ジープ・グランドチェロキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジープ・グランドチェロキー (Jeep Grand Cherokee) は、ジープブランドで販売されるクライスラーSUVである。

なお、ヨーロッパ向けの車両はオーストリアマグナ・シュタイアーによって製造される。

歴史[編集]

初代 ZJ(本国モデル)・ZG(輸出モデル)(1993年-1998年)[編集]

ジープ・グランドチェロキー(初代)
ZJ・ZG
前期型(1993年-1995年)
1st Jeep Grand Cherokee .jpg
後期型(1996年-1998年)
1st Jeep Grand Cherokee.jpg
販売期間 1993年 - 1998年
乗車定員 5人
ボディタイプ 5ドアSUV
エンジン 直6 4L AMC
直6 4L AMC パワーテック
V8 5.2L マグナム
V8 5.9L マグナム
直4 2.5L 425 OHV
変速機 4AT/5MT
駆動方式 FR/4WD
全長 4,488mm(前期型)
4,500mm(後期型)
全幅 1,758 - 1,795mm
全高 1,648mm
ホイールベース 2,690mm
-自動車のスペック表-

1992年北米国際オートショーで発表され、翌1993年に販売開始。当初は1980年代の後半に発売される予定であったが、クライスラーのCEOリー・アイアコッカにより試作車の再開発が命じられたため、1993年にフォード・エクスプローラーの対抗車種として発売された。

エンジンは、AMCの直列6気筒 4Lエンジンが搭載され、さらに1996年からはAMCのパワーテックエンジンに変更された。さらに、V型8気筒エンジンは、5.2Lマグナムエンジンが搭載され、1998年には4.9Lマグナムエンジン搭載モデルも用意された。また、欧州仕様車には、VMモトリ製直列4気筒 2.5Lの425 OHVディーゼルエンジンも搭載された。

また、駆動方式は四輪駆動後輪駆動が用意され、4WDシステムは、セレック・トラック4WDと、クォドラ・トラックフルタイム4WDが採用され、1996年まではコマンド・トラックパートタイム4WDも採用された。

1993年モデルには、V8 5.2Lエンジンを搭載したグランドチェロキーの上級モデルを、ジープ・グランドワゴニアとして台数限定で販売した。

1996年、マイナーチェンジ。外観については、フロントグリル、バンパーなどが変更され、フォグランプが装備された。また、デュアルエアバッグが新たに装備され、フェンダー部の車名書体が、AMCのものから、クライスラーのものに変更された。また、AMCの直6 4Lエンジンも改良された。


2代目 WJ(本国モデル)・WG(輸出モデル)(1999年-2004年)[編集]

ジープ・グランドチェロキー(2代目)
WJ・WG
前期型(1999年-2003年)
Jeep Cherokee WJ.jpg
Jeep Grand Cherokee rear.jpg
販売期間 1999年 - 2004年
乗車定員 5人
ボディタイプ 5ドアSUV
エンジン 直6 4L パワーテック
V8 4.7L パワーテック
V8 4.7 L H.O. パワーテック
直5 2.7L OM647
直5 3.1L 531 OHV
変速機 4AT/5AT
駆動方式 FR/4WD
全長 4,605 - 4,613mm
全幅 1,836 - 1,844mm
全高 1,763 - 1,786mm
ホイールベース 2,690mm
-自動車のスペック表-

1999年、発売。ダイムラー・クライスラーが発足してからのモデルだが、初代モデルから127種類の部品が流用された。

ポルシェのエンジニアリングによって、軽量化と堅牢化が施された。またスペアタイヤの位置が、荷室のサイドから床下に変更された。

直6エンジンは、初代に続きAMCの4Lのパワーテックエンジンだが、インテークマニホールドが改良され若干パワーアップされた物が搭載された。V8エンジンは2種類とも設計の新しいパワーテックエンジンに変更された。トランスミッションは、自社製の42REおよび45RFE 4速オートマチックトランスミッションと、545RFE 5速オートマチックトランスミッションが組み合わせられ、マニュアルトランスミッションは廃止された。四輪駆動システムでは、新たにクォドラ・ドライブIIがオプションで設定された。

内装も全面的に刷新され、リアドアが大型化されるんど後部座席の乗員スペースが拡大された。

同年、VMモトリとデトロイトディーゼルによって共同開発された直列5気筒 3.1Lディーゼルターボエンジンが、欧州およびオーストラリア市場向け車両に搭載された。

2002年メルセデス・ベンツの直列5気筒 2.7L OM647型ディーゼルエンジンを、欧州向け車両に搭載。

2004年モデルではフェイスリフトが行われ、フロントグリルの形状などが変更されたが、同年にフルモデルチェンジが行われた。また、2004年には、このモデルの生産終了にあたり、生産設備が中国の北京ジープ(北京吉普汽車)に売却され、2006年から中国で販売が開始された。なお、中国仕様車には、直6 4Lおよび、V8 4.7Lエンジンが搭載される。

3代目 WH(本国モデル)WK(輸出モデル)(2005年-2010年)[編集]

ジープ・グランドチェロキー(3代目)
WH
前期型(2005年-2007年)
Jeep-Grand-Cherokee-WK.jpg
後期型(2008年-)
2008 Jeep Grand Cherokee.jpg
販売期間 2004年-2010年
乗車定員 5人
ボディタイプ 5ドアSUV
エンジン V6 3.7L パワーテック
V8 4.7L パワーテック
V8 5.7L HEMI
V8 6.1L HEMI SRT-8
V6 3L OM642
変速機 5AT
駆動方式 FR/4WD
全長 4742 - 4953mm
全幅 1,862mm
全高 1,694 - 1,745mm
ホイールベース 2,781mm
-自動車のスペック表-

2004年に2005年モデルとして発売。四輪駆動システムは、クォドラ・ドライブIIを採用し、リアシート用DVDプレーヤーも設定された。

NVHが向上され、さらに、ジープでは初めてオンロード性能が謳われたモデルでもある。これは、ジープの購入層の増加を狙ったものであるが、オフロード性能は一部悪化した。

エンジンは、V型6気筒 3.7Lパワーテックエンジンと、V型8気筒 4.7Lパワーテックエンジンが搭載され、V型8気筒 5.7L ヘミエンジンがオプションで設定された。また、2006年モデルからは、V型8気筒 6.1Lヘミエンジンも搭載された。さらに、欧州、南アメリカ、オーストラリアでは、メルセデス・ベンツの、V型6気筒 3L OM642型コモンレールターボディーゼルエンジンが搭載され、北米でも2007年から搭載された。

2007年には、フランスアルデシュ県で開かれたユーロ・キャンプ・ジープにおいて、ヨーロッパデビューを果たした。

また、日本では2005年7月9日に発売された。

2008年モデルでは、フェイスリフトが行われ、ヘッドライトの下部が円状になった。

また、2009年モデルでは、5.7Lヘミエンジンが改良された。


4代目 WK2(2010年-)[編集]

ジープ・グランドチェロキー(4代目)
WK2
フロント
2011 Jeep Grand Cherokee Laredo -- 08-13-2010.jpg
販売期間 2010年-
乗車定員 5人
ボディタイプ 5ドアSUV
エンジン V6 3.6L
V8 5.7L HEMI
V8 6.1L HEMI SRT-8
変速機 5AT
駆動方式 FR/4WD
全長 4.821mm
全幅 1,938mm
全高 1,760mm
ホイールベース 2,916mm
-自動車のスペック表-

2009年4月のニューヨーク国際オートショーにて、4代目が発表され、翌2010年に2011モデルとして発売が開始された。

ダイムラー・クライスラー時代に開発がスタートした関係で、プラットフォームなどのハードウェアの約30%をメルセデス・ベンツ Mクラス(3代目、W166型)と共用。同時に、ダイムラーから技術関与を受ける最後の車両でもある。従来同様、仕向け地により左右ハンドルの両仕様が用意され、グローバルに展開される。 新設計の4WDシステム「クォドラトラックII」や「セレクテレインシステム」の採用などに加え、ジープ初のエアサスペンションとリヤにマルチリンクを備えた4輪独立懸架式サスペンションを採用したことで、オンロードでの性能も大幅に向上。

エンジンはV8/5.7L・HEMIや6.4L・HEMIの設定もあるが、販売の主力となるモデルは可変バルブ機構を備えた3.6LのV6・DOHCに換装された。最高出力286PS、最大トルク35.4kg-mを発生するこのユニットは、従来の4.7L・V8をパワーで55PS上回る一方、約10%の燃費向上を果たしている。トランスミッションは5ATを継承。

インテリアは各パーツの精度を向上させるとともに、カーゴルームの拡大やフロントやリアドアの開口角度を拡大。いずれも既存ユーザーの意見を形にした。リアシートリクライニング機能の採用については日本のユーザーの意見を反映させたものである[1]

なお、このモデルは廃止となったコマンダーの客層を補完する役割も担っている。

2011年2月23日 日本仕様が発表された(発売開始は3月12日)。

2014年モデル(日本では2013年11月23日発売開始)より、インテリア、エクステリア、エンジン等、大幅なマイナーチェンジが行われる。


脚注[編集]

外部リンク[編集]