プラハ条約 (1866年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

プラハ条約(プラハじょうやく、Prager Frieden)は、1866年8月23日に結ばれた普墺戦争の講和条約。この条約において、ドイツ連邦の解体が正式に定められ、プロイセン王国を中心としたドイツ統一が推進されることになった。

内容[編集]

条約において確認された内容は、主に以下の通りである

ただし、この内容自体はオーストリアに対して領土や多額の賠償金を要求しなかったため、オーストリアにとってはさほど苛酷な内容とはいえなかった。その点で、まもなく勃発する普仏戦争において、ドイツがフランスに極めて厳しい講和条件を示したのとは対照的であった。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 成瀬治ら編 『世界歴史大系 ドイツ史2』 山川出版社、1996年
  • 南塚信吾編 『新版世界各国史19 ドナウ・ヨーロッパ史』 山川出版社、1999年