を与えた。

経緯[編集]

フランクフルト国民議会によって、採択された民定憲法。当時のプロイセン国王であったフリードリヒ・ヴィルヘルム4世を皇帝に推戴する立憲君主制国家を目指す内容であったが、「民定」の形式を嫌った同国王自身の拒否にあい、発効までには至らなかった。

構成[編集]

関連[編集]