ANZAC

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ANZACとは、オーストラリアおよびニュージーランド合同の軍事組織を意味する語。語源は第一次世界大戦時に編成されたオーストラリア・ニュージーランド軍団 (Australian and New Zealand Army Corps) のアクロニムに由来する。

第一次世界大戦[編集]

オーストラリア・ニュージーランド軍団は第一次世界大戦勃発後の1914年に編成された。ANZACは当初、この軍団のみを指す略語であったが、後に第1ANZAC軍団第2ANZAC軍団が編成されるなど、オーストラリアおよびニュージーランド軍に由来する略称として用いられるようになった。ANZAC騎乗兵師団も編成されている。

第一次世界大戦以降[編集]

第二次世界大戦においてもANZACは編成された。1941年にギリシャへ派遣されたオーストラリア第1軍団は、ニュージーランド第2師団を編成に含んでいたために、ANZAC軍団(Anzac Corps)に改名されている。

ベトナム戦争時においても王立ニュージーランド歩兵連隊所属の2個中隊が王立オーストラリア連隊の大隊に組み込まれて戦闘に参加したために、ANZACの接尾語をつけて呼ばれた。

2006年の東チモールの騒乱に際しては、ANZAC戦闘群が編成され、両国合同で部隊を派遣している。

海軍艦艇[編集]

1917年にはオーストラリア・ニュージーランド軍団の栄誉をたたえ、イギリス海軍でHMSアンザック(HMS ANZAC)が就役した。これは1919年にオーストラリア海軍に譲渡後、間もなく退役した。1948年にはオーストラリア海軍でHMASアンザックが就役している。1996年からはオーストラリア・ニュージーランド両海軍が合同で建造するアンザック級フリゲートが就役を始めている。

ANZACの意義[編集]

オーストラリアとニュージーランドは共にイギリスの旧植民地であり、地理的にも南半球の近い位置にあり、同盟関係にある。事実上の独立後、間もない時期に第一次世界大戦に参戦し、合同部隊が激戦を戦ったことは、両国の自立と絆を深めることとなった。このため、両国の戦争追悼日はANZACの日(ANZAC Day)と呼ばれ、オーストラリア・ニュージーランド軍団が最初に投入されたガリポリの戦いにちなむ4月25日となっている。また、ANZAC精神(ANZAC spirit)という両国兵士が示した気風を意味する語も作られている。

"ANZAC"の他の用途[編集]

ANZACの用語は、オーストラリアとニュージーランド間のラグビーリーグのテスト試合を表す場合にも使用される。これは、ANZAC Testを参照のこと。ANZACのチームは、オーストラリアとニュージーランドの双方からのプレイヤーでの代表としてのラグビーリーグで戦う。

関連項目[編集]