オトラント海峡海戦 (1917年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オトラント海峡海戦
Novaral.jpg
戦争第一次世界大戦
年月日:1917年5月15日
場所アドリア海南部
結果:オーストリア軍の勝利
交戦勢力
オーストリア=ハンガリー帝国 イギリス、フランス、イタリア
指揮官
ホルティ・ミクローシュ大佐
戦力
軽巡洋艦3、駆逐艦2、水雷艇数隻、潜水艦1 巡洋艦2、駆逐艦4、砲艦1、小艦艇複数
損害
軽巡洋艦1損傷。戦死14、負傷24。 砲艦1、駆逐艦2沈没。巡洋艦1大破。
第一次世界大戦の海戦

オトラント海峡海戦は、1917年5月15日オーストリア=ハンガリー帝国海軍と、イギリスフランスイタリア海軍艦艇などとの間で戦われた海戦である。第一次世界大戦中にアドリア海で生起した海戦で最大のものである。

背景[編集]

第一次世界大戦が勃発すると、イタリアはドイツとオーストリアとの間で結ばれた同盟条約を1915年に破棄して両国に宣戦布告する。その直後にアドリア海の入り口であるオトラント海峡に徴用した漁船などを網やロープで繋いだ簡易の堰を設置して海峡の封鎖を行った。この簡易堰は最大幅40マイルにもなり、設置された場所からオトラント堰と呼ばれた。堰の構造はそれほど頑丈ではなかったが、要所に機雷が仕掛けてあった為に船舶で強引に突破する事はかなり危険であった。また、堰の維持の為に爆雷を積んだ掃海艇やモーターボートが常時100隻以上巡回していた。この為、オーストリア海軍は根拠地のコトル湾ポーラに事実上、缶詰めにされていた。
無論、オーストリア海軍はこの状況を座視していたわけではなく、大戦中、20回以上もオトラント堰への攻撃を実行している。中でも、1917年5月から7月に掛けて行われた戦いが最も大きかった。

オトラント堰への攻撃[編集]

1917年5月14日、オーストリア=ハンガリー帝国海軍によるオトラント堰攻撃作戦が開始され、二つの部隊がコトル湾から出撃して南へ向かった。一つ目は軽巡洋艦「ノバラ」、「ヘルゴランド」、「サイダ」で指揮はノバラのホルティ・ミクローシュ大佐がとった。二つ目は駆逐艦チェペル (Csepel) とバラトン (Balaton) であった。

5月15日未明、まずチェペルとバラトンがイタリアの船団を発見した。イタリアの船団は3隻の貨物船と護衛の駆逐艦ボレア (Borea) からなり、ターラントからヴロラへ向かう途中であった。チェペルとバラトンは船団を攻撃しボレアと貨物船1隻を沈めた。ボレアの死者行方不明者は11名であり、貨物船では22名であった。

一方、3隻の軽巡洋艦も分散し個別にオトラント堰のドリフターを攻撃し、14隻を沈め他数隻を大破させた。ドリフター乗組員は72人が捕虜となり死者行方不明者はおそらく9人であった。

連合国軍による追撃[編集]

各所からの報告によりオーストリア=ハンガリー帝国海軍による攻撃が行われていることを知ると、イタリアのアルフレッド・アクトン提督 (Alfredo Acton) はブリンディジ在泊の艦艇に出撃準備を命じた。加えて、アドリア海で哨戒任務に就いていた、イタリアの偵察艦カルロ・ミラベロ (Carlo Mirabello)とフランスの駆逐艦コマンダン・リヴィエール( Commandant Rivière)、ビッスン(Bisson)、シメテレ(Cimeterre) からなる部隊(以下ミラベログループ)に南へ向かうよう命じた。ブリンディジからはまずイギリスの軽巡洋艦ブリストルがイタリアの駆逐艦ロソリーノ・ピロ(Rosolino Pilo)とアントニオ・モスト(Antonio Mosto)を伴って出撃した。続いてイギリスの軽巡洋艦ダートマスとイタリアの駆逐艦シモーネ・シアフィーノ(Simone Schiaffino)とジョヴァンニ・アチェルビ(Giovanni Acerbi) が出撃し、その後に偵察艦アキラ (Aquila) が出撃した。これらの艦艇は合流し(以下ダートマスグループ)、オーストリア=ハンガリー帝国艦隊のほうへと向かった。ダートマスグループはアクトンが直接指揮していた。

最初はミラベログループがオーストリア=ハンガリー帝国の巡洋艦と遭遇した。短時間の交戦後、ミラベログループはオーストリア=ハンガリー帝国の巡洋艦から離れた。次はオーストリア=ハンガリー帝国の駆逐艦チェペルとバラトンがダートマスグループの先頭を行くアキラと遭遇し、交戦した。この交戦でアキラは被弾し、航行不能となった。この後チェペルとバラトンはイタリア駆逐艦の追跡を振り切りドウラッツオ (Durazzo) へ逃げ込んだ。損傷したアキラはSimone Schiaffinoに曳航され、ロソリーノ・ピロ(Rosolino Pilo)とシメテレ(Cimeterre)に護衛されて帰投した。

一方、ホルティは東へ向かう煙を発見し、続いてダートマスグループを発見した。ホルティは最初の煙をチェペルとバラトンだと判断しており、それらから敵を引き離そうとしてダートマスおよびブリストルと戦闘に入った。またホルティは援軍を求め、それを受けて装甲巡洋艦ザンクト・ゲオルクが駆逐艦タトラ(Tátra)とWarasdinerおよび水雷艇4隻を伴って出撃した。戦闘は両軍が単縦陣をなし、北へ向かいながら行われるかたちとなった。ホルティの巡洋艦はノバラが先頭でその後にヘルゴラント、サイダの順で続いた。連合国軍側はダートマスが先頭でその後にブリストル、Giovanni Acerbi、アントニオ・モスト(Antonio Mosto)が続いた。しかし、艦底の状態が良くなくて抵抗が大きかったブリストルの速度は遅れていった。一方、オーストリア=ハンガリー側でも速度の遅いサイダが遅れた。また、ノバラが被弾による被害で速度が低下した。ダートマスはブリストルが追いつくのを待った後、サイダに攻撃を集中した。さらにこの頃ノバラはついに停止してしまい、オーストリア=ハンガリー帝国軍は危機に陥ったが、この時なぜかイギリスの軽巡洋艦は砲撃をやめ反転した。

両軍の帰投[編集]

ダートマスは帰路の途中でU25の攻撃を受けて大破し、随伴していた駆逐艦2隻は機雷に接触して沈没してしまう。

結果[編集]

この海戦はオーストリア海軍にとってほぼ唯一の勝利であり、ホルティは一躍国民的英雄に祀り上げられる。そして、少将の階級でありながら1918年3月にオーストリア海軍総司令官の地位に抜擢された。
オトラント堰の受けたダメージは大きく、この年の秋に一旦放棄される。しかし、地中海でのオーストリア軍潜水艦部隊による通商破壊の被害が大きくなったことから、連合国は1918年2月、オトラント堰の再建を決定した。
一方、堰が失われたにも係わらずオーストリア海軍の主力艦隊は港に篭り切りになり、積極的な行動に出る事は全く無かった。それどころか、イタリア軍のMASボートの奇襲を度々受けて大きな損害が発生する有様だった。
結局、オトラント堰が失われたチャンスを生かす事なく1918年の終戦を迎え、オーストリアは海への玄関を喪失する事になる。

参考文献[編集]

  • Paul G. Halpern, The Battle of the Otranto Straits :Controlling the Gateway to the Adriatic in WWI, Indiana University Press, 2004, ISBN 0-253-34379-8